車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、情報は力、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【アウディRS4アバント】リセールバリューをランク付け!

   

新車価格は1300万超(マジ高ぇ・・・)

 

本日はアウディRS4アバントです。

 

たぶん世間様も、実物を見て1000万以上の車だとは思わない。

ステータスとは真逆の路線を走るのがこの車です(というかRS系全般)

平成30年5月までと、ほんのちょっと前まで販売しており、販売期間もかなり長かったのがRS4の特徴ですね。

 

価格が落ち着くのはどのあたりなのか、後半の残り具合はどんなものなのか。

分かる範囲で調査してみたいと思います。

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・D  38%

 

 

・海外輸出情報

普通に走れば超高輸出の可能性がかなり高い

 

 

・総評

中々面白い相場をしてらっしゃる。

 

市場データは11台のみ。

その中で唯一あった3年経過車両のリセールを3万キロに調整して割り出すと、上記の通りランクDの範疇に収まってきます。

 

まったくリセールが良いとは言えない車。

それが高年式のRS4アバントです。

 

しかし最終モデルの初期となる平成25年式。

5年経過5万キロの数値を割り出すと、リセール数値は約30%強。

 

同じくランクDの範疇で収まり、その差は5%程度しかありません。

 

 

さらにさらに。

一度空白期間があるため前型は平成18年~20年までとなりますが、前型末期の10年経過、距離が5万キロ程度だった場合。

 

リセール数値は33%となり、最終モデルの初期と比べてもほとんど差が無く、取引実数値も30万程度の差になっています。

 

年度落ちや型落ちとはなんなのか・・・

そんなの関係ねぇ!というぐらい後半恐ろしい粘りを見せている。

それが古いタイプのRS4アバントとなります。

最終型はATのみ、逆に前型はMTのみというのもほとんど変わらない価値になっている原因かもしれませんけどね。

 

ちなみに10万キロくらいまでいくとリセール数値は20%程度となるので、年式よりも距離数がかなり大きな影響を与えています。

底値はおおよそ13万~15万キロの間あたり。

ここら辺から価値の変動が見られなくなっていますので、狙っている方はご自身の乗るペースを考えながら美味しいポイントを探ってください。

 

 

そしてほとんどいないと思いますけど現在所有されている方。

 

1万キロ増加が50万減少にもなり得る車です。

 

低年式でも距離が少なければかなりまとまった価値になるということ。

10万キロ程度ではまだ国内需要であることを把握して頂き、もう乗らない方が得なのか、まだ乗っても問題ないのか少し計算して貰えればと思います。

 

カタログには無いけど、17年経過、17万キロ超過でも150万オーバーのこのお車(たぶん輸出)

狙っている人は賢く買って下さいね!

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

 

 

 

 - リセールランク【アウディ】

【アウディRS4アバント】リセールバリューをランク付け!

by にー time to read: <1 min
0