車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【レクサス GS】リセールバリューをランク付け!

      2017/04/01

さてと残りのレクサスやってきますか!

 

本日はレクサスGSです。

 

レクサスセダンの中で中間サイズの車格。

対抗馬で言えばベンツのEクラスとかBMWの5シリーズとかアウディの・・・A6あたり?

 

基本的にこの位置付けって、悪く言えば中途半端になってしまうんで厳しい展開が予測出来ます。

期待を裏切ってくれると新発見が出来て面白いんだけど・・・難しいかなぁ。

 

今までニコニコで売却した方は見たことがありません。

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

スポンサーリンク

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・C  47%

 

 

・海外輸出情報

初期型(H17~24)・・・ほぼ中輸出に該当(5年規制絡みはありそうだけど該当データが無いため不明)

現行型(H24~)・・・なんでも超高輸出に該当

 

 

・総評

なるほどなるほど。

リセールは予想通りでしたが、違う意味で新発見が出来ました。

この車は既に記事にしている「レクサスIS」と比較しながら見ると面白いかも。

 

ではグレード別です(非常に読み辛いのでパーセンテージまで残しときます)

GS300h         不明

GS300h Iパッケージ   不明

GS300h Fスポーツ    56%

GS300h バージョンL   不明

 

GS250        51%

GS250 Iパッケージ  47%

GS250 Fスポーツ   54%

GS250 バージョンL  48%

 

【2WD】

GS350        45%

GS350 Iパッケージ   46%

GS350 バージョンL    43%

GS350 Fスポーツ       50%

 

【4WD】

GS350        不明

GS350 Iパッケージ  52%

GS350 バージョンL  不明

GS350 Fスポーツ   51%

 

GS450h        41%

GS450h Iパッケージ  42%

GS450h バージョンL  40%

GS450h Fスポーツ   46%

 

上下差は・・・16%か。

結構大きい部類ですね。

 

 

では次にこの車の特徴です。

・なぜかこの車はガソリンの流通量も非常に多い

・一番多い流通は「GS450h系」、逆に一番少ないのは「GS300h系」

・白黒と多色の差は30~40万ほど(以外と少ない)

・サンルーフは+20万くらい(以外と少ない)

・レザー設定が標準じゃない場合、付けると+20万くらい

・リセール優位はやっぱりFスポーツ

・4WDは気持ちリセールが高くなりそうですが、プラス費用考えると必要性があれば程度

・モデリスタエアロくっ付けて取引額自体が一番高くなりやすいのはVerL(ただし掛かるお金も激しい)

・GS300h系がなぜ流通量が少ないのか理由がよく分からず

・かなり価格帯が近いGS350系がなぜそこそこ売れているのかもよく分からず

 

 

こんなとこ!

いくつか調べ終わっているレクサスはハイブリッドが主流だったんですけどね。

 

なぜかこの車はガソリンも普通に売れているという魔訶不思議現象。

 

そして一番売れていそうな450h系が一番リセール低いという摩訶不思議現象。

 

さすがに各規格ベースはほとんど買っている人がいないっぽいですが、Fスポーツばっかり売れているわけでも無くIパケやVerLも万遍なく売れているみたいですし。

 

んー・・・

 

普段ならこの車ならこのグレードが良いんだろうねってのが分かるんですが、この車は良く分かんないな(笑)

 

GS300hが謎過ぎます。

 

Fスポーツだけ見ると一番良さそうだけど、たぶんIパケとかVerLはFスポーツよりリセールが落ちて、40%台後半~50%ってとこかな・・・

 

というかあれだね。

他輸入車よりはいいんだろうけど、まずこのリセールでこの車を新車で買う?って話ですよね。

 

新車価格は直近のカタログで580~850万あたり(車体で)

グレード展開もちょっと変わるけど、3年で300~500万くらい食らう計算です。

 

 

新車価格もそうですし、流通されている車の内容、取引額を見ていても年配需要が高い車かと思います。

 

 

一々リセール気にして車なんて買わねーよって方も多いと思います。

 

 

それはそれで全然良いとも思います。

 

 

売る時、安過ぎるだろ!!って狼狽しなければ。

 

 

 

よく「買った時○○○万円もしたんだけど?」って言う人がいますが、そんなことは分かってますから。

それでも価値がその程度しか残ってないので、伝え辛いと思いながら伝えているのが買取店やディーラーです。

 

「この車だからしょうがないよね」って言える人は、あぁ~この人分かってて買った車好きなんだなってお互い建設的な商談が進みますが・・・

 

 

少なくともこのブログ見ている人達は

 

安過ぎるぞぶるああああーーー!!

 

ってならないようにして下さいね(笑)

実際にいますのでそんなお客さん。

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

 

 

 

 - リセールランクレクサス