車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、情報は力、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【N-BOXスラッシュ】リセールバリューをランク付け!

      2017/06/03

ハイトワゴンをクーペ風に・・・風に・・・に・・・無理があり過ぎじゃね?

 

本日はN-BOXスラッシュです。

 

人気のN-BOXに乗っかって新しいN-BOX系を作ってみました!って感じだと思いますがー・・・

ハイトワゴンが人気なのに、天上下げて中途半端にしちゃってるんで好み分かれるんじゃないかな。

流通量も同じNシリーズの「N-WGN」「N-ONE」なんかに比べるとかなり厳しいです。

 

内外装含めてデザイン性重視で車を選ぶ方用ですかね。

 

平成26年からの販売開始です。

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

スポンサーリンク

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・推定S

 

 

・海外輸出情報

まだなんとも不明

 

 

・総評

平成26年でも12月からの販売開始のため、26年式はほとんど流通がありません。

なので27年式(2年経過)の2万キロを目安にリセールを割り出してみます。

 

ではグレード別です(流通グレードが偏り過ぎているため、割り出せる物のみとします)

G・Aパッケージ(2WD) 68%

G・ターボAパッケージ(2WD) 67%

X(2WD) 70%

X・ターボパッケージ(2WD) 67%

 

グレード展開は結構豊富にあるんですが、割り出せたのは上記4種のみとなります。

 

若干ターボが落ちる印象もありますけど、まぁまぁ誤差の範疇で横並び。

たぶんですがグレード自体の差は無く、4WDになるとちょっとリセールが上がるってパターンだと思います。

 

3年経過時のリセールランクで言えばギリギリ「S」ってところですかね。

 

うーん全然悪くは無い。

悪くはないけど流通台数の少なさが凄く気になるなぁ・・・

 

 

では次にこの車の特徴です。

N-BOXスラッシュが気になる方は良く読んでいた方がいいと思います。

・相場のブレ幅が軽自動車にしてはかなり大きめ(同等の内容でも20万くらいあったりします)

・修復歴がマイナス40万くらい(マジかよ!)とかなり大きめ

・ナビは5万プラスα程度

・色のリセール差に面白い特徴有り

 

以上となります。

上の2つは需要が細いから出ている影響っぽいですね。

 

競り合う時と競り合わない時の差が激しい、難有り車両は余計に競り合いが発展しない。

 

軽自動車にしてはトップクラスに差が激しくなっておりますので、ご所有されている方、これから買おうとしている方はは注意が必要です。

 

 

そして最後の色!

これは今までに無い特徴があります。

 

まずN-BOXプラスにもありましたが、スラッシュの方にもツートン仕様の設定があります。

 

そして基本このツートンタイプが強い。

 

プラスの方とかは陰に埋もれてる感ありましたけど、特徴的で内装オシャレー仕様にしているからなのかスラッシュは受けが良いようです。

 

今までこのブログをご覧になられている方なら

 

「リセールに強い色は何?」

 

って聞くと

 

「黒!!白(パール)!」って答えると思います。

 

ただこの車は初かな?

市場データ見ていて一番強い色は“ブルーツートン”となります。

 

ちょー意外!!

 

単色黒より高いよ!

 

パールのツートンとかなり良い勝負なんですけど、安定感はブルーツートンの方がちょっと上に感じますね。

 

さすがオシャレ車だぜwww

 

この流れだとほとんど流通が確認出来ない

 

ピンクツートングリーンツートン

 

なんかもたぶん高い気がする(赤ツートンはちょっと落ちます)

 

まぁここら辺が分かったところで、問題は「この車を買うべきかどうか」ですよね。

 

正直相場に安定感はありません。

流通台数もまだ少ないので、特に上記4種グレード以外なんか購入すると相当買取店を悩ませます。

結果として狙われたわけでも無く、査定額で足元を見られるというケースも出てくることでしょう。

 

うーん・・・

 

買うとしても3年とかの短期じゃなく、中~長期向けの保有を前提とされている方ならいいのかなぁ。

5年も経てばベースの価値が落ちるので相場自体のブレ幅も減少しますし、比較対象となる同等車両の台数も増えているとは思います。

 

ちょっと冒険はしないといけない感がありますが、独特な形状が好みだという方は数値自体悪いわけではありませんので候補に入れてみて下さいな!

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

 

 

 

 - リセールランク【ホンダ】

【N-BOXスラッシュ】リセールバリューをランク付け!

by にー time to read: <1 min
0