車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

車の売却 一括査定が一番高い売却方法だと思っている方へ

      2017/02/28

以前、一括査定については何度かこのブログ内でも触れました。

 

売る気が無い、または時期が決まってないのに登録をしても意味が無いこと。

過去記事・・・一括査定の登録 心構えとその後の対応

 

楽に高くと安易な気持ちで売却出来ると思っていると、思わぬしっぺ返しを食らう可能性があること。

過去記事・・・超重要 営業マンは知り合いだらけ 恐怖の談合 その実情とは

 

 

ただそうは言っても、前回記事で検証したように時代は一括査定押し。

 

高い売却はなんだ?と検索を掛ければ数年前から一括査定の宣伝一色です。

 

実際このブログを見ている方で、売る気がある人なら登録して実行してみてもいいと思います。

またはすでに登録して売却まで至った人もいるのかなと思います。

ただ登録をして買取店に来て貰って車売却して・・・という流れだけでは見えない部分もありますので、実際出張査定を10年以上やっていた経験から買取店側の情報をお伝えしようと思います。

 

スポンサーリンク

 

といっても大手勤務時代から独立してもう2年強経ちます。

このブログを書いていると、今の出張査定(一括査定)はどうなんだろうなーと・・・

何か良い方向に動いているならまたやってみようかなーと・・・

そんなことを考えながら、先日新年会があったので聞いてみたんですよ。

 

前職の現役大手買取店のスタッフや店長に

 

私「最近の出張はどうなの?」

A「いやーなんも変わらん」

A「たまに謎の小さい会社が混ざったりするけどすぐ消えるし」

B「ノウハウなかったらやってらんないでしょうからね(笑)」

C「でも相変わらずクソ案件多いっすよ!」(なんとなく登録しただけの人)

私「へー・・・」

 

 

その他にも色々と細かく確認しましたが、私がやっていたころと何も変わらないようでした。

おまけに皆から、やればストレスと引き換えに利益出るんだからやったらいいさー!

と煽られる始末。

 

まぁノウハウ分かってて、買取会社問わず知り合いもいっぱいいるんで赤字になることなんて無いんですけどね。

 

ただただ一括査定運営会社がきr・・・

 

えー・・・まぁそんなわけで色々情報収集してきた結果、特に変わらないことが分かったので自信を持って書けます。

 

 

サザエさん風ですが今回のお題はこの3つ!

 

①一括査定の1台当たりの利益ってどのくらい?

②本当に皆さん全部の会社見せれてる?

③ドキドキ談合パニック!

 

以上3本立てでお送り致します。

 

 

ではまず1本目。

①出張買取の1台当たりの利益ってどのくらい?

このブログの初っ端くらいに書きましたね。

 

過去記事・・・買取店1台当たりの利益はどのくらい?

 

通称台粗利ですが、経験上、出張トータルの台粗利平均は10万円台前半をうろちょろしていました。

店舗来店のみの台粗利平均と比べるとやはり下がります。

 

ここだけ見ると

やっぱり一括査定は高価買取か?

でも10万台前半の利益持ってかれているしな・・・

と読んでいる方は複雑な心境かもしれませんね。

 

独立する直前に勤めていた会社は低単価車輛(オークション相場10万以下)はあまり行かなかったので高い方かもしれません。

以前になんでも出張査定に行く会社のスタッフ(地方勤務)と話してたら、一括査定での平均台粗利は10万ちょっと下回るくらいと言っていたので。

 

 

 

まずこの台粗利を一般ユーザーがどう捉えるかですね。

ちなみにこの台粗利はオークション出品をしての台粗利です。

その中から小売り、つまり一般ユーザーへの販売をしている分も含めたらもっと増えます。

ここは説明上分かり易いように台粗利を10万円と仮定しましょう。

 

ちなみに台粗利5万円とか3万円なんて会社は存在しません。

 

 

 

確実に潰れます。

 

 

 

確実です。

 

 

 

 

一応なぜそんな会社は潰れるのか計算しますので興味のある方は見て下さい。

今回の本題とは内容がズレますので、興味の無い方は飛ばして貰っても構いません。

 

 

情報300件取得×1件1500円だったとして経費45万円

アポ率20%だったとして出張査定は60件

情報成約率が脅威の10%だったとして30件の買取。

30件の買取×平均台粗利5万だった場合・・・収益は150万円。

アポを取得する人間、実際に査定に行く人間、相場を見る人間の人件費、販管費合わせたら・・・

 

 

会社経営している人ならすぐ分かりますね。

 

余裕で赤字、破たんです。

 

ちなみにアポ率20%は実際に1ヵ月以内に売れる可能性のある人の割合がこのくらいと言うことになります。

 

どれだけ軽い気持ちで登録している人が多いかよく分かりますね。

もっとアポ率を上げることも出来ますが、さらなる人件費、経費が掛かる割に売る気のないユーザーが対象となるので、多少の買取増は見込めますが収益自体はマイナスになり易いです。

 

 

 

 

 

一括査定の経験がある方はもうこの段階でおかしいと気付いたかもしれませんが、とりあえず続けます。

では次に一括査定運営サイトでもいいですし、前回検証したアフィリエイト目的のサイトでも結構です。

どこでもいいので一括査定を押しているサイトの説明文を、出来れば一つではなくいくつかご覧下さい。

そうすると分かるはずです。

 

買取店各社が(勝手に)高い金額を出してくれますよ。

あなたがすることは登録することだけ。ちょー簡単。

 

大体書いてあることはこんな内容です。

 

こんな内容見たらそりゃ高く売りたい人は登録しますよね。

私も素人ならしちゃうと思います。

 

ではそんな謳い文句のまま売却出来たら・・・

 

買う側の買取店は果たして10万円の利益が取れるでしょうか?

 

というのがこの①の本題です。

 

 

 

文面だけ見るとブックオフ形式で金額が出てくるように思えますよね。

(ブックオフのようなスパッと買取金額を提示する企業をバカにしているわけではありません。単価が安いから出来ることだと思ってます)

 

 

「見積もり」として。

 

では仮に謳い文句の通りに各社が自分達が思うMAX金額を提示したとします。

100万円前後の車に対して、一斉査定でも順番に査定でもいいですが

 

A社98万 B社100万 C社103万

 

このような内容になれば

ユーザーにとっても理想の提示内容になりますし、まさに一括査定の謳い文句通りです。

 

でも・・・

これじゃ10万円取れてないですよね?

もう1回言いますよ。

 

 

最低限10万円くらいは1台当たり利益を頂かないと会社は潰れます。

 

つまり、勝手に高い金額が各社から出てくるという触れ込みは「嘘」となります。

 

 

 

 

では10万円取れるようにお行儀良く提示したらどうなるでしょう。

 

A社88万円 B社90万円 C社85万円

 

これなら最高額のB社も10万円の利益を頂くことが出来ます。

利用するユーザーも実際の相場は分からないので、提示された内容から比較した上で一番高い金額が判断出来ますね。

 

このような内容が成り立てばですが。

 

 

 

 

このブログ内で何度もお伝えしてますが、買取店のスタッフは営業です。

取りたい利益を考えながら

「これがうちのMAXです。どうしますか?」

なんて伝え方はしませんし出来ません。

この中に1社でも駆け引きをする会社があれば、すぐ上乗せされてしまいますからね。

その結果は100台査定しても、ヘタすれば1台も買えないでしょう。

 

また、正直なところお客様も駆け引きをします。

「他でいくら出たからそれ以上にならないのか?」

こんなこと言う人いっぱいいるわけです(悪いことではありません)

 

お互い駆け引きをしてしまうからこそ・・・この内容は成り立たないのです。

 

 

では実際利用している方はどのように売却をし、どのようにして買取店は利益を出しているのでしょう。

 

それが2本目となります。

 

②本当に皆さん全部の会社見せれてる?

一括査定運営会社のHP、または一括査定を押すお小遣い目的のサイトは、どこも高い金額で比較出来ることを売り文句としています。

”高い”という部分は先ほどの①の内容により、現実的に難しいことはご理解頂いたかと思いますが、では”比較”についてはどうでしょう?

当然利用される皆さんは一括査定という”比較”出来る部分もメリットとして考え登録しているはずです。

 

ではここで一つ目の質問ですが、あなたが売る気があって一括査定に登録したら、7社の買取店が登録地域から該当しました。

各社から連絡が来るわけですが・・・

 

あなたは7社全部に査定の依頼をしますか?

 

 

 

 

 

 

 

もちろんする人しない人と色々いますが

 

経験上、登録している会社全てに査定依頼をする人は1割もいません。

 

 

理由は様々ですが、主によく話が出てくるのは

・聞いたことの無い会社は不安だから大手だけにした

・電話対応の時点で何かおかしいから、そういう会社は省いた

・概算金額が安いところは断った

・各社の査定に対応出来る程の時間が作れない

・電話ラッシュに耐えられなくなって途中放棄

 

このような理由が大半です。

つまり

 

ユーザー側がまず比較対象を様々な理由により削っています。

 

実際にやっていると、アポイントの電話掛けが定休日などの理由により遅れると、そもそも電話に出ない方が続出します。

そして1週間2週間後、やっと電話に出たと思ったら何時の間にか既に車を売っています。

 

 

皆さんが望まれる「安心出来るところに、楽に、高く売りたい」この気持ちが、そもそもの比較の妨げになっているのです。

 

そして人類最大の敵「めんどくさい」がさらに比較の妨げを後押しします。

 

 

ちなみに今までやっていての平均査定依頼数は大体4社くらいです。

 

6社~10社も査定予定を作る人は非常に珍しいのです。

 

 

 

 

 

 

では二つ目の質問ですが

結果的に7社のうち大手4社が査定に来ることになった。

 

あなたは4社全てにちゃんと査定をお願い出来ますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多分ですが、この質問に対しては大半の方がYesと答えると思います。

 

今までのは利用するユーザー側の問題。

しかし4社は自分で選んで予約までしているわけですから。

 

 

 

 

では実際にやっていた側からお答えしましょう。

 

予約をした会社全ての査定を完遂することが出来る人は2割程度です。

 

同時タイミングで各社を一斉に呼ぶユーザーは余り関係無い部分ですが

 

順番に呼ぶ方の大半は途中で売ります。

 

 

 

 

 

ではわざわざ予約までしているのに、なぜ途中で売ってしまう人が多いのか。

これが2本目の本題です。

 

これも理由は様々ですが、ここからはユーザーの問題では無く、買取店の問題も含まれていきます。

 

・同じ内容ばかりで飽きてくる

・駆け引きに疲れる

・営業マンの甘い誘惑に乗っかってしまう

 

大体理由はこんなもんです。

特に解説もいらないですね。

皆、話すことは似たり寄ったりですし、営業ですから駆け引きをします。

特に今までディーラーで下取りに出していた人からすれば、査定しても査定してもはっきりとした金額が出てこないのは苦痛でしょう。

また、駆け引きに慣れて無い純真無垢な方は、すぐ営業マンの甘い誘惑に乗っかってしまいます。

 

営業マン「今回たまたま欲しいお客さんがいるんです」

 

お客さん「うっそ!らっきー!!売る売る!」

 

これではいけません。

いつかもっと大きな詐欺に引っかかってしまいそうで怖いです(笑)

 

ただこんな純真無垢な方じゃなくても、日常的に行っている営業マンの巧みな罠にハマってしまい、警戒心の強い方でも折れて売ってしまうのが実情なんです。

 

 

ちなみにこれも私の経験上ですが、複数の査定の予約をしているのも関わらず全部完了する前に売ってしまう人は

 

大体が1~3件目に売ります。

 

逆に4件目以降でも営業マンの揺さぶりに耐えれる方は、結構呼べるだけ呼びますし最後まで耐える印象があります。

 

 

あとは営業マン次第ですね。

超優秀な上級営業マンだと、行った出張の5割は成約に持っていきますし(後から成約するパターンも含めて)

1件目の案件でも3~4割くらいは成約に持っていきます。

 

結局ろくに比較検討させてないわけです。

 

そしてこの満足に比較対象を作っていない、買取店も比較をさせていないというのが買取店が台粗利10万円を取れている理由にもなるわけです。

 

 

 

つまり・・・

一括査定は中途半端な気持ちでやっても意味がないということですね。

うまく一括査定を活用して高額売却に持っていきたいなら、まずは登録されている会社は基本全部呼ぶという時間的な余裕も必要になりますし

何より途中で絶対に売らないという不屈の意思が必要となります。

 

 

そして、それが絶対に出来ると思った方は三本目が課題となるわけです。

 

③ドキドキ談合パニック!

談合に関しては以前詳しく書きましたので、内容が知りたい方は冒頭の過去記事をご覧下さい。

 

一応新年会の時に談合も聞いたんですよね。

まだやってるの?って。

 

そしたら

「いやー他の会社も辞めたり転勤だったりありますからね。たまにっすよたまに(笑)」

って笑ってました。

 

あの顔はたまにじゃないような気がします。

 

つまり、あなたが途中では絶対に売らないという意思を固めても、この談合の可能性が付き纏います。

 

前回記事でも書きましたが、本当に談合されている時はまずユーザー側は気付けません。

同時査定はもちろんですが、時間をズラして査定依頼を掛けても起きてしまうのは以前の記事の通りです。

 

10社も呼べばたぶん大丈夫だとは思いますが・・・

癒着が激しい地域だとそれでも出来てしまうんでしょうし、ここは運次第としか言いようがありません。

 

そんな最後のハードルを乗り越え、あの手この手と価格交渉などをし、初めて相応の高額売却が出来るわけです。

 

 

 

ここまで読まれて、それでも一括査定でイケる!と思う方はぜひ頑張って頂きたい。

コツは ”めんどくさがらないこと”  ”意思を強く持つこと”  ”運を高めるためにお参りに行くこと”

以上となります。

 

スポンサーリンク

 

ちなみに・・・

この方法で”相応の金額”です。

 

決して安い金額にはなりませんが、クソ高くはならない可能性が高いです。

 

10段階あったら8までは到達出来ると思いますけどね。

 

ただそれ以上の金額を出させるにはユーザー側のリスクが付き纏います。

なので個人的にはここで止めた方がいいのかなとも思います。

 

行動に移す方は気合いを入れて頑張って頂きたい!!

 

 

 

 

 

 

 

一応ここからは余談です。

 

なぜ本当のMAX金額に到達しない可能性が高いのか、買取店側の内情をお話ししときます。

ただ読むと混乱する可能性もありますので、相応に高い金額で充分な方は読まなくても大丈夫です。

気になる方だけ進んで下さい。

 

内容は凄くシンプルですが重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では始めます。

 

先ほどの内容は

「一括査定をするなら登録している会社は全部呼べ。妥協するなめんどくさがるな。全部見せろ」

こうお話ししましたが

 

これが原因で本当のMAX金額が引き出せなくなります。

 

意味が分かりませんよね。

 

うんうん分かります。

 

 

私は大手買取店現役時代の後半は決済を下ろす仕事がメインでした。

部下が査定している車の相場を見ながら、オークションでの落札価格を予想、他ルートでの売却方法や金額を割り出し、商談をレビューしながら極力安い金額で買えるように誘導するという内容です。

大体の買取店店長も同じようなことをしているはずです。

 

自分の中でここがどんなに頑張ってもMAXだという金額を事前に割り出すんですが(店長決済すら超えるため、本社決済が取れるかどうかという金額)

 

 

その金額を実際に出す時は決まって1社~3社目くらいでの売却でした。

 

 

理由はいくつかありますが一番は

 

 

「ユーザーが慎重になればなるほど、買取店も慎重になる」

 

 

 

ということです。

買取店はその車がいくらで売れると分かっていて車を買っているわけではありません。

あくまで予測で金額を出しています。

 

ではそんな予測で、私がMAXで200万と予想した車があったとしましょう。

 

しかし他の会社は皆総じて185~195万あたり。

こうなると

 

「あれ?相場見間違えているかな・・・」

 

と私が疑心暗鬼になります。

もう分かりますよね。

 

ユーザー側が査定をして貰っている会社が多ければ多い程、この疑心暗鬼が強くなるわけです。

 

もちろん相場を見直し、やっぱりあるよなぁ・・・と思っても

 

もしかして査定したスタッフなんか見落としてる?

 

それとも実は私が何か見落としてるのか?

 

こんな考えが付き纏います。

 

そうするともう200万というMAX金額は頭から消えます。

怖くて(赤字になりたくなくて)勝手に修正しちゃうんですよね。

 

だって同じ車、相場を見ている中で、他の参考数値がいっぱいあるんですもん。

 

でもこれが1社~3社のような段階で

「他社の査定予定断ってでも200万だったら決まるんです!」

こうスタッフから言われていたら間違い無く出します。

 

もちろん本当にその金額が必要なのか判断はしますが、どうにもその金額じゃないととなれば迷いません。

 

だって参考数値が少ないんですもん。

 

特に1社目なんか参考数値無いんですもん。

 

安く買いたいけど、高くしか買えないなら1社目でも突撃しますよ買取店は。

 

 

 

それに・・・

やっぱり他を断ってでもうちで任せて貰えるっていうのは、スタッフも店長も嬉しいんです。

だったら金額踏ん張ってでも・・・たぶんこの考えはどこの買取会社でもあるはずです。

みんな人間ですからね。

 

 

たぶんこのブログを見ている人も逆の立場ならなんとなく分かるんじゃないですか?

 

いくらで売れるかは不確定な中で、2社より高い金額を出すことと8社より高い金額を出すこと。

 

どっちがリスクあるかなんてね。

やっぱり数が多いとその中で一番になることにビビるんです。

 

中には査定予定会社が多いと分かると、自ら査定を断る会社もあります。

どんな金額にせよ

”その中で一番高い金額で買うこと自体がリスク”

こう捉えているわけです。

 

 

 

利用するユーザーが、査定予定がまだまだある中、途中で売ることはリスクでありギャンブルだと思います。

その結果、買取店側の収益に繋がっているのも事実です。

 

ただ、本当に高い金額を出す時は買取店もギャンブルなんです。

 

ここが非常に重要です。

 

何度も経験がありますが、勢いで買ってしまったものの・・・「本当に大丈夫かこれ?」って買った後に思うことがあります。

 

その結果赤字になることも多々ありました。

 

しかし5社6社以上の会社が絡む中で赤字になるということは余りありません。

その分慎重になってますし、勢いで買うなんてことはありませんからね。

高いと思ったらすぐ諦めます。

 

ちなみにこれは一括査定だけでは無く、ユーザー側がお店に行くパターンも同じです。

 

 

 

私「うちで何社目なんですか?」

 

 

 

客「10社目くらいです(キリッ」

 

 

 

 

 


・・・へぇ・・・

 

 

顔には極力出さないようにしますが、心の中ではこんな顔になってます。

この時点でやる気9割減です(笑)

 

小手先の技術や話術では無く心理的な部分なので、このブログを読んでいる人にも理解し易いとは思います。

 

ただ相場を知らない、悪く言ってしまえば素人がやるにはリスクが高い、高過ぎる方法です。

 

だから余談としました。

 

 

 

 

 

「今決めてくれるなら頑張ります!」

 

よく営業マンから聞くこのフレーズ。

セールトークとして頻繁に使う内容ですが・・・

 

 

その中に本当のパターンもあることをご理解頂きたいっ!!

 - 車を高く売るためのコツ, 車売却前に知っておくべき知識, 車買取店の内情 , ,