車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

リセールバリューをランク付け! 【キャリイトラック】

      2017/02/28

農家の強い味方。

 

本日はキャリイトラックです。

 

キャリー。キャリー。キャリーぱみゅぱmy・・・と思ったら“キャリイ”だった。

 

ご依頼があったから調べようとは思いますが・・・

 

この記事誰が見るんだろうな・・・

 

農家のじい様方はまず見ないだろうしな・・・

 

キャリイトラックのリセール調べますとか言っといて、管理人のやっているゲームの話を熱く語って終わらせても問題無いような気もする。

 

あ、一応平成25年9月にFC入ってるんでそれ以降で調べますね。

 

スポンサーリンク

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・S  62%

 

 

・海外輸出情報

平成19年~(10年規制?)・・・中輸出に該当

平成17年~18年(境目が曖昧)・・・プチ輸出に該当

~平成16年・・・極プチ輸出~プチ輸出に該当

 

 

・総評

えーと、軽トラックの場合は荷台に何を積むか、どういった仕様にするかでかなりバリエーションが増えます。

ここら辺は普通のトラックとかでも同じですね。

 

冷凍機能付きのアルミバンを上に乗っけたいのか、ダンプにして荷台を動くようにしたいのか、ガス屋さんみたいに垂直ゲートリフターを付けたいのか。

 

仕事の用途によって変わっていきますし、こんなのまで調べてるとキリが無いというか正直分からないので、あくまで普通の平ボディ(農家とかで使うようなベースの状態)で見ます。

 

また、グレードはほぼベースの安い方が一般的ですので、軽トラックはほんとのグレード別まではやりません。

 

だって皆さん・・・軽トラックって言ったら大半が白いでしょ?

上位グレードだけに設定がある黒い軽トラックとかほとんど流通無いしね。

 

軽トラックの重要な部分はそこじゃないし簡略化!

 

ではグレード別です。

KC MT 2WD ランクS

KC AT 2WD ランクA

KC MT 4WD ランクS

KC AT 4WD ランクS

※全てエアコンパワステ付きで算出

 

上下差は5%。

たぶんこれで充分かなーと思います。

 

では次にこの車の特徴です。

・エアコンパワステ無しはマイナス3~5万ほど(新車価格は+12万)

・ノウハン仕様はほぼ変わらず(新車価格は+3万)

・多少キズがあるくらいじゃ価値は変わらない

・多少走ったくらいじゃ価値は変わらない

・多少汚れたくらいじゃ価値は変わらない

 

以上である。

 

あくまで仕事用の車。

この車で彼女とドライブ・・・なんて話にはまずなりません(いたらごめん)

 

なので一般的な車に比べたらマイナス要因による価値の減り方は非常に少ないですね。

 

 

イメージとしては・・・

 

未使用車(さすがに完品を求めている人用で需要が高く価値も高い)

 

新古車(5千キロ~あたりで一回ちょっと大きめに下落

 

中古車(そこからユルユル~かなりユルユル~)

 

こんな感じです。

 

そしてこれが一番の特徴かな?

軽トラ系はかなりしぶといです。

 

新車価格は相当安いくせにまず廃車になりません。

 

おまけに一部そこそこの輸出にも該当。これが強い。

 

作成しているこの時点では平成19年以降の場合、ほぼ中輸出確定。

走行距離が40万キロ超えても大丈夫です。

 

そして19年(10年規制?)を通過してもまだ大丈夫。

プチ輸出・・・極プチ輸出・・・と段階的には落ちていきますが、25年以上経ったって普通に走れば廃車にはならないという凄まじいしぶとさです(笑)

 

初期投資を抑え、維持費を抑え、好きに使い倒しても価値を残すという意味ではある意味最強クラスですね。

 

購入を考えられている方は金額が安いので新車でも良いと思いますが、3年落ち以内、1万~2万キロくらいの良質なキャリイが見つけられればタイミング的にはベストだと思います。

過走行(ボコボコ)なら輸出を意識して、低走行ならお好きなタイミングで。

これだけでだいぶお得な買い物になりますね。

 

ほんとはディーラーで下取りとして投げ捨てているおじいちゃんに見て欲しいんだけどなーと思うキャリートラックでした!

 - リセールランクスズキ車