車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、情報は力、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【トゥアレグ】リセールバリューをランク付け!

   

ワーゲンの上位SUV。

 

本日はトゥアレグです。

 

他輸入車メーカーの上位SUVと比べると新車価格が安い(っていっても車体700万くらい)

その分中古価格も早い段階で300万を下回る。

若いお兄ちゃんも買える範疇に入ってくるので憧れで買ってみる。

 

こういった理由のせいか分かりませんが、過去を振り返ると型落ちのトゥアレグばっかり査定や買取をしております。

出来れば新しいトゥアレグが見たいんじゃが・・・じゃがじゃが。

 

平成30年4月で一旦販売は一旦ストップ。

 

現在新型の販売に向けてもりもり頑張っているころだと思います(今年か来年あたりか?)

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・C  43%

 

 

・海外輸出情報

3リッター(平成23年~ハイブリッド)・・・超高輸出に該当

3.2リッター(平成19年まで)・・・低輸出に該当

3.6リッター(平成19~22年まで)・・・中~高輸出に該当、年式が新しいほど少し伸びが良い

3.6リッター(22年FC以降)・・・超高輸出に該当

4.2リッター(平成18年までの7KAXQA)・・・低輸出に該当

4.2リッター(平成19年~22年まで7LBARA)・・・中輸出に該当

6リッター(~平成19年まで)・・・中輸出に該当

※3リッターハイブリッド以外、普通に走れば修復歴は関係無し(ハイブリッドはダメというというよりデータが無くて分からん)

 

 

・総評

輸出傾向マジマジめんどくせー!

マジ卍!マジ卍っ!!!!(使い方が分かってない)

 

さて、気を取り直してグレード別いってみましょう(平成27年2月のMC以降で調査しております)

V6(ベース) 不明

V6アップグレードパッケージ ランクC

V6アップグレードパッケージ CDCエアサスペンション装着車 不明

 

・・・ふむ。

アップグレードパッケージ大人気である。

というより、他が少な過ぎである。

 

V6のベースは25年式でやっと生息を確認。

エアサス付きはチラホラとあるけど、安定して前年式という感じではありません。

 

そしてトゥアレグの特徴がこちら。

・やっとワーゲンにしては珍しく?サンルーフの付加価値が30~40万入っていることを確認(3年経過くらいの価値で)

・エアサスの付加価値は他車種同様空気。あっても10万程度で壊れるリスクの方が高いか

・白黒と他色の差は3年経過程度だと30~50万とやや大きめ

・27年のMC時落差は30万程度と車格にしては意外と控えめ

 

こんなもんですかね~。

そして上記のように排気量や型式によって様々な輸出底値が存在しているといった具合になります。

特徴は解説の必要も無いと思うので、ここまで調べて思ったことは一つ。

 

昔に比べてちょっとキツくなってないか?

 

今回調べたリセール数値は一応最終型。

今後FCが控えているとは言え、まだ販売日も確定していないような状況なので市場に影響は出ていないと思っています。

それでランクC、しかも前半か・・・

 

結局高額輸入車の運命とも言える、中古需要が活性化するまでダダ下がりという流れ、これがまったく回避出来ていません。

 

幸い市場価格が200万台に突入すると(一般の人がお店で買う額が300万前後)そこからの落ち方は一気に緩くなります。

23年のFC以降の相場に着目すれば大半は200万台をキープしていますので(極端な過走行車とか修復歴車は別ね)、売り買いのタイミングさえ間違えなければ需要に引っ張られて優秀なリセールを叩き出すことは間違いないです。

 

ただなぁ・・・

300万前後まで一気に価値が落ちることを考えると、ほどよい富裕層はこの車すっ飛ばして別の400万500万くらいの車買っちゃってるのかなって予想も出来ちゃうんですよね。

 

見え張る車両としてはちょっと弱いんだろうか。

 

まぁそんなこと気にしたってしょうがないしほっとくか(笑)

 

 

とりあえずトゥアレグに興味のある方は、今手を出すのは止めときましょう。

 

新型が出て、少ししてから様子を見つつ動く。

 

中古狙いならこの方がまず得になります。

特に最終型あたりを300万以内くらいの予算で考えられている方なんかはより待つ恩恵が強くなるでしょうから、2年くらい待てる方はスクワットでもしながら待ってみて下さい。

たぶん販売開始してすぐじゃ大きくは下がりませんよ。

 

200~300万は高級輸入車SUVを狙う層が厚いので。

 

新型が販売開始されて、その新型が中古市場に出て、新車との落差がしっかり出てからやっと前型に影響が出ると思いますので、そのタイミングを狙って動いてみて下さい。

まぁ中古販売価格は仕入れ値の問題もあるのでそんなタイムリーには反映されませんから、タイミング計るのは難しいんですけどね(笑)

 

結局は心理戦なので焦らず動くことをお勧めします。

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

 

 

 

 - リセールランク【フォルクスワーゲン】

【トゥアレグ】リセールバリューをランク付け!

by にー time to read: <1 min
3