車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

車を売却したつもりが・・・ユーザー事情による減額、返却の可能性

      2017/02/28

前回は車の内容によって減額、返却の可能性があるケースを一覧にしましたが

今回は車では無くユーザーの問題によって減額、返却される可能性についてお話しします。

と言ってもユーザー側の問題で起きるケースはそう多くはありません。

 

そしてしっかりとした申告をすることによって全て回避は出来ますのでご安心を。

 

 

スポンサーリンク

 

ユーザーの問題によって減額、返却される可能性一覧

①自動車税の未納がある

②抵当権を付けられている

③所有権解除が出来ない

④必要書類の遅延

 

うーん思いつくのはこれくらいでしょうか・・・

 

ではそれぞれ解説していきましょう。

 

 

①自動車税の未納がある

軽自動車、普通車両方に言えます。

自動車を所有している人なら毎年来るのですぐ分かると思います。

 

そう自動車税!

 

これ、たまにですが払わなくても売れると思っている方がいらっしゃいます。

まぁ・・・無理ですよね・・・義務ですし。

 

裏技的なことを言えば抹消を条件に払わなくてもとりあえずは売れます。

とりあえずは。

あ、この対応をしてくれる会社も限られてるとは思いますけどね。

要は売却後、ナンバーを返納する手続きを取るとそこから延滞金の発生が止まります。

確定した自動車税の未納金額が元所有者の元へ支払うまで延々と届き続けるのです。

 

では次の所有者は?というと

次の乗る方は一旦ナンバーを返納している以上、新規車検を取った上ででないとその車に乗れません。

その登録の際に新規車検ですと月割りで税金を納めてそこからスタートしますので、一応次の方が乗ることは可能です。

ただ車を所有したら所有した分の税金を納めるが基本ですから、大手ですとこの対応は厳しいかと思います。

少なくとも私が勤めていた大手3社はこの対応を行っていませんでした(今は知りませんが)

 

契約時に税金の未納はないですよね?と確認が入ると思います。

こんなところで未納があるのに「ないですぅ!!」なんてしょうもない嘘を付くのは止めましょう。

問題にもなりますし、入金前に発覚して振込みストップか後で金返せとなります。

 

まぁ税金さえ納めれば解決するので、買取金額からの差し引きを行った上で振込みが通常の対応です。

 

 

②抵当権を付けられている

あまり頻度は多くないですが・・・買取店がたまに頭を抱える内容ですね。

 

車に抵当が付いているケースです。

色々と付くケースはありますが、代表的なのは住んでいる市区町村が抵当を付けてしまいます。

 

その原因は市民税などの税金の支払いが滞ること。

 

再三の催促にも関わらず、市や県だからとナメてかかり、「無いもんは無い!」とあしらっているとあら不思議。

車検証や車には変化が無いのに、見えないとこで抵当を付けられてしまうわけです。

 

こうなると大変です。

意気揚々と買取店に行き粘って粘って高価買取と思われる金額で売却をしても・・・

名義が変えられませーんとなり抵当解除か車の返却を迫られます。

 

その事実が発覚するのは売却金額を手にした後になるかと思いますが

もう金は無いなんて言葉はまったく通じません。

 

地下帝国に連れていかれるかの如く費用請求が入ります。

 

まぁ逃げれないでしょうね。

 

 

これも契約時に普通は確認が入るはずです。

抵当が付けられてしまっている状況であれば正直に言いましょう。

売れないかもしれませんが面倒臭いことにもならずに済みます。

 

これも有るにも関わらず「ありましぇん!」と答えてしまうと上のような内容になります。

もちろんその際の請求費用はただ単に振り込んだ金返せでは無く、その車に掛かった費用全て上乗せされます。

 

 

③所有権解除が出来ない

私自身も数える程しか経験はありません。

が、忘れたころにたまにあります。

この所有権解除が出来ないは、ローンが残ってるから出来ませんというオーソドックスなものではありません。

 

商談時にローン残債に関しては必ず確認が入ると思います。

「ローンはまだ残っていますか?」と。

 

ここでローンが残っているにも関わらず「ないです!」と言う人は見たことがありませんが

実際にローンが完済しているのに所有権先から解除をして貰えない、こんなケースです。

 

理由は「売掛け」が残っているから。

 

あまりする人はいませんが、中には車検費用を未払いというかツケにする方がいらっしゃいます。

車を購入したディーラーで車検を出すというのは一般的なことだと思いますが(私は出しませんが)

この場合、ローン以外にも未払いが無いことが解除条件となるため、引っかかって解除してくれません。

 

ここだけ聞くと「それならその未払い分の車検費用、買取金額から差し引くなりして払っちゃえばOKでしょ?」と思われると思います。

いや、その通りなんです。

 

しかし・・・

 

車検費用がその場で払えない方って・・・その・・・なんていうか・・・

 

あまりお金を持っていません!

 

少なくとも過去数回あるこのケースでまともに値段が付く車だった試しはありません。

よくて数万円の買取金額。

そしてその数万円では未払い分が相殺出来ないという、なんとも切ない経験しかしたことがありません。

 

自動車税払い忘れちゃってたーとはまたちょっと内容が違いますね。

 

そして清算が出来なければお車のご返却となるわけです。

 

 

④必要書類の遅延

始めに言っておくとこの必要書類の遅延による損害請求は会社によります。

ただ非常にケースは多いです。

この中で一番多いのでしっかり内容を理解して頂き、無駄な費用にならないようにして頂きたいです。

 

この必要書類の遅延とは、車の売却の際に必ず出てくる名義変更書類。

この必要書類の準備が遅れることを言います。

 

主に公的書類が必要な普通車ですね。

 

 

車の売却の流れとして

商談⇒合意⇒契約⇒車の引き渡し⇒同時、もしくは後日必要書類の渡し⇒入金

とこんな流れですが、契約時に車の引き渡し日と合わせて必要書類も確認が入ります。

 

「いつくらいまでに必要書類をお預かり出来ますか?」

そして次の休みがいつだから~じゃあ1週間以内には用意しますと。

 

買取店はこの書類がいつくらいまでには預かれるという日程に合わせて車の処理行程を考えるわけです。

というのも車は車本体だけ預かっても何も出来ません。

名義変更に必要な書類もあって初めて商品価値のある車です。

 

スポンサーリンク

 

仮にその買取店が以前ご説明したオートオークションへ出品したとします。

オートオークションで無事成約、買い手の業者が決まったとなった場合、

成約日から遅くても1週間以内に必要書類を提出するというのがオークションルールとなります。

 

そのルールを破ると・・・

 

買取店にルール違反として1週間事にペナルティとして1万円の費用請求が入ります。

 

買取店からしてみればいつまでに書類を預かれるというから出品をした。

約束を破ったのはユーザーとなるわけですから、その費用はユーザー側が持つべき

こう考えるわけです。

 

 

また直接販売する会社でも同じことが言えます。

いつくらいまでに書類が預かれるというから別のユーザーへ販売をした。

なのに約束の日になっても書類が貰えない。

名義変更が出来ず、購入したユーザーから「いつ名義変更をして納車してくれるんだ!」とクレームが来る。

最悪は販売キャンセルで信用とそこまでに掛かった費用を失う。

 

こんなことも起こり得ます。

 

こうなったら・・・

 

賠償請求、入ってもおかしくないですよね?

 

 

 

車を渡したからと一安心するにはまだ早いです。

書類を渡して入金が完了されて初めて取引が完了です。

2~3日約束の期日より遅れるくらいならまだ問題無いと思いますが、1週間単位で遅れるのは買取店側に確実に迷惑を掛けていますので、自分が不要な損害を被らないためにも可能な限り素早く必要書類は揃えましょう。

 

 

 

またこれを読んで、それならかなり余裕を持った日程で話しておけばいいんじゃないか?

と思う方もいるかもしれません。

 

ただそれは危険です。

 

自分の車の価値を下げることになります。

 

いくら車を早い段階で預けたところで、書類が先々では買取店はその車を販売することは出来ません。

 

結局早い段階で車を預ける意味も無くなり、預ける書類日程に合わせた買取金額に修正されるでしょう。

 

こうならないためにも、最低限自分の車を売る時にどんな書類が必要なのか、準備に時間がかかりそうなら前持って動くことが重要です。

 

何が必要かは以前記事にまとめてありますのでそちらを見てみて下さい。

 

売却に必要な書類・・・普通車編

売却に必要な書類・・・軽自動車編

 

1週間以内に名義変更書類が準備が出来る方なら何も問題ありませんけどね!

 - 車売却前に知っておくべき知識