車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、情報は力、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【C-HR】速報パートⅡ

   

2WDの販売開始にあたって流れで考察記事を作っちゃってましたし、今更な速報として結果と現状をまとめておきます。

 

考察内容はC-HRの最新更新記事をご覧ください。

 

えーとまず結論からお伝えすると、2WDのG-T狙いは概ね予想通りの結果だったと思います。

しろくろルーフさんのデータ取りがかなり活きましたね~さすがです!!(笑)

 

市場流通スタート直後から丁度2週間くらいまで・・・安定20~30万利確モード。

 

2週間~現在(4週目)・・・ポイント押さえてればまだ利確出来るけど、成約率の低下が激しく売り切るまでがちょっと大変。

 

市場に出始めてから現在までは大体こんな感じです。

なので何件か有料版の方でも対応させて頂いておりますが、既に捌けた方々はおめでとうございます!

特に5月中にポイント押さえた車両を即売出来た方々は、値引き差あれど概ね1台あたり20万以上は儲かったんじゃないでしょうか?

大きくはありませんけど、良いお小遣いになったんじゃないかなーと思います!

 

ちなみに現在の特徴をまとめておくと

・カラーはパールⅡorアカ(ワイン)Ⅱが新車価格オーバー(というかそれ以外のカラーで狙う人がほぼいないからその他カラーは不明)

・単色パールはⅡにする上での追加OP代よりも損失額の方が大きい

・モデリスタエアロの有無は直近相場で20~25万くらいとかなり差が大きい(Ver違いはそこまで影響無し)

 

うーんみんな似たような仕様だし、特徴と言ってもこれくらいですかね。

 

週ごとの取引上限値は市場出始めの頃と変わらず。

ただ相場の上下幅の拡がりや成約率の低下が目立つので、輸出自体はそこまで強くない?太くない?印象を受けます。

供給される台数が飛びぬけて多いわけでも無いし、輸出先の求めてる台数がそこまで多くないのかな。

 

なのでこれ見て「今から俺も俺もー!!」なんて乗っからないようにして下さいね(笑)

止めはしませんが、今から動いても爆死する可能性の方が高いと思いますので。

私は調子が良ければ何台でもぶっこみますけど、C-HRはもう危険と感じて1台で止めております。

 

 

そして今回やろうかどうしようか悩んで注文が遅れた分、捌くタイミングもそのまま少し遅れて改めて思いました。

 

スタートダッシュ特需はやっぱりスピード命や!

 

分かっていたのに何やってんだ俺!!あぶねぇあぶねぇ!!

 

1週間単位というか、ある日を境に成約状況がガラッと変わったの目の当たりにしましたので、先週大丈夫だったから今週も大丈夫という普通の車の感覚で動いていたらそのうち確実にやられます。

如何に早く捌くために何をすればいいの?どう動けばいいの?っていう部分が分かってないとキツいし、やっぱりこの手の勝負は玄人向けですね。

新車を買うお金があれば誰でもやれますが、色々と細かい知識が問われます(慣れれば楽勝ですけどね)

 

 

では最後にまだ売り切れてない方へのアドバイスを・・・

 

現状はオークション成約率が厳しく、売れるまでには複数回の出品も覚悟しておかないといけません。

 

今のところエアロ付きは出品者が売り切り価格を下げてないためそれなりの高値~高値成約or流札のどちらかになっていますが、いずれ出品者が売り切り価格を下げ始めて現金化を急いだ時に相場が崩れるだろうと思われます(エアロ無しはもうそうなっています)

ただこのような輸出狙いの場合、車検を切って出品、税金や自賠責を戻してより手元に多くお金を残すのが基本なので、今のタイミングで車検を切ると最悪下のような流れが起こります。

 

税金関係戻すために車検を抹消してナンバー無しで出品。

1回目・・・売れず。

2回目・・・売れず、相場が下がり始める。

3回目・・・売れず、さらに相場が下がり始めて新車総額を割り出す。

 

こうなった時にそれでも現金化か、逆に諦めて普通に乗るというどちらかの選択を取っていくわけですけど、輸出狙いで車検を抹消してしまっている場合、後者は普通に乗ることが出来なくなります

車検切って公道走れない状況になっちゃってますからね。

そこからさらに車検を取ればまた10万近く費用が掛かりますし、レンタカーのような新車なのに2年車検なんておかしな車が出来上がってしまうので、一般の方に多そうな“最悪ダメだった時に乗ること前提で考えている場合”は以下の方法を取っていきましょう。

 

①出品時は前後のナンバーだけ外して形だけ抹消した状態で出品(出品票にナンバーと車検残書かないようにね)

 

②無事売れれば成約後に急いで抹消しに行ってから書類発送

 

③売れなければ車を陸運局に車を戻して、手元にあるナンバーとセットで再封印(地域によるけど100円200円くらいの費用で済むはず)

 

これで売れれば自動車税などの還付を受ける輸出用体制もバッチリ。

売れなかった時に乗る体制もバッチリという両天秤モードになります。

 

これを知らないとどちらかに勝負を賭けるしかなく、外した時はどちらも数万単位の損に繋がりますので、ご自身でオークション代行や知り合いの車屋さん利用して捌く場合は出品テクニックとして覚えておきましょうね!(車屋でも知らない人結構います)

 

 

おまけ

以前錯乱している時にブログの在り方なんかを色々と勉強して、なるほど~と感心してたんですけど、当ブログは“見るブログ”にはあまり向いていません。

ネット眺める時って大体通勤途中やご飯食べながらとか、“何かをしながらついでに見る”ってのが多いようで、「あなたの作った文章はサラッと見られているだけで、きっちり読まれていることは非常に少ない」と色々なサイトに書かれておりました。

ちなみに気になってその時の平均滞在時間を調べてみたら、このブログは“平均4分”らしい。

 

まぁまぁ時間は有限ですし、私としては全然見てくれるだけ良いんですけど(私もサラッと見ちゃうタイプだし)、特に今回のような玄人向けの売買を行動に移すとなるとそれじゃ厳しいと思うんですよね。

結局知識も抜け抜けで、ワンミスがそのまま原因になってチャンスを活かせず逆にドボンみたいなみたいな。

 

なのでこのようなやり方で数十万、時には数百万のお小遣い・・・とは呼べない額の利益を狙いたい方々は、おこがましいかもしれませんが、出来れば見るんじゃなく一つの本のように読んで理解して欲しいなと思っています

気になる部分があればサイト内でワード検索して貰えれば引っかかることも多々あるでしょうし、それで知識が補えればわざわざ有料相談なんかする必要もありません。

そう思って細かく解説記事作ったりもしてますので、しょっちゅう言ってますがぜひお好きなだけ勉強していって下さい。

 

読んで勉強するのはタダですから。

 

あとはあなたの掛ける時間次第です。

 

もちろんそんな時間が無いから有料で時間を買う、知っている人に手っ取り早く求めてる答えを聞きたいということであればいくらでもご相談に乗ります。

そのための有料相談ですし、私も仕事の一つにさせて貰っています。

 

 

ただ、時間は掛けたくない、色々勉強するのも面倒、お金をかけるのも嫌だ。

 

でも得はしたい。

 

だから教えて?

 

正直人間なんでこのパターンが一番多いとは思いますけど・・・(笑)

これじゃあかんと思いますし、さすがにこのパターンで相談に乗ってたらブログにして記事作っている意味も、仕事にしている意味も無くなりますのできっぱり断ります(今だに緩いとこありますが悪い癖なので直します)

 

何でも最初が一番大変でしょうけど、一度付いた知識は色々な車で活用も出来ますから、時間を掛けて勉強していくでもお金で知識を買うでも結構です。

 

ぜひ知識を増やして、満足度の高いお乗り換えに役立てて下さいね!

 

そのために黙々とブログ頑張る予定ですので!(ゲームにハマったらゴメンネゴメンネ・・・)

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

 

 

【かんたん車査定ガイド】

最大10社の査定が取れる一括査定です。

ただし最高額が分かるわけではありませんので、あくまで査定確保ツールとお考え下さい。

査定数が増えれば高額売却になりやすい在庫採用などのチャンスは広がります。

 

 

 - 管理人のつぶやき, 車を高く売るためのコツ

【C-HR】速報パートⅡ

by にー time to read: <1 min
8