車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、情報は力、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【マーチ】リセールバリューをランク付け!

   

ノートにぶち抜かれた元日産代表コンパクトカー。

 

本日はマーチです。

 

乗っている年齢層は幅広く、特に何代目か分かりませんが平成14年以降の型からは女性オーナーが多かったような気がします。

あと内装ベージュの場合、なぜか内装がかなり汚い車が多かった(なぜだ

 

現在も絶賛?販売中です。

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

スポンサーリンク

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・C  43%

 

 

・海外輸出情報

5年規制有り・・・規制内プチ輸出に該当

 

 

・総評

おぉう・・・調べてみるとこの車の相場は面白いです。

 

ではまずグレード別を。

S            ランクC

Sプラムインテリア    ランクD

X            ランクD

X Vセレクション     ランクD

X FOUR         不明

X FOUR Vセレクション ランクD

G             不明

ニスモ          ランクS

G FOUR         不明

ニスモS         ランクA

 

以上、上下差27%。

一番低いのはX-Vセレクションでした。

 

それではこのまま特徴に入ります。

・ご覧の通りニスモだけ特別扱い

・その他調べられたグレードは下位になるほどリセールが高くなる

・4WDは希少で2WDと比べると若干リセール上昇(ただし狙うほどでは無い)

・当初色の需要差はそこまで無いと思ってましたが、一番高いのはパールとなぜかピンク(女性需要がかなり強いのか?)

・逆に一番弱いのは圧倒的にシルバー。ピンクとの差が平均15万ほどと車格を考えるとかなり大きい

・ナビの付加価値はまぁまぁの部類(5万+αくらい)

・傷、凹み、内装汚れ、修復歴・・・日本人が嫌がるものは容赦なく大きいマイナス換算が入ります

 

こんなもんです。

正直マーチは昔からよく査定している車なので、調べる前から

 

「マーチは絶対ランクD。絶対そうに決まってる」

 

と思ってました。

 

ところが一番最初にベースのSを調べてビックリ!ランクC!!

あれれれー!!意外とやるじゃーん!!!

なんて思ってたんですけどね・・・

 

その後順番に調べていくと、グレードがどんどん高くなってもなぜか取引額がずっと一緒というマーチマジックが発動(笑)

結局グレード「S」から「X-Vセレクション」までは取引額に変動がありませんでした。

 

つまり高くなればなるほど新車差分を丸々損している計算になります。

 

グレード「G」はデータが無くて調査出来ませんでしたが、最悪この流れだと「S」と同等の価値になる可能性もありますね(新車価格差約40万)

 

 

そしてそんな諦めムードの中でやたら光輝いてるのが「ニスモ(系)」

急に取引金額が倍くらいに跳ね上がります。

ここら辺はノートも近い動きになっているので、日産コンパクトカーが欲しいならニスモ(系)を買えっていうのがリセール意識した買い方の正解なのかもしれません。

 

あ、ちなみにATのニスモと5MTのニスモSはランクで見るとATのニスモが上に見えますが、実際は1%しか変わらないので誤差の範疇です。

バリバリのスポーツ系じゃないのでMT需要が飛びぬけているわけでもなく、良い感じにバランスが取れてるんでしょうね(傾向はスイフトスポーツにも近い)

 

 

というわけでこれから購入を検討されている方。

このグレード一覧を見る限り、新車購入の場合はニスモ系に絞った方が無難です。

低~中間グレードも新車価格は安い部類なんで、どうしても「潔癖症で人が乗った車は嫌なの!!」ってことなら止めやしませんが、リーセル差が最大27%とかなり大きな部類であることを理解した上でにしておきましょう。

 

賢く買うならパッと見普通グレードの中で豪華タイプの中古を選ぶべきかと思います。

 

また、現在所有されている方は大よそ8年8万キロあたりが一つの目安となって廃車の分岐が入るようになっていきます。

もっと分かりやすく言えば現行型の1つ前の型ならということですね。

もうそこを軽く通過してしまっているようならあと何年乗っても価値の変動がありませんので、調子が良ければ引っ張って乗るとお得はお得です(気持ち的にどうかは別のお話です)

 

そして現行型を所有されている方はFCに気を付けましょう(2018年予定らしいです)

そこで10万20万の価値だった車が一気に廃車ラインまで突入する。

というのが平成22年のFCを境目にしておきていますので、FC前に価値を確定させて売却させてしまうか、まだまだ乗れると長く乗ることを判断されるからはあなた次第かと思います。

 

くれぐれもFC後すぐに「売ろうかなーどうしようかなー」と動かないようにだけご注意を!

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

 

 

 

 - リセールランク【日産】

【マーチ】リセールバリューをランク付け!

by にー time to read: <1 min
0