車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

重要!!車をいつ売る予定なのかははっきりさせよう

      2017/04/02

さて、今までの記事をご覧になった方は自分の車が売れる状況にあるのかどうか判断が出来る状況かと思います。

 

売れる状況!となればやはり気になるのは自分の車の価値

 

乗り換えであったり手放しだけであったり・・・理由は様々ですがそろそろ買取店にでも行ってみるかと思ったそこのあなた。

 

 

ちょっと待ってください。

 

 

 

その車いつ売るつもりですか?

 

 

金額が合えばいつでもいいよという方、さすがにいつでもじゃないけど1~2週間くらいあれば手放せるよという方。

 

 

どうぞいってらっしゃいませ!!

 

 

またはみんな大好き一括査定なんかしてみちゃってもいいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

ただ、まだいつ売るか全然決めてない方。

 

 

 

 

残念ながら行っても無駄な時間を費やすだけです。

まったく意味がないので止めましょう。

 

 

こう言っても

「値段が分からないと乗り換えられるか、または手放せるか分からないだろ」

と思われるかもしれません。

 

言いたいことは分かります。

 

 

しかし世の中そんなに甘くはないのです。

 

 

というのも世の中、どんな企業もメリットがあるから動きます。

逆にデメリットしか無ければ普通は動きません。

 

ではとりあえず買取店に行ってみようと考えるお客様を買取店はメリットとして見ているでしょうか?

 

結論から言えば NO です。

 

所詮「無料査定」と謳っていてもそれは売買の話に繋がるから。

厳しい言葉になりますが、なんとなく来てみましたではまともに相手をしてくれません。

 

 

ここから下の記事は非常に重要なことも書いていますが、人によっては不快に思われる方もいる内容です。

読む方はそれなりの覚悟をした上で読んで下さい。

 

あくまで買取店の本音を書いています。

 

 

 

 

 

よくセールストークで高く売りたいなら早く!と言われます。

詳しい解説はまた後日しますが、この言葉はセールストークではあるものの、あながち間違いではありません。

 

特に価値が高い車ほど日数経過による下落が顕著に表れます。

 

あとは時期的な問題ですね。

そうなると数か月後の相場変動は分からなくなります。

 

正確に言えば利益が出せる範囲での適正価格が分からないといったところですね。

予想は予想で立てられますから。

 

 

こうなると個人的なアドバイスは出来ても商売には繋がらなくなります。

そして買取店として意味の無い個人的な、そして本当のアドバイスはメリットが無いためしません。

 

だからこう言われるのです。

 

 

「時期がはっきりしないとなんとも言えませんと」

 

 

そして大抵のお客様はこう返されます。

 

 

「今の金額でいいから」

 

 

とりあえず参考にしたい、そこまで大幅な価格変動は起きないだろうと思っての返答だと思いますが・・・

 

 

これはある意味対買取店に対して禁句です。

 

 

車の売買を行っている中の一つのサービスとしてある「無料査定」だけを求めている人と思われ、この言葉を言った時点でお客様として見て貰えなくなります。

 

中には買取店の利益に全く繋がらない個人売買をするための参考数値を知りたかったり、離婚裁判のための資料が欲しいといった人達もいるわけですからね。

 

異論、反論もあるでしょうが私が勤めていた会社ではこう言われていました。

 

「無料の飴だけを持ち帰ってる人と同じ」と。

 

 

相手も看板を背負ったプロですから顔では笑っているでしょうが、心ではいろんな感情で震えているわけです。

 

ですので、無理に今の金額を聞いてもまともな返答は返ってきません。

 

もちろん聞けば多少答えてくれるでしょう。

無料査定は一応謳っていますから。

 

ただその返答は適当になるわけです。

 

 

 

 

一つ例を出しましょう。

珍しいケースでは無く、本当に日常的に起きているケースです。

 

例えば相場が150万前後の車だったとします。

返答は適当なわけですから数か月後でも100万120万は切らないんじゃないですかねと言われることも多々あります。

 

そしてこの返答ならまだ良心的です。

安いですがこの段階で実害はありませんから。

 

 

しかしこれが酷いと、後々売る時にまた戻って来て貰うために

今なら170万、180万くらいですね

という会社まで出てきます。

 

 

こうなると大変。

その金額を元に予算を考え、ウキウキしながら次の車を見に行き購入を決め、注文から1~2か月後、納車のころに多少下がることを覚悟の上で一番高いと思っていた180万の会社に行くわけです。

 

心の中では多少下がっても170万?出来れば180万。もしかしたら売るんだしもうちょっと色付けてくれるかもーなんて思ってることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして現実を突きつけられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

130万ですね。

 

 

 

 

 

400x213xfc9bec411d4d5ff2746e56a2

 

 

 

 

 

以下よくある会話・・・

客「何言ってるの?前来た時は180万って言われたんだけど?」

店「いやいやそう言われましても相場が下落してまして・・・」

客「下落するにしたって下がり過ぎでしょ・・・」

店「そう言われましても・・・あの時は欲しいお客さんもいましたし・・・」

客「どうしてくれんだよ!もう車買ってんだぞ!」

店「どうにも出来ませんよ。そもそも時期によって相場が下がるって言いましたよね?」

店「あ・な・た・が!今の価格を知りたいというから教えただけで保障出来る内容でもなんでもないですよ。」

 

 

 

もうほんとこんな流れ、腐るほど見てきましたし、聞いてきました。

 

業界用語でこういった手法を「高振り」と言い、高振り度合に差はあれど慢性的に行われているのが現状です。

 

当然こういったお客様は売却見込み金額を考えて次の車を購入しています。

金銭的に余裕が有り、現在の車の売却金額を当てにしていない方は買取店に行く前に次の車を購入しちゃいますからね。

 

軽はずみに行き、そして軽はずみに「今の値段でいい」と言ってしまったがためにこんな結果になってしまうとという一例。

 

 

 

399x634xedbc3a317594b1849a9051e9

 

 

不足分を現金補てん出来なければ

最悪次の車を違約金払うなりしてキャンセルですね・・・(遠い目

 

 

 

こんな書き方をすると買取店が悪と思われるかもしれないですが、勘違いをしてはいけません。

たかが1ヵ月で予想外に数十万の価格変動が起きることも実際ありますし、日程がしっかり定まっていればどこの会社も本気で買おうとします。

 

もちろんセールストークや駆け引きはありますが、ここまで極端なことはしません。

いや早々出来ません。

大きく下げる理由がありませんから。

 

・日程を決めていない=いくらでも金額を下げる理由が出来てしまう。

 

・買取店はなんとなくで行く場所では無い!売る気になってから行く!!

 

 

この二つは非常に重要なのでしっかり覚えておいた方がいいです。

あなたが振り回されて損をするだけですから。

 

それでも乗り換えのために値段がある程度分からないと進んでいけないんだよおおお!

というあなた。

 

 

大丈夫です

 

 

方法は・・・ありますよ!!

次回、どんな方法を取ればまともな価格が出てくるのかお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 - 車売却前に知っておくべき知識, 車買取店の内情 ,