車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、情報は力、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【シルビア】リセールバリューをランク付け!

   

スカイラインと並んで有名な日産スポーツカー。

本日はシルビアです。

 

このブログを見ている方は30代~50代の方が多そうなので、「懐かしい!!」って思う方もそれなりにいらっしゃると思います。

ドリフト車両としても有名ですしね!

 

セダン系は鼻くそみたいなリセールしか残せていない日産ですが、スポーツ系は一味どころか五味くらい違うはず!

 

15年以上経った今でも光り輝いていることを祈りながら調べてみたいと思います。

平成14年で生産終了です(復活の噂があるけどマジ?)

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

スポンサーリンク

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・SS

 

 

・海外輸出情報

最終15型

スペックR・・・MTはほぼ高輸出に該当 ATは中輸出に該当

スペックS・・・プチ輸出に該当(MTの方が気持ち高い)

 

14型

KS・・・中輸出に該当(ATの場合はデータ無いためよく分からず)

 

13型

KS・・・低~中輸出に該当

QS・・・プチ輸出に該当(ATよりMTの方が強い)

 

 

・総評

最後に相場見たのは・・・何年前か忘れたけど相変わらず高い。

 

下がった印象がまるでありません。

 

この車の場合、「ターボが付いてるor付いていない」で内容が全然変わってしまうので分けて書きますが

 

ターボ付きの場合(スペックR)

廃車の可能性はゼロ。

事故現状だろうがエンジンやミッションなど・・・部品としても重宝されるので価値がしっかり残ります。

 

最重要ポイントは距離数。

これが10万キロ以内だとかなり期待値は高いです(それでも10万キロです)

 

ただしこのくらいの距離数ですと修復歴の影響を多分に受けます。

以前記事にしたホンダの「S2000」と同じような感じですが、大きな予算を持って低走行の極乗車を購入しようとしている人は修復歴にも拘る。

10万キロ超えてある程度落ち着いてくると修復歴の影響が少なくなると思って下さい。

 

ちなみにこれは改造でも同じことが言えます(価値の高い低走行はノーマルが好まれます)

そして最終的には輸出が支えてくれますので、ボロボロだろうが、修復歴があろうが、フレームに穴が開いてい用が、走行不明だろうが・・・

 

ほぼほぼ高輸出枠で運ばれていきます。

 

ちなみに「AT」の場合、国内、輸出ともにかなり下火になりますのでターボの半分の価値になるくらいに思っておけば良いと思います。

まぁスペックRのATなんてほとんど世の中に出回っていませんけどね。

 

 

ターボ無しの場合(スペックS)

ターボ無しになったら価値が全然無くなるかというとそんなことも無く、経過年数から考えると普通の車が涙目になるくらいには価値が残っています。

どちらかというとこの車の重要度は 

 

ATorMT > ターボorノンターボ

 

ノンターボでも15型であれば100万以上の取引額(リセールで言えば50%超え)がチラホラありますので、所有されている方は充分期待をしましょう。

目安の距離数はスペックR同様に10万キロです(超えてもちゃんとお金にはなりますけどね)

 

そしてATの方はお金にはなりますが、過度の期待を持つのはやめときましょう。

 

シルビアの全体的な中古車売値なんか見てワクワク査定しようもんなら帰る時に震えて事故に合います。

プチ輸出枠が主となりますので、状態に自信がある、めちゃ低走行だ、改造によって見た目だけには凄い、なんて方はもうちょっと期待するくらいにしておきましょう。

 

 

この調子で14型、13型までやってたら大変なことになるので後はサラッと流しますが、14型もターボ付きのKSは今だに高いですね。

結構強い輸出にも守られていますので、所有されている方は中輸出枠以上確定(内容によっては高輸出枠)と思って下さい。

 

廃車の選択が出てくるのはノンターボのQS、しかもATの場合くらいかな・・・

MTなら国内再販に廻ると思いますから諦めずに買取店巡りしましょう(専門店はターボじゃないとたぶん無理です)

 

 

そして13型。

今のなっては古臭い印象しか残りませんが・・・

同じ日産のGT-Rと同じで大型化を嫌う人からすると有り難い存在なんでしょうね。

 

市場取引価格は14型とほぼ同等です。

 

しかもQSの価値は14型よりも上。

 

ATでも部品取り用なのか分かりませんが底値がしっかりあるように思えます。

もう改造車だらけで何が何だか分からない状態になってますが・・・(笑)

 

中には“100万超え”なんてデータも存在しますので、夢いっぱいに売る時は交渉してみましょう。

こういった車は1本抜き(100万以上の利益献上)がしやすい車ですから、油断するとブッコ抜かれちゃいますよっと!

 

MT車に限ればランクSSS。

トータルで見るとランクSSが適正かなと思う、非常に優秀なシルビアでございました。

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

 

 

 

 - リセールランク日産車