車売却前に知っておくべき知識

廃車だけどあんたそれはちょっと違うでしょ・・・って話

投稿日:

これはもう何年も前。

まだ私が買取店勤務時代のスタッフだった頃のお話です。

 

とある日、やたらと派手なミニバンに乗って30代前半くらいのお兄さんが来店されました。

 

「車を売ろうと思ってるんですが~」という良くある挨拶を交わしながらとりあえず店内へ誘導。

車の型がかなり古めだったので、これは厳しい商談になりそうだぜ・・・とビクビクしておりました。

 

お客さんに受付表を書いてもらいつつ、いそいそと査定の準備をし、書き終わったかなーとチラ見したらまだ書いてる×3くらい繰り返し・・・

そして挨拶と合わせて受付表を見る。

 

はぅううう!

 

やっぱりそうですよねぇ・・・

 

一生懸命書いたであろうアピールポイントがもうビッシリ。

 

記載枠を完全にはみ出すくらいにビッシリ。

 

「うわー随分色々と弄られたんですね~・・・」

と褒めてはいない誉め言葉を言うと

 

「自分車弄るの好きなんですよ~余裕で100万以上は掛けちゃいましたね~へっへへ」と。

 

そんな眩しい笑顔を私に見せないで!!

 

今でも覚えている100万という言葉。

 

重い。重過ぎる。

 

どう考えても、どの角度から見ても、逆さまに見ても、車の価値より遥かに高い・・・

 

スポンサーリンク

 

しかしだ。

 

これを言うのはまだ早い。

 

ある意味私にとっての切り札である(自分がブッタ切られて激オコ帰りしてしまう可能性があるため)

とりあえず車を見てからにしようと、記載して貰った受付表片手に査定を行う。

 

うはー・・・

 

今だに覚えているものだけでも一応書いとこう。

見ている人が参考になるかもしれませんしね。

 

・なぜかミニバンなのに運転席がレカロのバケットシート(腰が悪かったのかな?)

・ヘッドレスト、バイザーモニター、バックミラーモニターなどモニター沢山

・アンプ、社外スピーカーいっぱい、ウーファー(おまけにデッドニング加工まで)

・車高調、当時大きかったアルミ(たしか19インチくらい)、派手だけど状態がそこそこ綺麗なエアロ

・マフラー、なぜかエアクリやタワーバー、パイプ関連もチラホラ

その他、社外のウィンカーミラーとかインパネを独自に加工してたりとか・・・

 

一目であぁ~お金は掛けてますよね~掛けちゃいましたね~と分かる弄り方をしておりました。

 

そして止めの距離数。

 

17万キロ!!

 

これはあかん。どうにもならん。廃車確定である。

 

そして商談開始早々・・・私は切り札って何だろう?というくらい簡単に切り札を使うことになる。

 

私「お待たせしました・・・頂いた情報を基に価格算出を行ってみたんですが・・・」

私「すいませんお金を掛けられているのは分かるんですけど、もう年式と距離数から再販を行うことが出来ないようなんです」

客「ん?つまり?どゆこと?」

私「つまり・・・廃車で・・・お値段をお付けするのが難しいということです・・・」

 

ピクピクしていた。

 

私が。

 

お金を掛けているのは間違い無い。

 

それがニュアンスで0円。0円と来たもんだ(ほんとは1万円くらいまで出せるけど)

 

逆の立場だったら茫然としてしまうし、人によっては舐められてると憤慨する人もいるかもしれない。

 

今なら「そんなもんだ」と堂々とお客さんの目を見て言えるけど、当時はまだまだピュアだったので下を向いて受付表をボーッと眺めてた記憶があります。

 

なぜか私が罪悪感でいっぱい。そんな状況。

 

 

するとお客さんから予想外の言葉が・・・

 

客「やっぱりそうですよね~古いし距離走ってますもんねぇ」

私「へぁ?」

客「私、整備の人間なんでまぁ予想はついてたんですよ。だからちょっと失敗したなーって」

 

この時、「この人は神かっ!!」って思った。

 

ここまで物分かりの良い人は中々いない。

というかまずいない。

 

大なり小なり「こんなに装備付いてるのに?」「装備の分は上乗せされないの?」「これだけ金掛けて廃車ってことはないでしょ?」と駄々を捏ねる。

それが廃車をすんなり受け入れてくれるなんて・・・

 

もうMAX出す!1万円くらいだけど出す!!そんな晴れやな気分になっていた私。

 

しかし・・・ここから話がおかしな方向になっていく。

 

客「廃車ってことは付いてる装備はあまり関係ないってことですよね?」

私「そうですね・・・残念ですがプラスになりません」

客「それでは付けるの自分でやりましたし、外せるものは自分で外してしまって大丈夫ですか?」

私「もちろん!ご自身でされるなら大丈夫ですよ!」

客「廃車ならタイヤも外したいんですけど、替えのタイヤがないんですよ。それでも大丈夫ですか?」

私「提携している解体業者に直接取りに行ってもらうようにすれば・・・なんとかなりますね」

客「レカロシートを外してもなんとかなります?」

私「どのみち釣り上げるんで、釣り上げやすい場所に車を配置しといて貰えば席が無くても・・・はい」

客「ってことはドアとかパネル類も大丈夫ですよね。あれ地味に売れるんですよ」

私「へ?うーんさすがにそこまでの経験はありませんが・・・たぶん・・・」

客「エンジンもいいですか?うち重整備も出来るんで」

 

私「は???」

 

まだその当時はそこまで車業界歴が長くなかった。

ここまで取り外そうとする人は・・・自分以外の商談を含めても初めての経験。

 

この人・・・なんかおかしいぞ・・・?

 

カイジの背景のようにザワザワしてくる。

 

すぐさま事務所に戻って当時の支店長に確認。

 

私「エンジン無くても廃車業者って車買ってくれるんですか?」

 

支店長「知らねーよ。つーかそんな何も無い粗大ゴミ誰がいるんだよ。バカなの?」

 

へぐっ・・・

 

で、ですよねー・・・

 

ってかなんで俺が怒られてるんだ・・・?

 

俺が怒られた理由はなんだ・・・?

 

そうか・・・ちょっと前まで、神っ!!って思っていたあいつのせいか・・・?

 

すぐ様お客さんのところに戻り

私「さすがにエンジンまで無い粗大ゴミはいらないそうです」

 

あ、粗大ゴミって言っちゃった。ちょー冷めた顔して言っちゃった。でも間違えではない。

 

客「はは・・・ですよねさすがに調子に乗り過ぎました・・・」

 

▽ ▽ ▽

 

結局ドアやらボンネットやら・・・

スッカスカの風通しが恐ろしく良い状態となった車を廃車業者は引き取っていきました。

 

ちなみに・・・これでも取引金額は変わらなかった。

 

そう、長々と書きましたが私が言いたかったのはこれ。

 

金額変わらなかった!!!

 

まさに外し得、労力に見合うのかはよく分からないけど外し得である。

 

 

 

というわけで、ここからは経験に元ずく「廃車はどこまでバラしていいのか」に関しては軽くお伝えしていきます(なげーよとか言わないで

 

まず、ナビやらスピーカーやらモニターやら・・・

電装関係は全部オッケー(経験済み)

 

内部パネル、椅子、ハンドルとか・・・

内装類も全部オッケー(経験済み)

 

ヘッドライト、エアロ、アルミ、足回り、マフラーなど・・・

外装パーツ類、これも全部オッケー(経験済み)

 

とりあえずここまでは金額が変わらないことは何度も経験しています。

 

で、問題はここから。

今回の実例にあったドアやらボンネットの類。

 

当時は変わらなかったと思いますが、ちょっとだけ、ちょっとだけここら辺は怪しい。

 

廃車の価値は排気量で決まりますが、その裏には“鉄の重量”という設定が隠れています。

 

単純に言えば排気量が重いほど鉄の重量が重い。

なので価値も高くなるということです。

 

中には重量をチェックする解体業者も存在するため、ドアパネル1枚くらいなら問題無いでしょうが、全部取っ払うとかはちょっと料金下がる可能性もあるかもしれませんのでご注意下さい。

まぁそんなことする人ほとんどいないと思いますが(笑)

 

ヤフオクとかで売りたい人用ですね。

 

そしてエンジンが無い車。

 

これは本来の解体基準を満たさなくなります。

 

過去に数度経験がありますが、料金をガッツリ下げられるか引き取り拒否を食らいました。

 

私のところは重整備が出来ないので自ら外すことはありませんけど、たまに部品取り車両でエンジン無い車とかあるんですよね。

エンジンが無い=ほんとの粗大ゴミと認定される可能性がありますので、古いスポーツ系の車なんか乗ってる人がたまに該当しますけど気を付けて下さいね。

壊れていてもいいんで、乗せ換えたい場合は取り外した車両に戻すことをお勧めします。

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【カーネクスト】

一通りの諸費用無料、そして車体に対してお金を出してくれる可能性が高い全国対応の廃車業者です。

廃車の場合は価格の割り出しもスムーズなので気軽に問い合わせてみましょう。

ただし交渉は必ずしましょうね!

それで数万円変わる可能性もありますから。

 

 

【廃車ひきとり110番】

一通りの諸費用無料、車体にお金出してくれる率90%以上の全国対応型廃車業者です。

そして車検が残っている場合、自賠責保険や重量税などの還付金も事前に含めて支払ってくれます。

車検が残っている車の廃車を検討している場合は非常にお勧め!

しっかり交渉していきましょう。

 

 

-車売却前に知っておくべき知識
-

執筆者:


  1. あすかパパ より:

    こんにちは。
    そういう方、やっぱりいるんですね(笑)
    自分もほぼその一人なので(笑)
    昨年までセカンドカーとして乗っていた初代のbB。
    友人に頼んでオークション落札してもらい、落札金額からして恐らく廃車レベルで下取りしたであろう車両。
    豪華にナビ、17インチ、車高調・・・とまぁいろいろ付いてた後期とは言え15万キロ(笑)

    信号無視の車両に側面からぶつけられて修理金額が50万となり廃車する事にしましたが、友人の廃車買取業者に買取を依頼した時に社外パーツは全て自分で外して買い取ってもらいました(笑)
    保険金、リースで貸した副業利益、外したパーツの売却益でそこそこの利益を叩き出してくれました(笑)

    ロシア輸出バンザイだった頃も車屋の友人と一緒にトヨタの1JZターボ事故車引き取りで相当遊ばせて貰いました(笑)

    • にー より:

      ここまで外すことを望む方は超レアですね(笑)
      ご自身でどこまで外せるかという技量が関わってきますので、外したいなと思ってもそのままにしちゃう方も多いと思います。
      お知り合いにバラすの得意な人がいれば共同でやっても良いと思うんですけどね~それこそお金が数倍になる可能性も秘めていますからね!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

車売却の際に知っておくべき知識 【修復歴】

一度車買取店の内情から事前に知っておくべき知識の方へ内容を変えていこうと思います。 事前の準備があった上での査定ですからね!   では今回はこちら「修復歴」について。 非常に重要な部分なので …

車の売却 大手が現金買取をしない理由

急にお金が必要!! 我が人生最大のピンチ!!   こんなこと起きて欲しくはないですが、中にはそんな状況に見舞われる方もいます。 そんな時に手早くまとまった金額を手にするには証券の現金化、定期 …

【セフィーロワゴン】リセールバリューをランク付け!

この頃はステーションワゴンも流行ってました。   本日はセフィーロワゴンです。   セフォーロ(セダン)の2代目、32型から登場し、そのまま32型で世を去りました。   …

専門店での売却 そのリスクとメリット

買取店以外の売却方法第五弾。   専門店での売却!   そのリスクとメリットについて解説していきます。       専門店とは   その系統 …

オートオークションの詳しい解説Ⅱ

前回のオートオークションの詳しい説明の続きです。   オークション会場も大小様々有り、会場によって同じ車でも売れる値段が違うこと。 大手でもその制約の中でやっている会社があることを説明しまし …

廃車だけどあんたそれはちょっと違うでしょ・・・って話

by にー time to read: <1 min
2