車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、情報は力、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【アウディS4アバント】リセールバリューをランク付け!

   

セダンと比べると流量はこちらが上。

 

本日はアウディS4アバントです。

 

こちらも初期は平成11年からとなる一番古いタイプのアウディS系。

セダンで確認が出来なかった過走行データや一番古い型があれば参考になりそうですが・・・

 

それでも市場台数は50台未満。

19年間販売していてこの台数なので、国産はもちろん、通常タイプの「A4アバント」と比較しても相当流通の少ない車となります(ちなみにA4アバントの流通量は10倍以上です)

 

現在も販売中となります。

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・D(推定)

 

 

・海外輸出情報

平成15年~21年(B6型)・・・プチ輸出に該当

 

 

・総評

こちらも新しい方はセダンと一緒の流れですね。

平成28年のFCを待たれたのか、前型末期となる平成27年式のデータは無し。

 

いつもの3年経過時のリセールは予測でしか割り出せません。

 

1台だけあった26年式のデータから予測値を出すと推定37%くらいなので、セダンより気持ち高いかな?程度の結果になります(ただしアバントの方が新車価格30万ほど高い)

 

あと現行データも3台ほど確認出来たので、こちらも割り出してみると

 

平成29年式(1年経過)の1万キロ目安・・・約70%

てっきり60%台中頃くらいかと思ってたのに、セダンとは約10%ほどの結構な差。

価値の減少と共に差が縮まるのが普通ではありますけど、この数値を見ると現行型を新車で買いたい方はワゴン優勢。

現行の中古狙いの場合はセダン優勢。

そして、型落ちしたらお好みでというのが金銭メリットの強い購入方法になっていきます。

 

ただなぁ・・・

一番損失ダメージの少ない軽微な後方事故でも200万価値が下がっているので(1年経過時で比較)、かなりハイリスクとも言える車ですね。

過失0の追突事故でもこの損失と考えると・・・私はビビッて乗れません(笑)

万人受けする車では無いため、強烈な選別が入っていることを理解して買う必要はあると思います。

 

しかしFCを挟むと25%くらいは損失かー・・・

 

金額にすると約200万ほど。

 

このクラスなら当たり前なのか?と最近思い始めてきましたけど、冷静に考えれば新車の国産コンパクトカーがすっぽり収まる落差が発生するわけですよね。

2000万3000万の富豪用の車と違って新車価格が800万くらいの車なわけですから、中には好きで憧れてなんとかお金を貯めて・・・(ただRSには届かなくて・・・)

たぶんこんな購入者も過去にいたんだと思います。

こういった方にとってのFCで200万マイナスは極大ダメージだと思いますので、たまたまでも良いからこの記事を見て貰えたらぜひ売り買いのタイミングを真剣に調整して欲しいですね。

それで「回避出来たー!!」ってなったら記事作った甲斐もありますし!

 

 

は!

 

いかんいかん。

記事が終わりそうな雰囲気になってた。

 

あとついでに確認しておきたかった古い方の輸出?底値の状況もチェックしていくとー・・・

 

あれー

 

あれあれー

 

S4セダンで底値がどこか探って、30~50万くらいか?なんて予想してたけどもっと低いなこりゃ・・・

 

都合良く20万キロコースの車がありましたが(データは平成16年式)、その取引価格はプチ輸出枠。

 

なるほど、S系の底値はここかっ!!

 

15万キロ程度ならまだ国内需要によってそれ以上の取引価格に結び付きそうですし、10万キロ未満なら中~高輸出枠の取引にはなるので息の長い車です。

普通に乗っている分にはまず到達することも無いでしょう。

 

ただ本当の底値という意味では“大したこと無い”のが分かりましたので、くれぐれもRSとは同列や多少の下位互換とは見ないようにしておきましょう。

廃車にはならないけど・・・

この程度が最終着地点になるので、10万キロ超過したくらいでもまだまだ価値が下がること。

底値には到達していないことを、これから買おうとしている方や所有されている方は把握しておくと得に繋がりそうですね!

 

※S4セダンの方も一部記事を修正しておきます。

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

 

 

 

 - リセールランク【アウディ】

【アウディS4アバント】リセールバリューをランク付け!

by にー time to read: <1 min
0