車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、情報は力、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【ハイエースバン】リセールバリューをランク付け!

      2018/01/13

法人の強い味方。

 

本日はハイエースバンです。

 

仕事でもプライベートでも、乗っている人は非常に多い車種ですね。

 

興味深々な人も多いやろ?

 

今調べるからちょっと待っとれーい!

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

スポンサーリンク

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・S  64%

 

 

・海外輸出情報

全ての内容で輸出該当

7年規制有り

 

 

・総評

えー・・・

 

冒頭大口を叩きましたが・・・

 

誠に申し訳ありません・・・

 

この車は複雑過ぎて”詳細を調べるのは断念”となります・・・

 

もう車の値段設定枠が広すぎるなんてもんじゃないよ。

1個1個リセール調べようもんなら徹夜になっちまう!

 

敢えてトヨタホームページのリンクを張る。

一体何十種類の細かい設定作っているのか見てみて下さい・・・

トヨタホームページ(ハイエースバン)・・・http://toyota.jp/hiacevan/grade/

 

 

まぁ1時間くらい色々調べてみた結果、ほぼリセールの割合はランクA~ランクSの範疇に収まっています。

一番良さそうなのは”スーパーGL系”ですね。

あ、GLパッケージは含まれませんので勘違いしないようにして下さい。

 

 

ワゴンと比較すると「あれ?低くね?」って思うかもしれませんね~。

まぁ・・・

この車が真に強いのは海外です。

 

基本的には2年3年で売るタイプではなく、長く、そして距離を多く走ることによって真価を発揮する車ですので本来は商用目的ですし、プライベートで買うには向き不向きがありますね。

会社で使っている人は新車リース率かなり高いですし(中古を買わない)

 

 

ちょっとこの車は色々特殊なので今までの書き方を内容を変えます。

高く売るためのポイントを残しておきますので参考にしてみて下さい。

 

燃料

ディーゼル >> ガソリン

 

ドア数

5ドア >> 4ドア

 

シフト

マニュアル >> オートマ

 

駆動

2WD  >>  4WD

 

高さ

ハイルーフ >> ロールーフ

 

乗車定員

多い >> 少ない

 

 

大まかに書くとこんな感じ。

こういったポイントを的確に押さえると、より輸出に強い車両となり高額売却が狙えます。

 

 

この車の場合、仕事でガッツリ使う人と趣味などの遊び車用とでバッサリ分かれると思います。

あまりメインカーでこれ1台ですって人は見ないですしね。

 

 

 

・まず仕事で使っていてバンバン走る方

7年規制があります。

7年規制内であれば超高輸出ですが、外れると一気に中~高輸出に落ちます。

当然落差は数十万単位です。

 

”高く売りたいなら”しっかりと意識して、新しいハイエースにでも乗り換えをしていきましょう。

ちなみに走ること前提ならグレードはスーパーGLでなくても問題ありません。

DXとの新車価格差を考えたらDXの方が幾分か特になりますので(今の段階では)

仕事で使うだけって人は「DX」で充分だと思います。

 

 

・趣味カーとしてプライベートで使っている方

結構モデリスタのエアロ付けたり、アルミ変えたり改造している人も多いと思います。

でも大丈夫。

 

国内の需要も結構ありますので、弄った分の評価はしっかり入るタイプの車です。

 

ただその場合、内外装の状態や色、修復歴や距離数などなど・・・

国内のニーズが求められますので大事に乗ることをお勧めします。

もちろん選ぶグレードは「スーパーGL」一択です。

 

 

・もうだいぶ古くなった100系ハイエースバンに乗っている方

分かっている人が大半でしょうが”ラッキー”です。

どんなにボロボロでも低~中輸出に該当しますので(低床のがなおよろしい)、ワゴンよりも高く売却が出来ます。

ほぼほぼ外人が買いますので、汚くても大丈夫。

 

エンジン、ミッションだけ正常であることを確認して売却しましょう。

 

舐められたら「0円です^^;」と言われちゃいますから頑張って下さい。

 

 

 

あとグレード設定枠に「ルートバン」がありますが・・・

 

窓塞いじゃうのは国内外含めて需要が落ちます。

特に過走行で海外行きの場合は、最悪”エンジンの値段”しか見られなくなる可能性がありますのでご注意下さい。

 

 

 

 

では最後に。

 

レジアスエースはハイエースじゃねぇ!

 

 

とだけ言っておきます。

 

 

レジアスエースに乗っている方。

残念ですが「エンブレム以外一緒だろ」とこの記事を見ても、リセールの内容は異なりますので勘違いしないようにして下さいね。

 

 

 

 

【更新】2018年1月12日

イヤッハー!!!

大変な車が更新アンケートで1位になっちまったぜー!!

前にやったのは1年半以上前かそうかそうか!

 

もう既にここで「お疲れ様でした」って言って記事終わらせたいところだけど、アンケートは絶対だから泣きながらやってやんぜー!!

 

 

しっかり勉強してくんだぜ?

 

 

というわけで始まりましたハイエースバンの更新です。

最初の記事は余りにも膨大なグレード数に管理人は泡を吹き、グレード別をやらずに逃げ出すという情けない内容だったので・・・

 

今回は・・・気合を入れてやろうと思います!!

 

で、グレードリストを改めて見たんだけど、オェッ・・・ウェッ・・・やっぱり多過ぎるよよよ・・・

 

なので今回は大枠。

 

あまりMTorATとか4ドアor5ドアとか細かいことは気にせず、大きなグレードとして割り出してみます。

 

真面目なお話、下記の問題点から本当に細分化したグレード別はハイエースバンの場合調べられません。

・グレード数が多過ぎて分散化がひどい

・商用バンのため、3万キロ前後の良好な車なんて数えるほどしかなく、大半はきったねええええ車ばっかりで比較対象が作れず

・当時のカタログから新車価格を照らし合わせるのが死ぬほどめんどう(え

 

こういった理由からやれても大きな枠で平均値を取るくらいしか出来ませんので、それでも宜しい方のみこのままお進みください。

 

 

 

それではグレード別です。

※一応年も変わったので、ちょっと早いですが27年式(3万キロ目安)を調査しております。

2000cc ロングDX(2WD)     ランクS

2000cc スーパーGL(2WD)    ランクSS

2700cc スーパーロングDX(2WD) ランクSS

2700cc スーパーロングDX(4WD) ランクSS

3000cc ロングDX(2WD)     ランクA

3000cc ロングDX(4WD)     ランクA

3000cc スーパーGL(2WD)    ランクSS

3000cc スーパーGL(4WD)    ランクSS

※2000ccと2700ccがガソリン、3000ccがディーゼル

 

上下差は21%。

一番高かったのは僅差ですが2000ccのスーパーGL(2WD)

逆に一番低いのは3000ccロングDX(4WD)となりました。

 

以前調べた時は印象としてどれもランクA~Sという感じだったので、27年式調査とは言えまだ3年経過の相場が確立されてないことがリセール数値向上の要因なのかなと思われます。

3万キロの程度良好車じゃバリバリの国内需要ですしね。

 

で、上のグレード別を見て突っ込みたいところは大体皆さん同じだと思います。

 

3リッターのディーゼルDXリセール低くねぇ?

 

私も最初何かの間違いかと思って調べなおしてみたんですが・・・うーん。

全体的な数値を見ても間違ってはいないようなんですよね。

 

 

理由としては最初に作成した記事に記載の通り、商用バンの需要は法人比率が高い

そして法人の場合は見た目どうこうより、“荷物が積めて運べること”が何より重要になってきますので、普通はスーパーGLよりDXを選ぶ傾向にあります(建築系はなぜかスーパーGL選ぶ比率高い気がするけど)

そうなるとリース契約で新車をバンバンまとめ買いしてしまうので、程度良好で国内に回るようなレベルのDXに関しては中古需要が下火になってるのかなーというのが管理人の予想になります(早い段階で輸出ラインに到達する)

ちなみに2000ccのロングDXもランクSにはなっていますが、3000ccディーゼルのロングDXとそこまで大きなリセール差はありません。

 

それとDXに設定としてある「スーパーGLパッケージ」についてはおおよその目安として15万前後の付加価値が付いております(3年経過くらいで)

やっぱりあくまでパッケージ。

全体的な傾向として見ても本当のスーパーGLとは大きな落差がありますので、そこをどう捉えるかは見ている方次第でしょうね。

中古狙いで安く買いたいならDXのスーパーGLパッケージが良いでしょうし、新車で買うならスーパーGLが良いでしょうし。

新車と中古どちらを狙うかでメリットにもデメリットにもなりますので、参考にして貰いながら一番納得の出来るお買い物をして下さい。

 

 

それと輸出についてですが、今だに7年規制は健在です。

そこを通過すると過走行の場合は大打撃を受けますので、仕事なんかで使ってる方はしっかり意識した方がいいです。

 

会社でハイエースバンを使ってる方。

社員の方でもたまたまこの記事をご覧になったのなら、ソッと社長に伝えてあげましょう。

その情報だけで1台当たり数十万浮くので(ちゃんと乗り換えに向けて動けば)臨時ボーナスがあるかもしれませんよ(笑)

 

こんなもんかなー!

 

あ、そういえば今年「ハイエース300系」販売の噂が出ていますね。

まだ確定かは分かりませんけど、時期的には200系出て15年くらい経つのでそろそろと言えばそろそろかと思います。

 

もしハイエースがフルモデルチェンジした場合輸出はどうなるかなぁ・・・

 

200系が出た時って私は“ザ・洗車部隊”って感じで、全然相場を見れる環境じゃなかったんで良く分からんのですよね(笑)

100系もその後、というか現在も継続して輸出該当しているので、300系が販売されたからと言って200系がいきなりショボくなることはまず無い。

ただ輸出価格は多少下がると思っとくのが普通の考え方な気がします。

 

なーんか100系はバンが好調、ワゴンが急激にショボくなったような気がしなくもないですが、記憶が曖昧なのでこの話はこの辺で止めておこうと思います。

 

というわけでまた今度(え

アディオス!!

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

 

 

 

 - リセールランクトヨタ車