車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、情報は力、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【ジープ・パトリオット】リセールバリューをランク付け!

   

ほいほいクライスラージープの最後でございます。

 

本日はジープ・パトリオットです。

流通量的にはクライスラージープの中で丁度中間くらい。

 

ちなみに

1位 ランクラー

2位 ラングラーアンリミテッド

3位 チェロキー

4位 グランドチェロキー

5位 パトリオット

 

このようになってます。

 

そういやクライスラージープには「Gワゴニア」もいましたね。

 

まぁカタログに載ってないし・・・載ってないしぃー!!

 

よほどのことが無い限りスルーしとこうそうしよう。

 

パトリオットは平成25年で生産終了となります。

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

スポンサーリンク

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・S

 

 

・海外輸出情報

低輸出に該当(国内部品取りの可能性有)

 

 

・総評

グレード展開は非常に分かりやすいですね。

 

レザー無しの「スポーツ」とレザー標準の「LTD」

 

いつもの3年経過はもう存在しませんが、ギリギリまで販売していた車なので5年経過5万キロくらいの各グレードリセール数値を残しておきます。

スポーツ 52%

LTD 53%

 

ヒュー!!

 

5年経過でこれは優秀っすなー!!

 

ベンツ、BMW、アウディの御三家さん達見てるー!?(え

 

これなら3年経過時はランクS、しかも後半だったんじゃないかなーと思います。

 

ではでは続いてこの車の特徴です。

・色の差はハッキリクッキリ、白黒最強、他酷い(20万~30万ほどの差)

・距離数の影響は意外と普通(1万キロ10万円くらい)

・ただし年数経過が進むほど距離数の影響が大きくなる(距離が少ないと価値減少が非常に少ない)

・修復歴、外装傷のマイナス要因は非常に強い

 

こんなもんですかな。

 

バリバリの国内需要のため、次の日本人が買いやすい状況なら初期の平成19年だろうが100万以上としっかり価値が残ります。

距離数の目安で言ったら8万キロあたりかな?

 

一応その後も残るんですけど、そこから先は安かろう悪かろうの世界に入っていってるような気がします。

 

んー・・・

 

輸入車の枠で見ればですけど、新古車レベルで買うべき車であって中古で買うべき車じゃありませんね。

 

どうしても欲しいなら止めるほどじゃないけど、“人並みの状態”買おうとしたら初期だろうが100万以上は余裕でいっちゃうでしょう。

 

10年経過でそれはー・・・たけぇ!

 

そして古いチェロキーとか思い返しても強い輸出が救い上げるということは無いので、修理費用と戦いながら最後は二束三文になる未来が見えてきます。

 

なので中古で買っても短期ですな。

2年ないし4年くらいで飽きたらすぐ手放す、そして距離数的にも酷使しないならまだなんとかってところだと思います。

 

というわけでクライスラージープも終ーわり!!(Gワゴニアさんグッバイ!)

 

次回は一区切りついたので、過去の商談体験談をお送り致します。

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

 

 

 

 - リセールランククライスラー