車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、情報は力、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【ラフェスタ】リセールバリューをランク付け!

   

いつの間にかマツダ「プレマシー」のOEMに成り下がってしまった車。

 

本日はラフェスタです。

 

2000cc、7人乗り、そして中途半端だけど低車高!

結構多い155cm制限の立体駐車場だとアウトというなんとも言えない存在ですが、まったり細く、現在も販売されております。

 

ただいつ終わってもおかしくないような気が・・・

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

スポンサーリンク

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・C  43%

 

 

・海外輸出情報

7年規制の疑い有り・・・極プチ~プチ輸出に該当(初代の方でもOK)

現行型(23年~)・・・中輸出に該当

 

 

・総評

流通台数の少なさ、そしてグレードの偏りによって一部グレードしか数値が割り出せませんでした。

こちらが割り出せたグレードになります(2種しかないので数値もついでに)

ハイウェイスター(2WD) 45%

ハイウェイスターG スプレモ(2WD) 40%

 

ほぼ市場はベースグレードとなるハイウェイスターのみとなります。

 

うーん・・・どうなんでしょうね。

OEM前に販売されていたオリジナルの方も特別リセールが良かった印象はありませんが、それでも同等条件ならもう少し高かったんじゃないかなと思います。

OEM車で、しかも元がプレマシーだもんなぁ(意味深

 

 

さてさて気を取り直してこの車の特徴ですが、ラフェスタは一つ際立ったものがあります。

 

それは距離数に対しての価値減少比率が均一に近いということ。

 

は?

 

「意味が分かんねぇ」と思ってしまった方。

 

ご安心下さい。管理人も分かってません。

なんか小難しい言葉を使いたいお年頃だっただけです、すいません。

 

なので凄く簡単にお伝えしてしまうと・・・

 

スタート(0キロ)から確認出来る限りでは7万キロあたりまで、タダ下がりが止まりません(え

 

新車購入は他に類似車両も色々ありますしあまりお勧めしませんが、中古購入の場合は低走行よりほど良く走った車の方が断然お勧めかと思います。

 

「3年経過なら3万キロ以内くらいか」

 

中古購入の場合こう考える人も多いと思いますけど、そんな中で倍近い5万キロあたりにも試しに目を向けてみて下さい。

比較するのは難しいかもしれませんが、他の車両よりも距離数が増えた分のお得率のようなものが高いはずです(というか相場はそうなっています)

 

もちろんトラブルの頻度は距離数が増える分上がるでしょうが、高年式の2万キロ差にそこまでのリスクがあるかと言うと・・・

10万キロオーバーも当たり前のように乗っている私からすればほぼ無いに等しいレベルかと思います(国産ならね!!)

 

3万キロと5万キロの差である2万キロと、10万キロと12万キロとの差である2万キロでは、その2万キロに対しての価値が異なります。

価値の差を上手く把握出来るとお得な買い物に繋がるということですね!

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ちょっと難しいというか把握し辛い部分になるので真面目解説バージョンです。

たぶん真面目にやっても伝わり辛いと思います。

 

なので興味のある方だけご覧下さい。

 

 

まずあなたが3年落ち程度の手頃な中古車を探していると想定して下さい。

そして2万キロと3万キロの、距離数に違いはあれど他はまったく同じ内容の車があった場合、値段も同じならどちらの車を買いますか?

 

はい、捻くれた考え方をしなければ誰でも距離数が少ない2万キロの車を買うと思います。

 

では3万キロの車はどうやったら売れるのか。

 

当然2万キロの車よりも安く売ればいいわけですよね。

 

ではでは・・・

 

そもそもどのくらい差を付ければいいのか?

 

これが距離数に対しての価値減少比率に繋がっていきます。

 

この部分は車によってもマチマチで、もちろん車の単価も影響していきますし人気にも左右されてます。

輸出が絡めば影響は薄くなりますし、なんなら“買う層”も絡んできてしまうため傾向を掴むのが非常に難しいポイントです。

 

 

 

ただ今まで数多くの車を調べてきて、1万キロ~3万キロあたりまでは大して価値が変わらない車。

はたまた3万キロ~5万キロあたりまでは相場の変動が非常に大きい車などなど・・・

 

一定距離数の中で、伸びた距離数に比例しない相場を形成している車というのは結構沢山あったりします。

 

比率的に多い系統で言えば、軽自動車なんかはよくこの例に当てハマりますね(国内需要にも拘わらず低走行枠のうちではさほど相場変動が無いパターン)

 

まぁ特徴的な車種に関しては車種別のリセール記事内に書いてたりしますので、あまり気にしてもしょうがない部分ではありますが・・・(相場が見れないと判別も出来ない)

こんなこともちょっと気に留めておくと、中古購入の際には大きなプラスになることもありますので知っていて損はないところかと思います。

例・・・3万キロ~5万キロの価値変動が薄いようであれば3万キロ買った方がそりゃお得

 

あ、ただ売る時にこのポイントを利用しようとするのはそこまでお勧めしません。

輸出のような特別な要因があれば別ですが、主に国内の場合は傾向があるというくらいで流動しやすいです。

上記要因以外にも販売市場の在庫状況や成約状況、オークションの出品台数状況などなど。

とにかく色々な要因が重なって出来上がるものなので、傾向は把握しながらも期待半分くらいに考えておいた方が気分的には楽かと思います。

主に中古購入の時に活用されると車によっては得をするという方法・・・というか知識ですので、参考程度によろしくどうぞ!

 

って今更だけど、なんでラフェスタの記事でこんな話したんだ・・・??

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【廃車ひきとり110番】

一通りの諸費用無料、車体にお金出してくれる率90%以上の全国対応型廃車業者です。

そして車検が残っている場合、自賠責保険や重量税などの還付金も事前に含めて支払ってくれます。

車検が残っている車の廃車を検討している場合は非常にお勧め!

しっかり交渉していきましょう。

 

 

 - リセールランク日産車