車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

リセールバリューをランク付け! 【デミオ】

      2016/09/16

本日はマツダの代表コンパクトカー!

 

デミオとなります。

 

正直いい思い出は何もありません(笑)

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・C  45%

 

 

・海外輸出情報

3代目(平成19年~)・・・ほぼプチ輸出に該当

現行(平成26年~)・・・不明(中輸出に該当しているかも)

 

 

・総評

平成26年でFCが入ってますので、調べたのは前型となりますが・・・

 

グレードによっての差がかなり大きい車となります。

 

まずはグレード別です。

13-スカイアクティブ ランクC

13C(MT) ランクD

13C(AT) ランクC

13CーV スマートEDⅡ ランクB

13C(4WD) ランクA

15C(MT) 不明

15C(AT) ランクD

スポルト(MT) ランクC

スポルト(AT) ランクD

 

以上となります。

 

上下差は約20%

 

前型は新車価格は安い部類とは言え、この差はかなり大きいです。

一番高いのは13Cの4WD、一番低いのがスポルトのATでした。

 

特徴としては、以前アクセラではスカイアクティブが辛酸舐め舐めしてましたが、デミオでちょっと回復してますね。

ベースと10%弱ほどの差があるので、これでマツダも開発した甲斐があったってもんでしょう。

ただスマートEDに負けてるのがなんとも切ないですが(笑)

 

全部に当て嵌まるかはなんとも言えませんが、コンパクトカーは結構スマートキーやプッシュスタートの需要が高いです。

過去に記事にしたので言えばアクアもそうですね。

この需要がそのまま結果に表れております。

 

 

そして1500ccタイプ。

スポルトは昔からあるちょっとスポーティー仕様だったはずですが・・・

なんかスポルトの画像見ても走る系にちっとも見えない。

 

普通のコンパクトカーやん。

 

よってリセール、流通量共に死んでます。

普通の15Cはもっと死んでます(ほぼ姿が見えない)

 

 

あとはそうですねー色の需要はそこまで差がありません。

白黒最強伝説はこの先も、そして大概の車でも続くと思われますが、シルバーだったりブラウンだったり紺だったり・・・

年配の人も乗るのでそこまで心配しなくても大丈夫。

 

ただ修復歴は当たり前ですが、キズや凹みもかなり大きく価値を落とします。

オークション評価点での価格差がかなり激しいので、もし乗っていてキズや凹みなどの難がある方。

まずそのままじゃ丁度3年経過3万キロくらいだったとしても、上記のようなリセール付近ではまったく売れないと思って下さい。

 

以前記事にしましたこちらを参考に、直すべき部分は直した上での売却をお勧めします。

 

過去記事・・・今あるキズは売る時どうすべき? 直すor直さない

 

 

あとこちらを希望された方が気にされていた現行型のXD(MT)ですが、サラッと確認してみた。

MTの流通量はディーゼル系全体の10分の1ほど。

 

需要はオートマによっているようです。

MTのリセールはATより気持ち落ちるかな?程度ですね。

 

2年経過2万キロ時あたりで70%台後半と、コンパクトカーにしてはまずまずな内容かと思います。

 

ただデミオは元から輸出に強くありません。

というかかなり弱いです。

 

新型から新車価格は跳ね上がり、ディーゼル設定も出ちゃって悩む人多そうですが・・・

 

現状、他マツダディーゼル車を見ても特別輸出に強くはなっていない点から、買うなら国内意識してATの方がよろしいかと思います。

コンパクトカーは輸出にハマらなかったら、スポーツ系でも無い限り必ずATが勝ちますので。

 - リセールランクマツダ車