車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、情報は力、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

新型アルファード&ヴェルファイア速報!

      2018/05/11

無事新型アルファードの市場第1号と思われる車両が成約したので、速報としてどんなもんなのか軽くお伝えしていこうと思います。

 

 

とりあえず出ていた車両の仕様は安定のS-Cパッケージ(2500ccの2WD)

カラーはパールなので、長く続いていた前期アルファードの輸出仕様をそのまま押さえたような感じですね。

 

スポンサーリンク

 

そして装備関係については・・・

 

特需仕様と言うより納期スピード重視(笑)

 

・フルレザー無し、メーカーナビ無し、エアロ無し

・サンルーフ

・三眼

・デジタルインナーミラー

・スペアタイヤ

 

OPで付けたのはこれくらいかな?というお手軽仕様です。

もちろんこれが正解というわけではなく、今後色々なデータが出てくることによってベストな仕様というのが徐々に判明してくることでしょう。

 

 

そして気になる価格というか利益見込みは~・・・

 

いやーやり過ぎだろ。

 

軽く計算しただけで200万は利益出てる・・・

 

これは前代未聞。

特需仕様で挑んだらどうなっちゃうのよwww

 

まぁ恒例のスタートダッシュですから高いのは当然と言えば当然(想像以上に高いけど)

ここからどのくらい下がって落ち着いてくるかが今後のポイントですね。

 

 

ふぅ・・・

 

甘い汁が目の前にぶら下がっておりますが、くれぐれもリスクと天秤に掛けて動くかどうか決めて下さい。

 

とりあえず言いたいこと。

 

今のところは夢いっぱい過ぎるぞ!!!!

 

※一応もう1週くらいは速報として更新する予定です。お楽しみに!

 

 

【更新】2018年1月29日

さてさて、気になっている方も多い新型アルファードについて更新していきます。

というより新型ヴェルファイアも出てきたので、アルヴェルについての更新です。

 

まずアルファードの方から。

 

んー・・・

 

もっと台数増えるのかなと思ってたけど取引成立が確認出来る新型モデルは1台だけ。

・成立した車は外装が黒と、今までの傾向にある強カラーパールでは無い点

・メーカーOP品が見る限りサンルーフくらいしか付けてないっぽい点

この条件ではありますが、とりあえず下がっています。

 

約80万ほど。

 

まぁ初回が高過ぎるので下がるのは予想してましたけど、まだ新車価格との開きを考えると下がるだろうなぁ・・・

あと50~60万くらい下がってそこから3ヵ月でもキープされれば、個人的には充分過ぎるくらいだと思います。

 

そして先週初登場となった新型ヴェルファイア。

こちらの方にも少し触れていきたいと思いますが、なるほどなるほど・・・

ヴェルファイアの方はまだ両手で数えられる範疇だけどそれなりに取引されていますね(西日本ばっかりでグレードは全部2.5のZ-G)

 

そして中身は・・・これは面白い特徴かもしれないなぁ・・・

今から書く内容はあくまで“スタートダッシュ特需”という条件下での特徴になる可能性があります。

今後も続くとは限りませんので、その点ご注意頂きながらご覧ください。

・現状パールと黒とでの明確な価格差が無い

・3眼、シーケンシャルターンランプ、スペアタイヤ等々・・・サブ的なメーカーOP品が市場価格に反映されていない可哀そうな車両もある

・同日同会場でも取引価格差が20~30万ほどあり、当たり前だけどまだまだ不安定

・ただ取引額はどれも余裕で新車価格を上回っている

・今週のデータを比較すると、アルファードが気持ち有利っぽい

 

まだ相場という相場も決まってないので、今後コロコロとこの内容が変わる可能性は大いにあります。

ただそれでもビックリしたのが白黒での価格差がはっきり出てないところ。

車検を抹消された車が普通に新車価格以上の取引になっている時点で国内じゃなく海外。

まず外人さんとか輸出関係の人が買っているはずです。

 

なのにはっきりと価格差が出てないのはなんでや??

 

アルヴェルのパール一強時代は終わったのか?

 

個人的にはMOP御三家(メーカーナビ、サンルーフ、フルレザー)並に、スタートダッシュだろうが価格の影響はしっかり出ると思ってただけに意外です。

 

今後どうなるのかなぁ・・・

未来のことは分かりませんが、もしかしたら「黒大好きいいいいいい!!」って人には朗報になるかもしれませんね(笑)

 

あーあと最後に。

まだ同条件で比べることが出来ないので大よその平均値でのお話ですが、アルファードとヴェルファイアの取引価格差は先週で約20万円くらい

あと1ヵ月もすればこういった部分がはっきり分かってくると思います。

 

 

【ENG】

有名な輸出専門業者です。

国内需要では到達不可能な売却金額を実現させるためには、輸出業者へ査定額を確認するのが一番の近道になります。

限られた車しか好条件での輸出該当はしておりませんので、アルファード&ヴェルファイアを所有している方は間違いなくお勧め出来る売却方法の一つとなります。

 

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

 

 

 

 - 管理人のつぶやき

新型アルファード&ヴェルファイア速報!

by にー time to read: <1 min
55