車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

安易に貼るな ステッカー、シールの危険性 

      2017/02/28

今日はこんなお話です。

というのも痛車とは違いますが、本日シールをペタペタ車に張り付けたお客様が来られたんです。

 

ちなみに痛車をご存じ無い方もいるかもしれませんので、参考程度に痛車はこんなんです。

一部の痛車に乗っている方には申し訳ないですが・・・痛いっすねー(笑)

 

まぁ話の流れでそのシールペタペタ車両を査定することになったんですが・・・

 

安いと激怒!!

 

正直そこらの買取店なんかより高いと思うんですけどねぇ・・・

 

 

 

たぶんですね。

本人はカッコイイと思ってやっているんですよ。

さすがにその車両は載せれないので、イメージでいくとこんな感じです。

もっと派手ですが。

 

まぁ悪くは無いと思うんです。

ただ”誰が剥がすの?”って話です。

 

スポンサーリンク

 

まず勘違いされる人もいると思いますので先に言っておきますが

純正のステッカー以外は基本的にシール、ステッカーは剥がしてオークションに出品、もしくは在庫に並べます。

 

 

理由は好みが分かれるから。

 

 

これだけです。

あなたがカッコイイと思ったデザインも人によっては趣味じゃないと思う。

こんなことも当然あるでしょう。

なら極力万人受けする状態にと買取る側は考えるわけです。

 

ちなみにオークションに出品すればほぼ値段は下がります。

 

ベースの値段にもよりますが、「ステッカー有り、看板有り」などの表記が検査機関で書かれ、100万くらいの車なら5~10万くらいはマイナスですね。

 

 

ではそのステッカーやシール、剥がしましょうとなるんですが・・・

これ、自分で剥がしたことある人ってそんなに多くないと思います。

貼ったら普通は貼りっぱなし。

 

でも実際剥がそうとすると・・・

 

くっそ大変なんですよ。

 

くっそですくっそ!!

 

 

貼ってあるシールなどの内容によりますが、酷いと丸一日かけても無理です。

爪でカリカリすれば色によっては傷だらけになりますし、しかも貼ってからの月日が相応に経過していると、日焼けにより貼ってあったところと無いところとで色ムラが発生します。

そうすると全体を研磨して色を整える作業まで入るわけです。

 

今の時期なら寒い中延々とこんな作業・・・無料でやりたくないですよね?

 

私なら少なくとも5万は頂かないとやりたくないです。

この部分を理解してくれる方ならいいんですが・・・

 

本日の方はご理解頂けず激おこプンプン丸でした。

そもそもなんで剥がすんだと・・・

 

 

 

よく企業などが車に社名や電話番号などを入れて走っていると思います。

俗に言う看板車両というやつです。

あのような内容はもうしょうがないと思うんです。

売却どうこうより仕事が最優先だということが分かりますから。

 

ただ一般の方が自家用車に張る場合・・・リスクがあることをご理解下さい。

誰も好んで追加の労力をボランティアでやろうとは思いません。

 

どうしてもシール貼りたいなら・・・

せめてガラス部分だけにして下さいね。

ガラスならまだ剥がすのは簡単なので。

 

もしくは自分で剥がす覚悟を持って貼りましょう。

 - 車売却前に知っておくべき知識