車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、情報は力、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【オプティ】リセールバリューをランク付け!

   

途中からだけど、めっちゃちっこいセダンのような見た目に変わった不思議な軽自動車。

 

本日はオプティです。

 

正面から見るとよくあるハッチバックっぽいんですけど、一応後ろに小さいトランクが付いてます。

まぁだからなんだって話ですが・・・

 

最終生産は平成13年まで。

たぶん一部のグレードだけ生き残っているはずです。

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

スポンサーリンク

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・A

 

 

・海外輸出情報

該当無し

 

 

・総評

おやおや?

ターボ&MT車だけ生き残りかと思ってたら意外としぶといな。

 

市場データを見ると生き残ってるは全体の2割程度ですけど、当時の新車価格は90~130万くらいとそれなりに安い部類。

そして20年近い経過を考えれば、普通は経過年数だけで絶滅してるもんなんですけどね。

 

ん~生き残り条件はー・・・

 

平成10年以降のセダン形状になった方であること(その前はハッチバック形状)

距離数が10万キロ未満であること

 

この二つはほぼ絶対条件だと思って下さい(該当しなければこの時点で脱落、解体業者一直線で問題ありません)

 

そしてその他仕様については、まず上に書いたようにターボ車が可能性少し高め。

グレードで言うとビークス系で、分かりやすくボンネットにダクト(穴)が開いているのですぐ分かると思います。

ちなみにこちらはMTの方が良いですけど、ATでもなんとかなってる車両もありますので、とりあえずダクト付きの距離数10万キロ未満なら買取店で足掻いてみましょう

 

あとはクラシック系も一部生き残ってますね。

ターボ車よりは距離とか程度の条件が厳しくなりますけど、距離数8万キロ以内くらいであれば生き残りの可能性が見えてきます。

 

今だに10万円以上の取引データがチラホラあるのは相応の需要がある証拠ですから、該当しそうな方は年式で諦めずにぜひ頑張ってくださいね!

繰り返しますが普通の軽自動車なら20年近くも経てばオール廃車が当たり前、可能性があるだけマシと思った方が良いですよ!

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【廃車ひきとり110番】

一通りの諸費用無料、車体にお金出してくれる率90%以上の全国対応型廃車業者です。

そして車検が残っている場合、自賠責保険や重量税などの還付金も事前に含めて支払ってくれます。

車検が残っている車の廃車を検討している場合は非常にお勧め!

しっかり交渉していきましょう。

 

 

 - リセールランク【ダイハツ】

【オプティ】リセールバリューをランク付け!

by にー time to read: <1 min
0