車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、情報は力、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【アウディS4】リセールバリューをランク付け!

   

これは良い参考数値が取れるかも。

 

本日はアウディS4です。

 

今までほぼ接点が無かったので知りませんでしたけど、S4は結構古くから販売されていたんですね。

初期は平成11年から。

 

S系が今後どうなっていくかを予想する上で、良い判断材料になるかと思います。

 

現在も販売中となります。

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・D

 

 

・海外輸出情報

平成15年~21年型・・・中輸出の疑い有り

 

 

・総評

あぁぁぁ・・・

古い方のデータはあったけど新しい方が全然ダメだ(笑)

平成28年10月にFCが入っており、その直前は購入検討者に待たれたのか全然データがありません。

 

唯一近いところであったのが平成26年式の1台のみ。

これが1万キロくらいで取引数値は300万ほど。

リセール数値にすれば39%となります。

1年繰り上げて3万キロに調整したら35%弱くらいか?

んーFCの影響があるんでしょうけど、それでもかなり低いですね・・・

 

ちなみに1年1万キロの現行型で数値は約60%

30年式未使用車が仮に存在したとしても数値は60%台でしょうから、新車で買うと大損するタイプのお車ということになります。

 

さて、高年式で分かるのはこの程度になりますので、あとは年数経過によってどう推移していくのか

S4はここら辺をがっつり見ていきましょう。

 

まず6年経過6万キロ。

これで200万を少し切ってくるくらい。

リセール数値で言えば25%ほど。

1年1万キロペースで走れば、おおよそ27年~24年の3年間で年間30万くらいのペースで落ちていく計算となります。

そして平成24年に前型のMCがあり、ここで前期後期が切り替わりますので、上記数値は後期タイプと思って下さい。

 

対して24年以前の前期タイプはというと、一気に平均的な価値が減少し100万台前半が主流。

中には100万を切るデータも現れだします。

24年のMCによる価格の影響は推定50万ほど。

輸入車らしくまだまだ影響が強いようで、8年8万キロでのリセール数値はおおよそ15%くらいが平均値となります。

 

ここまでは落ち方の波はあるにしてもひたすら下がるだけ。

そしてそれが止まり始めるのがさらに前型。

 

平成21年以前となります(平成15年~21年の4.2リッタータイプ)

 

この型になると、低走行は国内需要により100万まではいかないけど50万以上の取引価格に。

逆に10万キロ前後くらいまでいけば、輸出かは断定出来ませんが底値のようなものによって年式の影響を受けておりません。

枠で言えば中輸出枠での取引となりますので、ここら辺が現在販売されている新しいS系モデルの着地点になる可能性が高そうです

 

所有されている方は、底値到達状態であれば引っ張って乗る方向で(ただし大きな修理費用が発生する場合は別)

距離数が伸びていなくてまだ大丈夫そうな方は、伸びる前に動けば相応の恩恵はありますので、ご自身のペースで売却タイミングを決められて問題無いかと思います。

 

最初の落ち方がかなり豪快。

ただ10年くらい経過してやっと落ち着くので、RS系を買うほどの予算、勇気が無いなんて方は参考にしてみて下さい。

 

 

おまけ

本当はさらに前の型。

平成11年~15年のB5型も見てみたかったんですけどね。

こちらは残念ながらデータが存在しておりませんので、さらに古くなるとどうなるかまでは分かりません・・・(廃車は無いと思う)

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

 

 

 

 - リセールランク【アウディ】

【アウディS4】リセールバリューをランク付け!

by にー time to read: <1 min
0