車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

リセールバリューをランク付け! 【ベンツEクラス ステーションワゴン】

      2017/02/28

ベンツの中間グレードワゴン。

 

本日はベンツEクラス ステーションワゴンです。

 

さすがベンツというだけあってやっぱり流通量はそこそこ多い。

調べやすいっちゃー調べやすいですが・・・

 

平成25年5月に顔面変わるMCが入っているため厄介な車です。

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

スポンサーリンク

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・D  35%

 

 

・海外輸出情報

W124型(~平成7年)・・・プチ~低輸出に該当(ハンドル左右、排気量関係無し)

W210型(平成8年~14年)・・・該当無し

W211型(平成15年~20年)・・・E240以外、低~中輸出に該当(排気量などによる)

W212型(平成22年~)・・・高輸出に該当

 

 

・総評

一応3年経過時にMCやFCが入っている場合はその後の方をという方針でやっていたんですが、この車MC前の比率が多くてMC後はまともに調べられませんでした。

なのでやむなくMC前の方で割り出しを行っております。

 

ではグレード別です。

E250 ランクD

E250アバンギャルド ランクD

E350アバンギャルド ランクD

E300アバンギャルド(2WD) ランクD

E300アバンギャルド(4WD) ランクD

E550アバンギャルド 不明

E63AMG 不明

 

リストにした意味がない!

 

全部ランクDです。

上下差は3%。

一応新車価格が安いほどリセールが高いという結果です(誤差の範囲だけどね)

 

 

では次に特徴を。

・サンルーフは付加価値20万ほど

・AMGスポーツパッケージは付加価値10万ほど

・レーダーセーフティパッケージなどは・・・もうほんとおまけ程度

 

こんなもんですかねぇ。

正直ワゴン系はもうちょっとリセール高いと思ってたので、割り出ししてビックリしてしまいました。

いくらMC前だからって言ってもこれは新車で買ってる人辛いわ。

新車価格は600万ちょっとから主流でいくと大体1000万あたりまでって感じですね。

 

全然安くねぇ!!

 

あと相場見て思ったのが、唯一ディーゼル設定のE350アバンギャルド。

このグレードだけ平均距離数が伸びています。

たぶんディーゼルだから燃費が良いというのと、同じくディーゼルだから走っても多少は大丈夫だろって人が多めに乗っているんだと思います。

 

ところが・・・どっこい!!

ディーゼルでも外人さんに守られていなかったらあっという間にバンジーバンジー。

10万キロ近辺までいけば200万すら割りますので、ディーゼルだから大丈夫!なんて甘い夢は見ないようにしましょう。

 

 

 

さてと、ではMC前はこの辺にして、簡単にですがMC後のお話しを。

ヘッドライトが1個にまとまったMC後のリセールですが、唯一26年式でまとまった台数のあるグレードがあったので割り出してみました。

 

グレードはE350アバンギャルド・・・新車価格 9.070.000円

 

 

 

リセール 37% (2年経過の現行型です)

 

 

Eクラスワゴンの中でも上位グレードなので、下位グレードであればもっとリセールは良くなると思います。

 

 

しっかし・・・これは笑えないですわ。

 

 

 

売る時どんな気持ちで売るんだろう・・・

 

 

 

商談しながらどっか遠く眺めてるのかな。

 

 

一応購入時の選択によってダメージ軽減も出来ますので、新車購入を検討されている方はしっかりと全力回避してくださいね。

 

では最後に実際の市場データを。

 

平成26年式 E350アバンギャルド 1.8万キロ 白 サンルーフとAMGスポーツPKG装着車両

平成26年式 E350アバンギャルド 4.7万キロ シルバー レーダーセーフティPKG装着車両

 

どちらも評価は同じきれーーいなノーマル車で・・・約180万円の価格差でした(オークション出品タイミングもほぼ同じ)

 

距離差分はもちろんあるにしても、需要のある色、需要のある装備を付ける付けないでこのような差が生まれたりもします。

 

車の細かい選択はあなた次第。

あなたの選択が万人に受ける内容であることを祈ってますよ!

 - リセールランクベンツ