車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、情報は力、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【アウディA6ハイブリッド】リセールバリューをランク付け!

      2018/08/15

当時アウディ発となったハイブリッドモデル。

 

本日はアウディA6ハイブリッドです。

 

この車は珍しいタイプですね。

平成24年に発売したものの27年にはすぐに生産終了と、僅か3年間しか販売期間がありません。

最初はてっきり売れなくてすぐたたんだのかと思いましたけど、考えてみたらアウディって売れなかろうが販売し続けるイメージのあるメーカー。

おかしいなと思って調べてみたら、理由は売れ行きと関係無かったようです。

簡単に言えば、このハイブリッドシステムは自社開発ではなくBMWからの借り物だったので、とっとと見切りをつけてプラグインタイプであるe-トロンを自分達で頑張ったと。

 

なるほどなるほど。

そのe-トロンはベース車両との値段差があり過ぎて大撃沈していたわけですけど、自社(もしくはVWグループ)で頑張ったからあれくらい高くなっちゃったわけですね。

 

逆にこちらは排気量を合わせると

A6の2.0TFSI・・・新車価格638万 燃費11.8km/l

A6ハイブリッド(2000ccのベースグレード)・・・新車価格710万 燃費13.8km/l

 

なんだかe-トロンと比べるとすごく現実的で、借り物のままで良かったんじゃないかと思うのは気のせいでしょうか・・・?

まぁ切磋琢磨してくれるから燃費も向上するわけだし、買わなきゃ損にならないのでとりあえず置いとこう。

 

私は使命であるリセールを調べてみたいと思います!

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・E(推定29%前後)

 

 

・海外輸出情報

過走行データが無いため不明

 

 

・総評

 

この車良いかもしれない。

 

あ、リセールじゃないです。中古で買う分にはという意味です。

 

まずいつものリセールは、末期である27年式のデータが存在しなかったので、各年別の数値から予測で割り出しました。

すると3年経過、3万キロ時は推定29%前後。

まずこのあたりになってくると思います。

 

ちなみに4年経過4万キロで26%

 

5年経過5万キロで24%

 

生産初期の6年経過6万キロで22%

 

27年式と24年式の差が、1年1万キロ計算で約50万くらいとなります。

 

アウディにしては珍しくサンルーフも標準装備っぽいし(データ上の車両は全部付いている)、ブラックだけどフルレザーに純正ナビもたぶん標準装備。

装備がしっかりついた高年式輸入車を、3年所有して落ち幅50万なら充分ありだと個人的には思います。

 

 

そして何より大きいのが、ベースであるA6(セダン)よりも取引実数値が低いというところ。

 

まぁA6(セダン)はクワトロ、つまり4WD。

対してA6ハイブリッドは2WD。

ここに大きな違いは存在しますが・・・(他に見えない部分で色々あるかもしれない)

2WDで問題無いって人は、2WDとハイブリッドパワーで僅かだけど燃費良くなるし、かと言ってプラグインじゃないからめんどくさくないし、それでいて安くて装備も充実。

 

おいおいおい・・・さ、最高じゃねーか!!

 

難点は球数が少ないということですけど(過去3ヵ月で8台のみの流通)、知名度の無さがしょっぱいリセールの原因かもしれませんし、そこはしょうがないところですね。

 

うーん良い所ばっかり見えてくるこの車。

興味のある方はご自身でちゃんと調べてから動いて下さいね。

私も初めて知ったくらいの勢いの車なので!

 

あ、最後に過走行前提の場合は向いてないですよ。

 

輸出底値があるかは10万キロオーバーの車が無いので分かりませんけど、とりあえず国内需要が先行していることは間違いありません。

実際にあるデータから推測すると、同年式の1万キロと9万キロの差が100万くらいはあると思います。

距離の価値減少は結構大きく、逆に乗らないと経過年数の影響をほとんど受けていないような車ですので、年間1万キロくらいまでの人にはお勧め出来ると思います。

 

※ほとんどいないと思いますけど新車で買っちゃった方、まずは涙を拭こう。

そして売る際は平均的な走行距離数なら買取店でOK、極端な低走行や過走行ならデータが不足して足元見られやすい状況になるので、最後の最後はオークション代行出品を考えておくと幾分か幸せになれるかもしれません。

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

 

 

 

 - リセールランク【アウディ】

【アウディA6ハイブリッド】リセールバリューをランク付け!

by にー time to read: <1 min
0