車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

リセールバリューをランク付け! 【レガシィツーリングワゴン】

      2017/02/28

レヴォーグの先代に当たる車。

 

本日はレガシィーツーリングワゴンです。

 

全盛期はBP型(平成15年~21年まで)だと思いますが、今だに走っているのをよく見かけます。

私も昔、MTのサンルーフ付きを探して乗ったなぁ・・・(高かった

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

スポンサーリンク

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・S  60%

 

 

・海外輸出情報

BP型(平成15年~21年)・・・TUNED BY STiだけ中輸出に該当

BR型(平成21年~)・・・中輸出に該当

 

 

・総評

生産終了間際にしては大健闘じゃないでしょうか。

最終型は大型化して不人気まで行きませんが需要が落ちたイメージだったので意外です。

やっぱスバル中々やるなー!

 

あ、でも取引台数はやっぱり少ないです。

 

ではグレード別。

2.5i               ランクC

2.5i Lパッケージ         不明

2.5i アイサイト         ランクS

2.5i アイサイト Sパッケージ   ランクS

2.5GT アイサイト        不明

2.0GT DIT           ランクS

2.0GT DIT アイサイト     ランクS

 

こんな感じになりました。

 

まぁ皆さん突っ込むところは決まってると思います。

 

2.5iだけなぜランクC!?

 

いやー不思議不思議。

アイサイトの方はしっかりランクSなのにね。

 

で、私もなーぜーと頭の中???だったので、カタログ情報見るとなんか重要装備省いてるのかなぁ。

なぜか良く分かりませんが、通常アイサイト付けるだけなら10万弱くらいの価格差になるはずなのに、2.5iと2.5iアイサイトは45万も価格差があるんですよね。

何省いたんだこれ?(笑)

 

簡易のカタログ情報だけではよく分かりませんでしたが、それが理由かなと思います。

まぁこの車乗っている人ならたぶん知っているでしょう(ホジホジ

 

 

後は安定って感じですね。

ターボ有り、ターボ無しそれぞれに需要がありそうです。

ちなみに一番いいのは2.5iアイサイトSパケでしたが、2.0GTのアイサイトとほとんど変わりません。

 

 

ではこの車の特徴。

・STiのだったり他メーカーでもいいですが、エアロ評価が高い(約20万くらいUP)

・サンルーフも20万くらいUP

・逆にレザーは付加価値が付き辛いっぽい(約10万ほどUP)

・コン、シルバー、グレーは白黒と比較して20万ほどダウン

・修復歴付くと40万くらいダウン

・程度が悪いと容赦無くダウンダウンダウン

 

なんか典型的な国内需要って感じですね。

レザーだけはもっと付加価値付いてもいいんじゃないかなーと思いますが・・・

 

 

あとは読者さんからのご要望であったBP型モデルですが、上の輸出枠でも書いてある通り輸出による救いはありません

よって国内の需要のみで相場が決まります。

距離少ない、ターボ、状態が綺麗、色が需要高い、後期だったり年式が新しめ・・・

この組み合わせであれば充分価値は残りますが(100万以上も有り得る)、逆だと見事に廃車です。

 

距離10万キロ未満でも悪い要素が重なると廃車コースになりますのでご注意を。

 

 

あ、ちなみに安価で荷物も積めて、踏めばそれなりに走る車というポジションですので、さらにこの前の型。

BH型(平成10~平成15年)でもまだ若い人の国内需要はあります。

当然廃車率はBP型より格段に上がりますが、低走行で大事に乗られているんであればしっかり足掻いてみましょう。

 

低輸出枠くらいの価格で売却出来る可能性がありますよ!

 

輸出は弱いけど、国内需要でなんとか粘っているレガシィーツーリングワゴンでございました。

 - リセールランクスバル車