車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、情報は力、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【CR-Z】リセールバリューをランク付け!

      2017/04/02

当時は86(BRZ)のライバル車・・・だったと思う。

 

本日はCR-Zです。

 

つってもハイブリッドとガソリン。

同列に並べるのも無理があるわな。

 

何回か買い取ったことはありますが、スポーツに寄せたハイブリッド車って印象でした。

それでもハイブリッドスポーツなんて結構新しいジャンルだったと思うんですけどね。

 

平成22年から販売開始してましたが、先月(29年1月)生産終了してしまいました。

 

スポンサーリンク

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・A  56%

 

 

・海外輸出情報

なんでも中輸出に該当

 

 

・総評

うーんやっぱりこの車もスポーツカーなのかな?

グレード別を見た方が分かりやすいと思うので、とりあえずグレード別。

β(AT) 不明

β(MT) 不明

α(AT) ランクC

α(MT) ランクS

αマスターレーベル ランクB

αマスターレーベル ランクS

 

一番良いのはαマスターレベルのMT(αのMTとほぼ変わらない)

βは消息不明でした。

 

 

まず調べてて最初に思ったこと。

 

 

グレード名がなんかカッコいい・・・

 

なんだ?ガンダムか?

 

αマスターレーベル 無限パーツ換装型MT仕様

 

 

 

なんかちょー強そうじゃん!!

 

ほんとは名前だけでランクSSS付けたいところだけどここはグッと我慢。

 

 

よし真面目にやろ。

まず生産終了案件だったのでしょうがないんですが、後半の流通量は悲惨です。

26年だけじゃどうにもならないので25年以降で調べましたが、それでも過去2か月にわずか15台。

もうグレード別も無理やり出したって感じ。

 

ちなみに平成22年からの全体を通してみると185台。

 

いかにこの車がスタートダッシュ型だったかが分かりますね。

 

結構大々的に宣伝してた気がするもんなぁ。

25年のMCがほとんど販売促進に繋がってなかったと考えるとちょっとホンダ可哀そうだわ・・・

 

そしてATとMTの比率は全体通して見た時に丁度2:1の割合。

 

ATの方が多いです。

 

これはー・・・ハイブリッドってこともあって本格派が避けたんでしょうね。

自分がサーキットバンバン走りますってタイプの人間ならハイブリッドは避けるしな。

 

雰囲気を楽しみたい中~年配層がメイン購入層だったのかなーと思います(だから86がライバル車設定だったのか?)

 

そしてスポーツカー枠なので、金銭的に厳しい若者層が中古で狙う際には、球数少ないMTが余計にリセール引き上がると。

 

なんとなくですが管理人予想はこんな感じです。

 

 

では大して比較対象も無かったですが、この車の特徴を。

・スポーツカー枠だけど(なんちゃってだからか)色は厳しめ

・白黒強い、赤、黄色、シルバー特に弱め

・修復歴が-30~50万コースとかなり痛い、初期の平成22年でもダメージは数十万です

 

こんなもん。

 

経過年数、状態などのバランスによってですが、10万キロあたりを分岐に輸出底値に入っていきやすくなります

 

あとはー・・・これ注意ポイントですが、一応CR-Zはスポーツカー枠。

ただその中でも大人しめと言いますか、あまり派手にブイブイ言わすタイプの人が乗る車ではありません。

 

市場データ見ているとたまーに派手に改造している車がありますが・・・

 

かなり付加価値が弱いので、やりたければもっと改造受けの良い車でやりましょう。

 

ほぼお金捨てることになると思いますし、同じハイブリッドでもプリウスの方が遥かに改造受けは良いはずです。

 

管理人的にはあまり接点多くありませんが、なんとも中途半端な感じで終わってしまったという印象があるCR-Zでした。

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

 

 

 

 - リセールランク【ホンダ】

【CR-Z】リセールバリューをランク付け!

by にー time to read: <1 min
2