車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【ヴェゼル】リセールバリューをランク付け!

      2017/05/07

本日は読者さんからのご希望でこちら。

 

ホンダのヴェゼルを調べてみます。

 

ホンダの中ではそこそこ売れているイメージがある車ですね。

一応ヴェゼルとヴェゼルハイブリッドは車屋の中では別車種扱いなので、今回はガソリンの方だけです。

 

ハイブリッドは次回だね!

 

あと25年の12月からの販売開始となるため、いつもの3年経過ではデータがまったく拾えません。

よって26年式をメインに確認してみることにします。

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

スポンサーリンク

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・SSS

 

 

・海外輸出情報

 

特需中

 

 

・総評

なんだこれ・・・

やばいやばい落ち着けみんな。

 

 

いやまず俺が落ち着け。

 

 

 

相場がおかしいことになってます。

 

 

 

 

過去に数度買取したことがあるけどこんな相場じゃ無かった。

 

これは珍しいというか、ホンダ車初かもしれない特需か?

 

 

とりあえず分かったこと。

 

26年式が一番高い(26年>>27年>>28年)

 

絶対関税が絡んでる。

 

バカ高いのは2WDのみ。

 

 

条件は・・・

 

グレード「X」と「S」

 

一番下の「G」は怪しい。

というかデータ量が少な過ぎて判別出来ん。

 

シルバーはダメ。

たぶん該当条件から外れてるわけじゃないけど抜けて安い。

 

該当色は黒、パール、ブルー、パープル・・・あーシルバー以外たぶん全部。

 

そしてワインが一番ヤバい。

 

 

新車価格を余裕で超えてる。

 

 

あと修復歴はダメ

 

該当から外れる。

それでもやたら高いから特需より落ちる別のルートがあるのかも。

 

 

あまり具体的なパーセンテージ書くと、すぐずれ込んだりしそうだから避けてましたが

敢えてここは書く。

 

一番台数の多い黒、パールあたりで上記の条件満たしていれば・・・

 

 

 

 

 

 

リセール割合 99%

 

 

 

 

 

 

あのハリアーもびっくりパーセンテージ!!

 

 

ちなみに多少ブレはあるけど、少なくとも今年の1月からその傾向は続いている模様。

 

 

 

知らなかったよおおおおお!!!

 

 

 

 

 

これをたまたまでも見た26年式ヴェゼルのガソリンに乗っている人!!!

特にワインレッド選んだ人!!!

 

 

 

マジで今すぐ!

 

 

 

 

 

超特急で荷物整理して買取店にダッシュや!!!!

 

 

 

 

 

あと半年続くかもしれないけど来週には終わるかもしれない。

 

すぐ車無くなって困る人もいそうだけど、この機会逃すと次なんてたぶん無いぞー!!!

 

私もヴェゼルのワイン乗ってる人今から探す!!

 

 

 

というわけでこの車を希望された読者の方すいません。

こんなはずじゃなかったんですが、結果はこうなってしまいました。

 

まったく参考にならないと思います(笑)

 

まぁ過去の経験上でいけば、たぶんですがヴェゼルは本来「ランクA」か「ランクS」あたりだと思われます。

 

気にされていた”ホンダセンシング”は平成28年2月からと、まだ時期が経過していないため、現在新古車のみがオークション流通に入ってきていますね。

 

現在の新古車価格は出始めということもあって新車とほぼ同じくらいの取引金額ですが、これは上記のような特需が無い限り充当に下落していくものと思われます。

 

 

ちなみにこれも経験上のお話ですが、他メーカーでも出しているこの手の衝突防止などの自動制御機能。

これが分かり易い例でいけば”サンルーフ”のようにかかる費用以上に元が取れるかと言われたら

 

これは取れません。

 

 

もちろん無いものより評価は高くなりますが、共に価値は落ちていき、いずれ差が無くなるでしょう(10年15年後とか)

 

よってここら辺の機能は、自身が必要とするかどうかの判断で良いと思います。

 

少なくとも今の段階では、自動制御機能による”誤作動”を心配して、敢えて選ばない人もいるのが現状です(私の顧客さんにも複数人います)

 

そのような心配事が無くなれば、もうちょっと評価に繋がるのかもしれないですけどね!

 

 

では次回、ヴェゼルハイブリッドの方を調べてみようと思います。

 

 

 

【更新】29年5月7日

第6回アンケート結果によりヴェゼルを更新します。

 

前回は・・・そうかもう1年くらい前になるのか。

当時はスーパー特需該当でまともに調べられなかったので今回はちゃんと調べないとね。

 

 

・・

 

・・・

 

よし、調べ終わったけどみんな今回は落ち着いてみような。

 

また輸出該当全開になってるけど落ち着いてみような!!

 

それじゃまずいつもの3年経過、3万キロ時のグレード別です。

G(2WD)ランクS

G(4WD)ランクS

X(2WD)ランクSS

S(2WD)ランクSSS

 

上下差20%。

一番低いのが「Gの4WD」です。

 

前回はスーパー大フィーバーの役満コースだったので見劣りするかもしれない。

が、前回あった特需の傾向を今も引き継いでいる面白い相場を形成しています。

この車を狙っている人はこの下の特徴を良く見て下さいね。

 

 

まず前回もダメだったグレード「G」は相変わらず蚊帳の外になっている感があります。

取引台数も極小、この手の情報を知らない人もほとんど選ばないグレードですので買わない方が吉となります。

 

そして4WDもアウト。

形状を考えると4WD向きな雰囲気を醸し出してる車ですけど、新車価格は20万以上引き上がります。

Gが国内っぽいですが、新車価格差が足を引っ張って2WDよりさらに下がりますので、現在ラインナップで出ている「X・ホンダセンシング」の4WDなんかもリセール気にするなら手を出しちゃダメですね。

4WD欲しいなら素直に別の車選んでおきましょう(リセール悪いわけじゃないけどね)

 

そして「X」と「S」の2種。

この2グレードは以前ほどでは無いにしても輸出該当しています。

特需が終わった時もこんな感じだったと思うので、これが素のヴェゼルのリセールになるのかな?

 

大きな特徴としては

・1万キロも5万キロも価値が変わらない

・純正ナビがあろうがなかろうが価値は変わらない

・修復歴はやっぱりダメ。一気に外れてマイナス30~40万は食らいます

・シルバーだけマイナス20~30万と相変わらず弱いので絶対選んじゃダメ

・白黒はもちろんたまにある「ブルー」なんかも問題無く行っています

・「ワイン」は神(他色よりさらに20~30万高い)

以上!

 

そして大事なこと。

 

28年式 < 27年式 ≦ 26年式

 

これ超重要な!!

 

スーパー特需時代を引き継ぎ、今だに“年数が経過した方が価値が上がる”という一般常識を覆す傾向が見られます。

つっても27年と26年はほとんど変わりません(25年式は12月のみなので、データが無く不明)

 

 

というわけでこれだけ書いておけばあとは大丈夫っしょ!

 

あなた売る時にどうなるかは数年後のお話なので分かりません。

分かりませんが・・・

 

現在のラインナップにある「RS・センシング」が今回調べた「S」に該当しますので、グレードはRS・センシングをチョイス。

 

色は勝負のワインレッド。

 

と言いたいところだけど現在ワインレッドは消滅・・・

 

 

近い色でいくと赤しかありません。

 

おいおいどうするよ・・・って感じですが、一応29年式のRS・センシングを見てみると取引画面はほぼ赤一色(笑)

プロ転売ヤーがワインの変わりに赤を選んで絶賛大勝負中ですので赤で問題無いと思います

29年式のデータ見る限りでは白黒とほぼ同等、気持ち赤有利で動いてますしね(もちろんこれも輸出)

 

まぁ赤は普通に乗るならかなり好み分かれる色なので、どうしても嫌ならシルバー以外、そしてナビなんて欲しければ安い社外ナビでOK。

 

この車に限っては純正ナビを20万以上出して買うなんて札束でお尻拭いてトイレに流すようなもんです。

 

輸出狙いならコーティングもいりません。

 

マットもバイザーもいりません。

 

エンジンスターターとか細かい物も、全て自己満足と快適性のためだけと思って下さい。

 

リセールには何も繋がりません。

 

 

そして買ったら待つ。

 

 

最低2年は待つ(笑)

 

 

もちろんいっぱい走った人の方が得だから、待ってる間はどんどん使ってあげようね(ただし事故だけはほんと注意)

 

これでランクSSS・・・

というよりさらにその上、90%台も可能性が見えてくる!・・・かもっ!!!

 

 

ふぅ・・・

あくまで今の相場を元にしているから保証出来るものでもありません。

ただそれでも期待値が高い方を選択するのは勝つ人の常套手段だと思います。

250万ぐらいで買える分、コケた時のリスクは高価なアルヴェルあたりより少ないパターンもあるでしょうしね。

 

まとめると

・高リセールを狙える車両の中では割と安価

・特需経験有りという過去の実績が非常に強み

・特需じゃなくても輸出自体が非常に強い

・ワインレッド帰ってきてくれー!!(これだけが懸念材料)

 

さぁ、狙うか狙わないかはあなた次第です。

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

 

 

 

 - リセールランクホンダ車