車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、情報は力、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【ピクシスバン】リセールバリューをランク付け!

      2017/04/02

これまたハイゼットカーゴのOEM車。

 

本日はピクシスバンです。

 

同一車種を3メーカーに渡って販売している車って他にあったっけ?

考えたけど出てこないなぁ・・・

 

平成23年から販売開始されています。

 

スポンサーリンク

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・A  57%

 

 

・海外輸出情報

低~中輸出に該当(ハイゼットカーゴと同様なら6年?規制に該当しているはず)

 

 

・総評

さすがピクシス系。

分かっちゃいたけど流通台数が少な過ぎます。

ちなみにスバルの方のOEMサンバーよりさらにちょっと減る。

 

そしてグレード展開はダイハツハイゼットカーゴとそのまんま。

エンブレム関係変えただけですね。

 

ということでお察しの通りまとも調べられません(もう慣れた

 

サンバー同様、平成25年~27年の中でグレード単位で2台以上有り、調べられそうなやつだけ出してみました。

デラックス 2WD MT ランクB

デラックス 2WD AT ランクB

クルーズ 2WD AT ランクA

クルーズターボ 4WD AT ランクA

 

以上、上下差は4%でした。

 

 

気付いた点としては、以前割り出したハイゼットカーゴのリセール実数値(〇〇%)が残っていたので、ピクシスバンの割り出せたやつと見比べたところ、ほぼ同一という結果になりました。

1%くらいの誤差の範疇で傾向含めて同じになっているので、たぶん他グレードも同じだろうなと予測。

 

そしてこれで分かった3兄弟のリセール順位がこれ。

 

本家ハイゼットカーゴ(ダイハツ)=分家ピクシスバン(トヨタ)>婿養子サンバーバン(スバル)

 

ちょっと意外でしたね~本家よりは5~10%くらいは落ちるだろうと踏んでいたので大健闘です。

 

これは仕事用という軽バン貨物だからこそかな?

ブランドなんかよりも荷物乗せる方が大事!

より程度が良い中古車をって考える人は多そうだし。

 

というわけでこの3種で悩んでいる人は

新車検討・・・新車価格も同じ、リセール比率もそう大きな違いは無いが、売る時に苦労しないのは本家です。

苦労しないというのは、データ量が多く買い取る側も悩まないので高くなり易いということです。

 

中古検討・・・OEMだから中古が安い!という法則が通じません。特にピクシスバン、サンバーバンをわざわざ探して買うメリットは薄いでしょう。

3兄弟全て過走行比率が高い車ですので、車名を気にせず3兄弟の中で状態が良好な車を探されるのが宜しいかと思います。

 

販売開始から5年以上経過してまだこの台数じゃ・・・

トヨタブランドの威光は全然世間には通じていませんね。

 

あと5年後くらいにピクシス系が認知されて伸びるているのか逆に消えているのか、ちょっと気になるピクシスバンでした。

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

 

 

 

 - リセールランクトヨタ車