車の購入豆知識 車売却前に知っておくべき知識

【新車の時点で修復歴】実際に判明したケースをご紹介

投稿日:2018年9月16日 更新日:

 

以前コメントからご希望がありましたので、本日は実際にあった「新車の時点で修復歴」が確定したケースをご紹介します。

ただかれこれ10年くらいは前のため、結構うろ覚えなところもあります。

こんな流れで確定したという大筋の流れは間違いありませんので、生暖かい目でご覧下さい。

 

 

これはまだ大手買取店勤務時代のお話。

確か店舗での来店査定だったかと思いますが、60歳くらいの初老の男性が査定に来られました。

車は具体的に言うとメーカーがバレてしまうので・・・

奥さん用の軽自動車とだけお伝えしておきます。

 

いつも通り車検証を預かり、査定の準備をしてからお客さんに挨拶をし、その後車を査定していく中でフロント部分の修復歴を確認

 

受付表には「修復歴は無し」と書かれていたので

 

「めんどくさいパターンだな・・・」

 

と、思っておりました。

 

そして、この査定結果を客さんに伝えるか伝えないか。

これはケースバイケースですけど、比較的新しい車の場合は価値の落差も大きいため、当時の私は伝えていくスタイル(ただし自信がある場合のみ)

 

「前方ぶつけちゃったんですね~どんな感じの修理だったんですか?」

 

受付表度外視でこんな質問をしたと思います。

 

するとお客さんから

 

「???」

 

という怪訝な顔と共に、「ぶつけたことは無いんですが?」と。

 

なるほど・・・そうきたか。

ただこの時点では嘘か本当かはさっぱり分かりません。

悲しいことに平気で嘘を貫き通そうとする人もいるし、そもそもぶつけたことを忘れている人もいる(一番頻度が高い)

何より奥さんが普段乗ってた車じゃ旦那さん全ては知らんでしょう。

 

そんな気持ちで、論より証拠とばかりに一緒に現車を確認。

都合良く片側のフェンダーだけが交換されている車だったので、左右のボルトや塗装面の肌触りの違い。

その裏側の骨格が変形していることなどを見比べながら一緒に確認しました。

 

しかし・・・旦那さんはまだ納得がいかないご様子。

 

「いくら妻が乗っていた車とは言え、一緒に暮らしていて直したことに気付かないわけが無い」と。

 

その後も

 

旦那さんが出張などで数日家を空けるようなことは?・・・NO

 

奥さんがその車を誰かに貸すようなことは?・・・NO

 

もしかして懸賞で当たった車ってことは?・・・NO

 

このように、可能性がありそうなところを探ってみるもことごとくNO!!

電話して奥さんに確認して貰うもやっぱり思い当たる節は無く、事実として受け止めつつかなり不機嫌な旦那さん・・・

 

これはマズい。

 

笑顔の絶えない商談が理想なのに、真逆の路線を突き進んでしまっている。

私がやっていることは警察官の尋問のようなもの。

でも当時はまだ経験が浅く、“うやむやにしたまま商談をすること”より“修復歴の問題を解決すること”の方が重要。

そこがスッキリしないとこの車は買い取れないって思い込んでいたんだと思います。

 

もうこうなると大抵の商談は失敗で買えないんですけどね。

激怒ぷんぷん丸になっちゃう人もいるし。

 

しかし私は、お客さんから答えが出ないようなら販売した側か!と車検証入れを確認。

そこに入っている名刺から販売店を割り出し、当時仲の良かった営業マンがいるお店だったのですぐ電話をします。

 

その営業マンに

 

「今そちらのお店で販売したお客さんがうちに売りに来てるんですけど、お客さんまったく身に覚えが無いのに修理個所があるんです」

「そんなケースって有り得ます・・・?」

 

すると

 

営「普通に考えれば有り得ないけど・・・ちなみに何年前の車なんです?」

私「2年くらい前に新車で買ってる車です。所有期間を考えてもお客さんが忘れたって可能性は低いと思います」

営「担当者は・・・?」

私「○○って人です」

営「あー○○かー・・・・・・・・(意味深な沈黙)」

私「え?なんかあるんですか?」

営「いや・・・ちょっと車台番号とか情報教えて貰っても良いですか?」

私「お客さんに了承取ってないんで、許可頂いたらまたすぐかけます」

 

その後、思い当たる節がまったく無いなら販売店に何かあるかもしれないこと。

修復歴になると20~30万くらいはどうしても価値が下がってしまい希望額とかけ離れること。

たまたまその販売店に知り合いの営業マンがいるため、一応調べてくれるらしいこと。

ここら辺をお客さんに伝えて、調べて貰うことを了承。

ちょっと時間が掛かるということで、一度お客さんは自宅に帰り、営業マンからの連絡を待ちました。

 

 

そして後日。

 

ディーラー側で修理した記録は無い(お客さんもディーラー側も)

ただたまに運搬中、ディーラー側や陸送会社の人間がぶつけることはある。

普通は事情を伝えて作り直すか、大幅な値引きで対応するけど、中には事情を伝え辛いお客さんもいたりする。

で、その担当営業マンに状況を話したら急に焦りだしたのでかなり怪しい。

 

なのでディーラー側からお客さんに電話してみると・・・

 

ちょっと濁したような言い方だったのでしっくり来ませんでしたが、このような返答を貰いました。

当時の私は、「これで買取の糸口が見えてきたな!いける!いけるぞー!」って楽観的に考えてましたね。

 

今考えてもバカです。

 

その後、数度の連絡でお客さんと電話が繋がり、「さーここからが本番ですよ!」とばかりに後追い商談を開始しようとすると

 

 

「あの車はディーラーに引き取って貰うことにします」

 

 

この言葉は今でもはっきりと覚えていますけど、当時の私はエグられましたね~ふざけんなー!!って(笑)

 

ディーラー側の責任買取。

 

動いた私は無駄骨。

 

得をしたのは終始ムスッとしてたお客さんだけみたいなみたいな。

 

その後知り合いの営業マンから話を聞くと、色々問題を起こす若い営業マンだったらしく、この件もかなり揉めて修復歴無し相当での値段で引き取らざるを得なくなったらしいこと。

罰として内勤に強制配属されたことは分かりましたが、修復歴に至る詳細までは分からずということで終わっています。

知り合いの営業マンもあまり言いたくない部分でしょうしね。

 

もちろん私はこの件以来、商談時にワンオーナーの修復歴が発覚しても、深くは突っ込まなくなりました。

 

尋問しても得にならないことを学びましたので。

なのでその後、怪しいなーと思う案件はいくつかありつつ、ディーラー側が実際に認めた?ケースはこの1件だけとなります。

 

このようなケースを知ったからどうするという対策はありませんけどね・・・

もし「新車購入⇒ぶつけた経緯無し⇒売却のために査定」という流れの中で、買取店などから

 

「この部分ぶつけられました?」

 

と同じ場所を複数社から突っ込まれるようであれば、もしかしたら新車時からの修理の可能性が出てきます。

1社じゃ査定した人の勘違いという可能性もありますからね。

 

複数社が同じポイントを指摘するというのがポイントです。

 

かなり可能性の低い話ではありますけど、そんな時は販売元に伝えてみると・・・

もしかしたら何かしらプラスになる話が出てくるかもしれませんね。

 

まぁ何も無いのが一番ですが(笑)

 

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

 

 

【かんたん車査定ガイド】

最大10社の査定が取れる一括査定です。

ただし最高額が分かるわけではありませんので、あくまで査定確保ツールとお考え下さい。

査定数が増えれば高額売却になりやすい在庫採用などのチャンスは広がります。

 

 

-車の購入豆知識, 車売却前に知っておくべき知識
-,

執筆者:


  1. しゅに より:

    毎日の更新お疲れ様です
    ますます人が信じられなくなっていく業界ですね
    どうせ素人の私が見抜けないのなら最初から修復歴ありと明言された中古車を買ってしまった方がいいのかと思ってしまうくらいです
    このお客さんがまた数年後、あの時はありがとうございましたと、また来店してくれれば多少はにー様も救われるのでしょうが(笑)

    • にー より:

      ババを引く可能性は低いにしても、魑魅魍魎の世界だなとはよく思います。
      まぁ車だけじゃなく、知らないから認識してないだけで大人の世界はこんなことばっかりなんだとも思いますが・・・

      ちなみにその方とその後お会いしたことはありません。
      せこい話ですけどお礼すら言われなく、世知辛い世の中だぜ!って思いだけが残っています(笑)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読者質問に回答】5月手放しでも年額?【自動車税の月割り清算について】

今回は質問に回答の回です。   質問内容はこちら(こちらで簡単にまとめてます)   6月中旬に売却を考えています。 そこで何社か査定をお願いしたところ、今年の自動車税の対応が会社に …

大手車買取店Ver 対応する人間の役職と売却金額の関係性 

今回はこんなお話をしてみようと思います。   対応する人間の役職と売却金額に関係性はあるのかどうか!   役職というと一般的にパッと思いつくのは スタッフ 副店長(副支店長) 店長 …

スタッドレスタイヤ 冬タイヤはどうするべきか 【読者質問に回答】

本日は読者からの質問が来たので回答しましょうの回です。 許可は頂いたので記事にします。     【質問内容】(こちらで簡単にまとめてます) 車を売ることを考えているのですが、まだ購 …

【読者質問に回答】買取店からこんなこと言われました!シリーズ

本日は読者さんの質問に回答の回です。 質問者さんから記事になれば嬉しいと言われたら記事にするしかないでしょう!!   というわけで多少まとめていますが質問内容はこちら。   当方エ …

個人売買ってどうなの?そのリスクとメリット

それでは一度車の買取店から離れ、他の売却方法について触れていきます。 他の売却方法も知ることによって、より視野が広がりますからね!   いくつか車の売却方法はありますが今回はこれ。 &nbs …

【新車の時点で修復歴】実際に判明したケースをご紹介

by にー time to read: <1 min
2