車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、情報は力、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【R1】リセールバリューをランク付け!

   

この車はちょっと特殊かも。

 

本日はR1です。

 

3ドアタイプのR1、5ドアタイプのR2という括りですね。

 

オリジナルスバルのまま、余計なこと(OEM)をせずに生産終了させたという意味では個人的な評価が高い車ですが、もうだいぶ昔に50万以上の赤字を叩き出した経験もある因縁の車でもあります。

 

平成22年に生産終了となります。

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

 

スポンサーリンク

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・S

 

 

・海外輸出情報

該当無し

 

 

・総評

リセールは非常に高いです。

昔に比べるとリセールの落ち方がだいぶ緩くなったような印象がります。

 

国内需要のため、年式、距離、状態、修復歴などが全部合わさって価値が決まるタイプですが、特に平成20年6月の一部改良以降は中々凄いですね。

9年経過で今だに新車価格50%以上の取引価格になっている車もチラホラあります。

 

うん、優秀。

 

さすがスバリスト(え

 

一応この車の特徴をザザーッと書いていきますので、所有されている方、これから買おうとしている方は見てみて下さい。

・ボンネットにダクトのあるスーパーチャージャー付き(グレードS)が特に優秀。

・ただグレードRとかでも全然問題ありません。

・4WD強い、非常に強い。

・色より距離と状態。

・5万キロ以内はかなり熱い。

・10万キロくらいでもまだいける

・15万キロあたりがギリギリ(その後廃車へ・・・)

・ただしフレーム腐食、ボディーボコボコはダメダメヨ(日本人そんな車に興味がありません)

 

こんなもんです。

 

全体通して言えるのは廃車率が非常に低い!

 

初期の平成17年で10万キロ超えてようがまだ生き延びていますので、状態があまりにも悲惨じゃなければ廃車にしないようにしましょう。

 

そして中古の購入を考えられている方は比較的割高な部類の軽自動車になってくると思います。

 

距離は少なく、修復歴なんて無く、年式はより新しく・・・

 

こんな理想を持ってしまうと、「想像以上にたけぇ!!」ってなることでしょう。

 

私にはいまいちこの車の魅力が分かってませんが、「3ドアスーチャー付き」という対抗馬があまり出てこないような車が原因かもしれませんので、本当に必要なのかしっかり考えて買いましょうね!

 

 

昔は「3ドアとかwwワロスwww」とバカにされていた。

 

不人気車が通る道、流通量が非常に少なく(今も少ないけど)、修復歴になっただけで50万以上も価値が落としていた(買い取ったら事故落ちして全米が泣いた)

 

それが今「どうしてこうなった?」って感じですが、スバルオリジナル軽自動車の意地を今後も見せてくれる気がします。

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【廃車ひきとり110番】

一通りの諸費用無料、車体にお金出してくれる率90%以上の全国対応型廃車業者です。

そして車検が残っている場合、自賠責保険や重量税などの還付金も事前に含めて支払ってくれます。

車検が残っている車の廃車を検討している場合は非常にお勧め!

しっかり交渉していきましょう。

 

 

 - リセールランクスバル車