車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、情報は力、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【ステップワゴンスパーダ】リセールバリューをランク付け!

   

ステップワゴンのスポーティーモデル。

 

本日はステップワゴンスパーダです。

 

いやーすっかり勘違いしてました!

以前のスパーダはステップワゴンの中の1種、排気量2400ccを武器になんとも微妙な立ち位置でギラついてました。

 

あくまでメインはステップワゴン、スパーダはおまけ。

 

ただ既に記事にしている本家ステップワゴンと比較すると・・・

こっちの方が断然流通量が多い!

 

考えてみたらミニバンでエアロ付きのスポーティーモデルって人気あるしねぇ・・・

もうこちらが本家になっているようです。

こりゃリセールも期待出来そうな感じ!

 

ちなみに別車種扱いになったのは平成21年からとなります。

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

スポンサーリンク
 

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・S  61%

 

 

・海外輸出情報

基本低輸出(たぶん国内部品取り)

5年規制はあるっぽい・・・高輸出に該当

 

 

・総評

27年でFCが入っているので前型最終という不利な状況ではありますが・・・

 

おやおやまぁまぁ。

予想外の展開。

 

分家のノーマルステップワゴン様に負けてるじゃありませんか(こちらも前型で調査しています)

 

 

はーふーほーん・・・

 

良くも悪くも“ホンダ車の特徴”“ミニバンの特徴”がしっかり出てますね。

 

まずはグレード別をご覧下さい。

リセール低下の原因がこれで分かります。

S(2WD) ランクA

S(4WD) 不明

Z(2WD) ランクS

Z(4WD) ランクS

Zクールスピリット ランクS

Zクールスピリット ランクSS

Zi(2WD) ランクB

Zi(4WD) 不明

 

一目瞭然ですね。

 

ノーマルステップワゴンと違って上下差が非常に広く、特に最上位のZiが足を引っ張りまくってます。

 

ちなみに流通量の差は

Zi < S <<< Z << Zクールスピリット

 

こんな感じ。

 

オデッセイハイブリッドと同じで、最上位はその下の「Zクールスピリット」と比較して50万ほどいきなり価格が上がります。

2000ccクラスのミニバンで総額400万近くじゃそりゃ買う人相当少ないわな・・・

もっと上のクラス買えちゃうし。

 

また、最下位グレードとなる「S」は標準が片側パワースライドドアのためこれも納得。

オプションで両側パワースライドにすればその上での「Z」と取引実数値が変わらなくなります。

で、スポーティーミニバンはそれなりに見た目と装備に拘る方が多いので、「Zクールスピリット」の流通、中古需要が一番高いと。

うん、分かりやすい。

 

 

では次にこの車の特徴です。

・やっぱりホンダは4WDが強い(というより4WDの新車購入率が低い)

・2WDとの新車購入差分(約30万ほど)が3年程度ならそのまま2WDの価格に乗っかります

・色は黒白安定、次点でパープル(ワイン、シルバー、グレーはスポーティーミニバンでは非常にまずいです)

・距離減点(距離を走ることによる損失)がホンダらしく大きめ

・片側パワスラと両側パワスラの差は20万ほど

・メーカー9インチナビの効果は薄い(社外のワイドタイプと変わりません)

・修復歴になるとマイナス30万くらいは覚悟

・国内流通なので傷や凹みは価値が目減りしていきます

 

こんなもんですね。

 

2WDと4WDの差はフリードと同じ。

4WDの圧勝です。

まぁ得するわけじゃないのでまったく必要無いなら選ぶ必要は無いと思いますが(笑)

 

あとは極端に特徴的な部分は無いかなー?

よくある中間クラスのミニバンの特徴そのままだと思います。

 

 

なので現行型を検討されている方。

安心して下さい。

現在は今回調べた「Zi」のようなやたら高い最上位モデルは消えております。

ホンダさんもそこら辺は気付いたんでしょう。

 

なので買うなら上位のクールスピリットお勧め。

 

2WDと4WDも悩むくらいなら、そして3年5年での入れ替え予定なら4WDお勧め。

カタログ値で燃費差0.4km/lしかない。

なのに売る時高い。

 

でも年間1.5万キロ以上走る予定の人はお勧めしません。

そんな人はトヨタ車買った方いい。

ステップワゴンの輸出なんて強くないんだからそっちの方が得するよ!(車種によるけど)

 

 

あ、現在所有の方は特に気にすることなく好きなタイミングで手放しても大丈夫です。

5年規制はあるっぽいけど、さすがに一般の方が5年で20万キロとか30万キロ走らないっしょ?

年間3万キロ、トータル15万キロくらいならまだ国内に廻りますので、安心していいのか良く分かりませんがご安心を。

 

距離あまり走らない方なら13年経っても価値は残ります。

 

 

あーあと前回記事の「やってほしいこと、有りますか?」のご意見はコメント、メール両方で頂いておりますので近々まとめてお答えします。

返信はしてませんがちゃんと見ておりますからね!

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

 

 

 

 - リセールランク【ホンダ】

【ステップワゴンスパーダ】リセールバリューをランク付け!

by にー time to read: <1 min
0