車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

リセールバリューをランク付け! 【スイフトスポーツ】

   

はい本日はスポーツ特化コンパクトカー。

 

スイフトスポーツとなります。

 

以前は他グレードと一緒くたになってましたが、3代目からは一車種として独立しましたね。

そこまで流通量は多くないと思いますが、一部根強いファンがいる印象です。

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・S  63%

 

 

・海外輸出情報

不明

 

 

・総評

通常のスイフトに比べたらリセールが跳ね上がるのは分かっていましたが、個人的にはもっとあって欲しかった(笑)

 

この車はグレードというグレードも無いため非常に分かり易いですね。

・ATorMTはMTの勝利。スポーツ系なので。ただその差は5%程度なので、MTが辛い人はATでもOK。

 

・改造OK。元は取れませんがエアロ、足回りetc・・・好みがあればやっちゃいましょう。

 

・イメージカラーは黄色。ただしリセールは黒パール>ガンメタ>黄>青赤>シルバー・・・(流通量は黄色多し)

 

・輸出なのか不明ですが、走行距離3万キロと10万キロの差は20~30万程度。うん、差が少ない。

 

特徴も含めてババッと箇条書きしちゃいましたが、このような感じです。

コンパクトカーの中ではちょっと特殊ということもあって非常に優秀だと思います。

 

一見リセールだけを見ると、まぁそれでも「ランクS」だしって感じですが、この車は非常に息が長い。

 

24年式もさほど価値は変わりませんし、型が変わってもしぶとく需要が続くタイプです。

(初代スイフトスポーツでさえ今だに国内需要として価値が残っています)

 

MT6速のスポーツ系コンパクトカーで他に目立ったライバル車もいないので(もっと値段が高いのはあるけど)、系統は違いますがある意味お手軽に遊べるジムニーに近い存在ですね。

 

というわけで現在所有されていて売ること考えている方。

 

絶対に廃車にしちゃいけませんよ!

 

改造しなきゃ見た目はちょっと地味ですが、スイフトの”スポーツ”であれば何かしらの需要があります。

ディーラーでは評価が難しい車なので買取店にGOしましょう!(ボコボコ過ぎたらダメかも)

 - リセールランクスズキ車