車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【ハイゼットトラック】リセールバリューをランク付け!

   

スズキ「キャリイトラック」のライバル車。

 

本日はハイゼットトラックです。

 

軽トラックの流通量で言えば上記2種が大半を占めているかと思います。

 

どちらが強いのか・・・

 

今まで考えたこともありませんでしたが、もしかしたらこの記事で答えがはっきりするかもしれません。

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

スポンサーリンク

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・S  63%

 

 

・海外輸出情報

平成19年~(10年規制?)・・・ほぼ中輸出に該当(一部フレーム腐食などで低輸出も有り)

 

 

・総評

すまねぇ!

 

どっちが強いのかはっきりさせたかったけど、かなりどっこいなレベルでした(笑)

 

調子に乗ってすんまそーーーん(ここが調子に乗ってる

 

ただ面白い特徴が見え隠れしていますので、主にそちらを参考にして下さい。

※平成26年9月にFCが入っていますので、FC後の現行型を調査しています。

 

それではグレード別です(流通グレードが偏っているため結構抜け抜けになるのは勘弁してください)

スタンダード(2WD)MT 65%

スタンダード(2WD)AT 67%

スタンダード(4WD)MT 61%

スタンダード(4WD)MT 不明

 

エクストラ(2WD)MT  不明

エクストラ(2WD)AT 不明

エクストラ(4WD)MT  55%

エクストラ(4WD)AT 61%

 

ジャンボ(2WD)MT 不明

ジャンボ(2WD)AT 不明

ジャンボ(2WD)MT 67%

ジャンボ(2WD)MT 68%

 

スタンダード 農用スペシャル 63%

※スタンダードはエアコン、パワステ有りの車両として見ています。

 

今回は数値化しないと分かり辛いと思ったので、細かいパンセンテージまで残しておきました。

なんだか予想以上にグレード展開が多かったため、このリストを見た限りじゃ中々特徴が掴み辛いと思います。

 

なので私の予想もふんだんに含まれておりますが解説をしていきます(あくまで予想なので過信はしないでね)

 

 

まず「2WD or 4WD」はどちらが良いのか。

ここはハイゼットトラックだからこっちが正解!というより、グレードによって変わっていくような印象です。

流通台数で言えば安価な「スタンダード」が一番多く、これは農業用の目的で購入、使用されている方が比率として多いことが予想されます。

 

ただ次に多いのが予想外にも一番高価なグレードである「ジャンボ」

正直、昔は100台の中に1台混ざってるか混ざってないかくらいの流通台数でしたが、このジャンボさんが近年非常に増えてきているんですよね。

カラー選択も軽トラックの鉄板である白だけじゃなく、ブラックやブルー、グリーンなんてカラー展開もされており、自営の方とかが仕事兼用でちょっと趣味を楽しむための軽トラという位置付けになってるのかもしれません。

 

そしてそのような“ちょっと趣味兼用になりそうな軽トラック”の場合。

スタンダードでは強かった2WDがひっくり返って4WD需要が高くなっているという可能性があります。

というか流通台数を見れば一目瞭然なんですが、スタンダードは2WDが圧倒的に多い。

逆に中間グレードであるエクストラとジャンボは4WDが断然多く、2WDは過去3ヵ月でも1台あるかないかレベルまで落ち込みます。

グレードによって用途が異なるため、ポイントポイントでの需要もガラッと変わっているのかもしれませんね。

 

そしてミッションに関しては、基本的に同率レベルくらいの推移になっていますので、ここは好みで選んでしまって問題ない部分ですね。

一応新車価格は約9万円ほどの価格差が生まれますので、実質損失額を減らしたいということであればMTに軍配が上がるといった感じです(大した差じゃないけど)

 

 

そしてそしてー・・・

 

このリストには載せていませんでしたが、スタンダードの別バージョンとして“ハイルーフ”という設定が設けられています。

なんとハイルーフ仕様にするのには約1.5万円の追加費用で出来てしまうのです。

 

おやおや。

 

まぁまぁ。

 

なんかどこかでこんな車が他にありましたよね。

 

当ブログを読み込んでいる方なら「あっ・・・」って思ったかもしれませんが、エブリイワゴンなんかがまさにこれと同じです。

 

そしてその時いくらくらい付加価値が付いていたか覚えていますか?

 

ほら!

 

早く!!

 

思い出さんかばかちんがー!!

 

 

そうです、5万くらいハイルーフにすると付加価値が付くのです。

 

そしてこの現象がハイゼットトラックでも確認出来ております。

 

ちなみに最上位のジャンボさんはハイルーフ標準仕様、中間グレードであるエクストラはハイルーフ仕様じゃないため、ここも一番ずっこけてる要因になっているのかもしれません。

 

 

ということはつまり・・・

 

リセールを突き詰めて選択していくなら

 

スタンダードの2WD、ATかMTかはどっちでもいいけどハイルーフ仕様にする!

 

これが管理人が考える最強ハイゼットトラックになるかと思います。

 

リセールはもちろん初期費用もかなり安いですから、実質損失額なんて蚊に刺された程度(嘘です)

 

お・ま・け・に!!

 

上記の通りかなり強力な輸出にも該当しておりますので過走行も問題無し!

20万キロ30万キロどうぞどうぞの世界です。

 

ただライバル車のキャリイトラックと比較するとちょっと輸出が劣りますので(10年経過以降は廃車の選択も出てくる)、必ずしもハイゼットトラックの方が良いよ!ってことではありませんが・・・

 

参考にしていただきながら、ハイゼットでいくかキャリイでいくか。

吟味して貰えればと思います!

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【廃車ひきとり110番】

一通りの諸費用無料、車体にお金出してくれる率90%以上の全国対応型廃車業者です。

そして車検が残っている場合、自賠責保険や重量税などの還付金も事前に含めて支払ってくれます。

車検が残っている車の廃車を検討している場合は非常にお勧め!

しっかり交渉していきましょう。

 

 

 - リセールランクダイハツ車