車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、情報は力、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【アルティス】リセールバリューをランク付け!

   

ダイハツの重役しか乗っている印象の無い車。

 

本日はアルティスです。

 

トヨタ「カムリ」のOEM車ですね。

一般査定の経験は無いですけど、昔付き合いのあるダイハツさんで1度だけ査定済み。

伝える方も(私も)、伝えられた側も(営業マンも)お通夜モードで、何のためにこの車は存在しているんだろうとその時思った記憶があります。

 

平成29年でいつの間にか生産終了してるようです(どうでもいい)

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

スポンサーリンク

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・DかEのどちらか(データが無い)

 

 

・海外輸出情報

H18~(40系)・・・低輸出に該当

~H17(30系)・・・プチ輸出に該当

最終50系も何か引っかかってそうだけど市場データが無さ過ぎて良く分からず(中輸出くらいはありそう)

 

 

・総評

市場データ見て真っ先に思うのは国内需要が壊滅的なくらい酷いです。

 

かなり売れない車なのでデータ数自体が少ないんですけど、4年経過、8000キロ程度の車でも30%台。

なのでギリギリランクDで留まるとは思いますが、最悪ランクE突入も有り得るなというリセール具合になっていきます。

セダンは厳しい傾向にあるにしてもこれは中々キツいな~一般の方なら値段聞いたら玉ヒュンだよ玉ヒュン!!

 

※玉ヒュンとは(ニコニコ大百科より)

タマヒュンとは、紳士である男性が持つ二つの玉が主に高所やジェットコースターなどの落差、及び恐怖や暴力に晒され恐怖にすくみ上がるその時に感じるヒュンといった感覚に例えられる感覚である。

 

ただ良い部分として、元がカムリというだけあって輸出で最低価格が守られているというのが唯一の救いですね。

今のところ廃車の選択は無しとなります。

 

こうなると「カムリ狙っている人はアルティスをー!!」っていういつもの展開になるんだけど・・・(笑)

そもそもカムリを狙う人が少ないからなぁ。

まぁ一応書いておくか。

 

アルティスは過走行(ダイハツの重役営業車用だと思われる)か低走行(たぶん一般のおじいちゃん)に結構バッサリ分かれています。

ただでさえほとんど市場に無い車な上に、半数近くはぶっ飛び過走行で日本市場には出回りません。

そんな中で探さないといけないので狙うにしても結構ハードルが高い車ではあります。

 

が、高年式低走行をお買い得に買って、売る時は好きに乗り回した過走行を輸出価格で手放す

 

というある意味理想的な展開を狙える上に、型に応じて段階的に輸出価格は下がるものの15年経過でも輸出該当は確認出来ております。

元がトヨタというだけあって輸出の信頼度も厚いですしね。

 

100万ちょっとの費用でそこそこハイクラスな高年式ハイブリッド車を10年以上所有、20万キロ走行(維持費は除く)ということも現実的に可能な内容になってきますので、セダン系に絞らないといけない事情がある方は候補に入れてみては如何でしょうか?

お得な買い物は一般の人がまったく注目しないところにも転がってるもんですよ。

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

 

 

 

 - リセールランクダイハツ車