車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

希望額の吹っ掛け過ぎに注意 【リアル商談を公開】

      2017/02/28

今日珍しく売りたいだけのお客様が来られました。

私は新しく買い取った車のネット掲載で忙しかったので、一番新人のスタッフが対応しているのをコソコソ聞いていたんです。

 

車は古かったけど・・・

 

ちょっと距離多めだったけど・・・

 

色もシルバーでちょっと売りづらそうだったけど・・・

 

 

 

「金額合えばすぐでもいいんだよ」

 

 

 

この言葉にスタッフも私もビンビン来てました。

そこまで言うなら金額踏み込んででも店頭に並べてやろうじゃない!!と。

 

スポンサーリンク

 

ちなみにスタッフが商談中、私がその車の相場を調べてたらオークション相場は8~12万ってとこでした。

普通ならどこも5万くらいまでで欲しいところです。

 

スタッフに電卓打って「5万までね!」と伝えながらも

私の中では究極にウルトラに、これ以上ないくらいに出しても14万までと思ってました。

 

そして心の中で(店舗が小さいため、声に出すとすぐお客さんに聞こえる)スタッフ君頑張れー!!って応援してました。

 

 

するとお客さん

 

「20万以上になるなら売るよ」

 

 

ほー・・・

スタッフはふええええって顔してましたが、私はまだ驚きません。

よくあることですから。

まだ即決が可能な上、時期も詰まっているだけマシです。

 

 

そしてここからが営業の腕の見せどころ。

相場感の植え付け。

新人君が一生懸命20万円は相場を遥かに超えていること。

実際の買取相場は5万円くらいであることをあの手この手と伝えます。

 

ところがお客さん。

 

「よそで20万円出てるからなぁ」

 

 

 

店舗が小さいため(しつこい)私にもしっかり声が聞こえます。

ここで私も初驚きです。

 

はあああああああ!?

 

思わず口に出してしまいそうになりました。

新人君は相場を見てない(見せていない)ため、私が騙しているのか!?とこっちをチラチラ見てるし!

 

失敬な!!!

 

とりあえずよくあるコンパクトカーでグレードどうこうの間違いも無い。

いやあってもほとんど相場も変わらない。

そもそも修復歴でも取ってない。

 

これ以上値段が上がる要因何もないじゃーん!!

 

 

 

この時点で私は他店で20万出てるのに20万以上?

なんか怪しいな・・・って思ってました。

 

これは経験上ですが

20万出てるなら20万以上では無く、普通は21万、22万以上、参考数値が少ない人なら25万、30万以上とキリの良い数字を言います。

 

 

 

他店に行って、もっと下の金額だったけど盛って20万って言っている可能性が1番。

 

他店に複数行って、一番高い金額(高ぶりや無茶な条件付きで内心厳しいことが分かっている)を言っている可能性が2番。

 

そもそも他店に行ってなくて、ただただ自分の希望に他店というワードを結び付けただけが3番

 

 

1番だったらだいぶ盛ってんなと思いながら、新人君を呼び戻します。

 

「20万以上はどう考えても無理だから断って。他の余計なことは一切言わなくていいよ」

 

こう指示し、そのように新人君は

 

新人君「20万以上は無理みたいです・・・」

 

お客さん「そうか・・・」

 

新人君「すいません・・・」

 

お客さん「・・・」

 

「新人君「・・・」

 

お客さん「・・・」

 

「新人君「・・・」

 

 

見つめ合う二人(背後は応援している私)

 

 

 

 

 

 

お客さん「で、お宅はいくらまで出せるの?」

 

 

 

 

 

 

はい。

こういった流れ。

 

今日あったリアルな内容ですが、このブログを見ている人でも同じようなことをしている人はいませんか?

誰だってちょっとでも高く売りたいですし、金額盛って伝えた方が高くなるかもって思う気持ちは分かります。

 

ただ金額を盛り過ぎるとこうなります。

 

最後の一言。

 

この一言でバレます。

 

 

 

だってねー

 

 

車は1台しかないのにねー

 

 

他で本当に高い金額が出てるならねー

 

 

それ以上出せない会社のMAX金額なんて聞く必要無いよねー

 

 

ってことはねー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その金額出てないよね?

 

 

 

 

 

ってことです。

 

あとは実際の下限がいくらなのか探ります。

ここから私がバトンタッチして商談しましたが

私「いくらも何も本来の買取はいいとこ5万くらいなんです」

私「すぐのお手放しでも可能とのことなので、丁度先日売れた分の穴埋めでぜひ店頭に置かせて頂きたいとは思っています」

私「しかし・・・20万円という金額は到底追いつきません」

私「何か・・・その20万円を出された会社さんにご不満でもあったんですか?」

私「例えば”そのまま置いていって貰えるんだったら”とか”買わないのに車を買うという下取り条件”だったとか・・・?」

 

 

ここで真意は分からないにしても逃げ道を敢えて作ってあげます。

お客さんは一度「20万円出てる」と口にしているわけです。

それを嘘を付いているでしょ?と言うのは簡単ですが、それではこちらがスッキリするだけで車は買えなくなります。

 

逃げ道を作ることによって、偽っている人はその内容に乗っかってくれるわけです。

 

「確かに車そのまま置いてって貰えるんだったらとは言われた・・・」

 

 

もう1回言います。

 

真意なんて分かりません。

 

ほんとに言われたのかもしれないし、乗っかっただけかもしれない。

ただそんなことどうだっていいんです。

 

これでお客さんの言う20万円が崩壊し、こちらに歩み寄ってくれたわけですから。

 

 

 

 

 

 

結局その車は9.2万円での買取となりました。

他店で9万円までははっきりと出すと言ったそうです。

 

本当かは最後まで分かりませんが・・・

7万、8万で粘っても一向に売る気配を見せず、9万円で反応が変わったものの売ってくれなかったのでのでたぶん本当なのでしょう。

 

 

本当に金額が出てる人はこちらが

「20万円は無理です」

と言った時点で、敢えてそれよりも下の金額を聞こうとしません。

 

分かりましたとすぐ帰ります。

 

 

 

こういったことが分かっていて出せるのに一度「無理です」と反応を伺う買取店・・・いや、営業マンもいます。

 

商談とは双方が駆け引きをします。

それが普通ですし、お客さんが駆け引きをしてはいけないなんてことはないです。

ただ、欲にまみれて過度な駆け引きをしてしまうと逆に分かり易くバレてしまい、利用されてしまいます。

 

 

今回のケースでいけば

「14万なら売る。だってよそで12万出てるんだもん」

こう言われたらマジかよ?って思いながらも5割くらいは信じます。

 

可能性があるにはあると思いますので。

まず14という切りもよくない数字を根拠無しに希望にすることはありませんからね。

 

 

結果13万、14万の買取になっていた可能性も充分にあったでしょう。

 

 

20万出てると言うから100%信じなかった。

 

その結果MAXまで出さなくて済んだ。

 

 

 

本当によくあるケースです。

皆さんも希望額の吹っ掛けすぎには注意しましょう。

高くしたい気持ちは分かりますので盛るのはいいですが、くれぐれも慎重にね!!

その方がバレづらいですよ!!

 - 車を高く売るためのコツ