車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、情報は力、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【keiワークス】リセールバリューをランク付け!

      2017/04/02

アルトワークスとは販売時期被ってないので一応後継だったのかなぁ・・・

 

本日はKeiワークスです。

 

なんだかんだ一定の需要がある、かなりスポーツに寄った軽自動車ですね。

通常のKeiにもBターボのターボ設定がありましたが、レカロやモモステアリングなどを標準装着してたので乗ると気分がちょっと盛り上がります(早いとは言ってない)

 

Keiと一緒で平成21年生産終了です。

 

スポンサーリンク

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・S

 

 

・海外輸出情報

極プチ輸出に該当(たぶん部品取り)

 

 

・総評

グレード展開はベースのみ。

そこにMT or ATの選択、2WD or 4WDの設定が入ります。

 

現在の相場を見ると

MTとATはスポーツカー枠なのでMTの勝利(ワークスだからMTの方が比率も高い)

2WDと4WDは・・・これは特に優劣無し(2WDの方が比率が高い)

 

こんな感じになります。

 

ちゅーか今だに低走行高っけーなぁ・・・

 

現行ワークスが出てないならまだ分かる。

欲しいなら狙って良質な車両買いたいってなるだろうし、中古の値段が吊り上がるのもまぁしょうがない。

 

でも今アルトワークスが絶賛新車で販売中なのになんでこんな高いんだ?

 

アルトじゃなくKeiじゃないとって人がいるのか!?

 

よく分かりませんが、高いのは中古車市場でも総額100万以上で売られているはずです。

 

新車価格は140万前後・・・おまけにどんなに新しくても8年落ち・・・

 

理解は出来ないけど一部のマニア向けなんでしょうね。

 

 

 

というわけで現在所有されている方。

価値の残り方としては非常に高い部類のお車となります。

 

国内需要なので年式とか状態も絡んでしまいますが、ザッと見て走行距離6万キロ以内くらいの方。

 

全力で高値目指して売りましょう。

 

人によって売却価格が数十万違うタイプの車です。

新車価格、経過年数、ここら辺加味するとぶっちゃけ抜きやすい(利益取りやすい)車なので舐められないようにしましょうね。

 

 

そして7万8万キロ以上走っている方。

この方々ももちろん全力で売りましょう。

 

距離の上限?

 

関係ありません。

 

修復歴?

 

関係ありません。

 

色?

 

関係ありません。

 

穴空いてるんだが?

 

ダンボールで塞いで下さい。

 

何が言いたいかと言うと初期生産だろうが、20万キロ以上走っていようが、修復歴が前後にあろうが・・・

それこそKeiの得意技であるフレーム穴空きがあろうが必ず売れます。

 

廃車にはなりません。

 

まぁほんとの底辺に到達すると、上の輸出枠でも書いている通り極プチレベルです。

ただそれでも廃車にするよりは全然いいでしょう。

軽自動車の鉄の価値なんてたかがしれてますしね。

 

そしてまず普通に乗っている限りは底辺レベルまではいかないはずです。

15万キロでもまだ国内に廻る可能性の方が高い。

だから何度も言いますが舐められないようにしましょう。

 

10年以上経過した15万キロの軽自動車なんか査定に来たら普通は鼻で笑われます。

確かに普通のKeiならその通りなんですが、あなたの車はワークスです。

 

鼻で笑いやがったらボールペンでもぶっさして

「価値が残ってるの分かってんだからな・・・?」とオラオラ威嚇してやって下さい(嘘です)

ちゃんと伝わればお金出してくれるはず。

 

Keiとは見た目もちょっと違うけど、それ以上に後半の粘り方が全然違うKeiワークスでした!

 

 

 

そうそう、全然お話は変わりますがもう3月ですね。

先週何度か陸運局やら軽自動車協会(車の名義変更や車検通したりするところ)に行きましたが、もうすでにかなりの込みっぷりでございました。

もう少しすると駐車場にすら入れなくなる。

お住まいの都道府県にも寄るかもしれませんが毎年恒例です。

 

本業も取引台数増えてきてますし、今年も順当にオークション会場の台数はこれからピークを迎えます。

 

あなたの車の価値は需要と供給で決まる。

 

供給が増えれば価値が下がるのは当たり前です。

価値が落ちた後に泣かないよう、回避出来る状況の人はしっかり回避しましょう。

 

あ、あと今年の税金回避したい人も早めにね!

3月末になって「まだセーフでしょ!?」なんて言われても、普通は超激混みの陸運局に滑り込み作業なんてしたくありません。

 

ギリギリ過ぎると断られる可能性の方が高いと思って下さい。

 

余裕を持って動く!これ大事!!

 

※3月に一般の方が陸運局や軽自動車協会に行くのは極力止めときましょう。

事前に書類まで作れる人なら問題ありませんが、何も分からず行き、そしてカウンターで指摘を受けまくる名ストッパーになってしまうと周りが殺気立ちます(笑)

どうしても自分でやりたい方は、どこの都道府県でもあると思いますが事前にチェックをしてくれる窓口で全部完成させてから提出しましょう!

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

 

 

 

 - リセールランク【スズキ】

【keiワークス】リセールバリューをランク付け!

by にー time to read: <1 min
2