車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、情報は力、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【パサートCC】リセールバリューをランク付け!

   

実物は見たこと無いけどベンツのCLSみたいな形状ですな。

 

本日はパサートCCです。

 

(販売当初は)4人乗りってところもそっくりでございます。

んー高級感はあると思うんですけど、CLSはかなりきついリセールだったしなぁ・・・

パサートCCは新車価格が半分くらい(500~600万)なので、ここら辺がプラス材料になってれば良いんですけどね。

 

まぁ僅か4年ほどの販売なので・・・車自体はあまり売れなかったんだと思います・・・

 

平成24年で生産終了となります。

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・C

 

 

・海外輸出情報

なんでも中輸出に該当(ただし台数が少なく過走行があまり無いため推定です)

 

 

・総評

10年経過、10万キロ時のリセールは10%弱。

新車価格が約100万ほど違う2リッターと3.6リッターの価格差がまったくと言っていいほど無くなっているので、ちょっと3.6リッターの方がリセールは悪いです。

ワーゲン含めた輸入車の中ではまずまず価値は残ってる方と言えますね。

 

ただ良くも悪くも価格が横並びになっていて、国内需要がそこまで強くない・・・

というより認知度がかなり低い車なんだろうなって雰囲気が漂っています。

 

9年経過、3万キロの極乗車とも言える車と

 

10年経過、12万キロ走った走行に支障がある車(機関系故障)

 

この差が僅か30万ほどしかありません。

 

良く言えば輸出が強いわけですけど、この車の相場を見ていると乗ったもん勝ち。

 

大事に乗ることが価値が高めることにはあまり繋がっておりません。

 

 

なのでパサートCCに興味のある方。

H23年24年の5人乗りを狙うとちょっと高くなるので、H20年21年の4人乗り初期型タイプで低走行を買うと結構お買い得です。

とりあえず今のところはかなり乗り回しても底値によって守られますし、多少の安さ重視でそこそこ走った車を買うメリットはほとんどありません。

現行が存在しない車なので、いつ輸出底値が崩壊するかは怖いっちゃー怖いんですけど・・・

100万未満で一応高級車に入る部類の低走行車を購入(ただし10年落ちレベル)

営業車でもなんでもいいけど、プラス10万キロくらい乗り回して30~40万くらいで売却。

こんな流れが許せる方は狙ってみて下さい。

 

・・・って書いてて思った。

よりお得と言える3.6リッターは燃費が実際走ると推定5~6km(もちろんハイオク)

3.6リッターは相当高速快適だと思いますけど、乗り回して得になるのにこの酷い燃費は懐がかなり痛いw

かなり限定的で、高速での移動を多用し、かつ5人フル乗車なんて機会がなく、セダン形状じゃないと嫌、もしくは困るなんて極一部の方向けだと思います・・・

あとガソリン代は経費なんだぜ?って人とか(笑)

 

細かく調べると早々に生産終了した理由がなんとなく分かる車、そんなパサートCCでございました。

※後継と言われている「アルテオン」がこんな感じになると予想しております。

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

 

 

 

 - リセールランク【フォルクスワーゲン】

【パサートCC】リセールバリューをランク付け!

by にー time to read: <1 min
0