車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、情報は力、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【PTクルーザー】リセールバリューをランク付け!

   

クライスラー(クライスラージープは除く)の中では日本で一番流通量がある車。

 

本日はPTクルーザーです。

 

平成22年で生産終了と、最近は見なくなりましたけど5年以上前はちょいちょい査定とかしてました。

クライスラージープと同様の見方をすると痛い思いすると思います(まだ調べて無いけど)

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

スポンサーリンク

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・D

 

 

・海外輸出情報

該当無し

 

 

・総評

なるほどなるほど。

 

新車価格は300万前後で~・・・

 

リセール的な寿命は~・・・

 

10年10万キロまでもたないな。

 

これはかなり厳しい部類の車です。

 

一応特徴含めた買取店に行った方が良い条件を書いておきます。

・距離数5万キロ未満(いっても8万キロ未満であとは状態次第)

・レザー、サンルーフ付きだと10年経過、10万キロあたりがギリギリライン

・修復歴、内部故障(チェックランプとか)食らうとほぼ二束三文となります

・色は白黒じゃないとほぼ廃車(よっぽど距離が少ないとかでなんとか生き残る)

・モデル年式高めの左ハンドル並行輸入の場合は一応動いた方が良い

 

以上となります。

 

全体を見た時にまだ価値が残ってる割合は1割程度。

 

普通に1年1万キロくらいのペースで乗ってしまった方は、ベースグレードの場合最終型でもほぼ廃車となってしまいます。

 

似たような新車価格で・・・例えば世間で人気が高いヴォクシーあたりなんかだと逆に廃車の可能性ほどゼロ(事故現状車くらい)

低走行であれば今だに100万以上の取引が成立するわけですから、こうやって比較するとリセールの重要性がよく分かりますね。

 

見た目が独特ですから、今から中古を狙うなんて方は好材料かと思います。

8年経過、8万キロ以降あたりを買えばもう大半は底値になっていますので、敢えて古い年式なんて買わずに極力新しい年式買うことをお勧めします。

 

そしてどこか壊れたら直さず処分する。

 

これ超大事!

 

輸入車の宿命である故障にお金を使うなとは言いませんが、使うべき車、使わないべき車をしっかり考えましょう。

いくら修理にお金をかけたって売る時は廃車なわけですから、尋常では無い愛で長く乗るつもりが無ければ全てが無駄になってしまいます。

 

ちょい乗り推奨だね!

 

同じクライスラーでも、ジープ系とは月とすっぽん状態なPTクルーザーでございました。

 

PTクルーザーカブリオレは別車種扱いとなりますのでまた別の機会に。

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【廃車ひきとり110番】

一通りの諸費用無料、車体にお金出してくれる率90%以上の全国対応型廃車業者です。

そして車検が残っている場合、自賠責保険や重量税などの還付金も事前に含めて支払ってくれます。

車検が残っている車の廃車を検討している場合は非常にお勧め!

しっかり交渉していきましょう。

 

 

 - リセールランク【クライスラー】

【PTクルーザー】リセールバリューをランク付け!

by にー time to read: <1 min
2