車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

ヤフオク代行出品 カーオク!を検証

      2017/02/28

前回の記事はオートオークションでの代行出品についてでしたが、同じ代行出品ということで今回は日本最大のネットオークション、ヤフーオークションでの代行出品業者について検証してみました。

 

まずヤフーオークションでの車の売買についてですが、これは個人売買の延長というか拡張ツールみたいなものですね。

 

個人売買に有りがちな、身近に買う相手がいない!というのを解消する方法です。

 

全国に情報を発信出来ますが、以前記事にした個人売買にあるリスクはヤフオクでももちろんありますので、一長一短のシステムという部分には変わりありません。

 

 

しかしそんなデメリットを解消出来そうなカーオク!Rの存在を発見!

 

ヤフオク代行の中では一番大きそうですねこの会社。

使ったことがある人もいそうですが、システム的にリスクが少ないなら私も使ってみようと思い検証することとなりました。

 

最初に言っときます。

 

今回の記事、長いっすよ・・・

 

スポンサーリンク

 

まずシステムの概要を確認すると

・ヤフオクへ変わりに出品してくれる。

・手数料はベースが35000円+税金(先に車を持ってって貰いたい場合は40000円+税)

・自宅に陸送会社が取りに来てくれるらしい(落札者負担)

・名義変更はカーオクが無料でやってくれるらしい

・車両情報を自分で送ったりするだけで、カーオクが車の内容に責任を持ってくれるわけではない(何かあれば減額で解決)

・買取保証制度がある

 

こんなシステムですね。

私もヤフオクを使いますので、画像の取り方や説明欄の書き方で落札額が変わるのはよく分かっています。

しかしヤフオク内で「カーオク」で検索しても引っかからないため、どのような出品の仕方なのかは不明です。

 

予想としては個人出品では無くストア出品をし、レイアウトや画像掲載に拘ってるんじゃないかなーと予想。

まぁよくある中古車屋が出品しているのと同じような感じですかね。

 

そして代行出品手数料が35000円。

個人出品の場合は約3000円くらい出品手数料が掛かりますので、追加で30000万ちょっと支払うことにより出品画面が豪華になるのかな?

 

ただ気になる部分は陸送会社が自宅まで取りに来てくれるという部分。

 

一見凄い楽なイメージを持ちますよね。

家まで取りに来てくれるなら確かに楽だと思います。

 

ただ陸送会社最大手のゼロで一般宅までの引取り、配送サービスはやっていますが、このシステムかなり高いです。

車屋⇒オークションだと業者設定価格(会社それぞれで契約するので料金に多少の違いはあります)が適応されるので安くなるんですけどね。

もちろん移動間の距離にもよりますが、これが落札者負担となると・・・

 

普通に考えればその費用を落札者は予算の中に当て嵌めて入札をすると思うので、車そのものにお金を使わなくなるような気がします。

たぶん間にカーオクが入る分、個人間の直接やり取りを禁止しているんですかね。

行ける範囲なのに直接取りに行けないというのは痛い気がします。

 

あとは一番のポイントになりそうな買取保証制度

 

ちなみに今この記事を書いている段階では何も調べてません(笑)

が、個人的にはこうなるのかなという予想をしております。

 

では現在うちの店に在庫としてある車で検証してみましょう。

 

 

【検証車両】

 

年式:平成23年式

車種:ヴォクシー

グレード:ZSキラメキ

色:パール

距離:5.1万キロ

主要装備:純正HDDナビ、両側パワースライドドア

車検:平成28年4月まで

評価:4点/B(オークション評価) 無事故 多少の小キズと1か所手のひら大の薄い凹み有り

実際のオートオークション相場160万前後(155~165万のどこかでまず取引されます)

 

 

ではこの車だとどういった内容になるのか。

早速色々と調べてみましょう。

 

まず説明文を呼んでいくと、「買取店ではこんな査定だった車がこんな値段に!」という具体的な金額が書かれた宣伝写真があります。

 

なるほど。

よくありがちな感じですね。

 

画像だけで詳細データがないため検証は出来ませんが、古い車がラインナップされており、確かにこれで過走行なら値段が付かないだろうなという車が10万円以上で売れているらしいです。

やはりここも中間マージンをカットというのが売りらしいですね。

業者を挟まず、ダイレクトに乗る人に渡すとなれば確かにその通りです。

実際はカーオクが35000円のマージンを取るわけですが、販売利益などを考えたら確実に安い。

 

なるほどなるほど。

 

 

そしてそのまま進んでいくと

 

「たった10秒!カンタン価格をチェック!」

 

という一括査定を上回るスピードの簡単査定ボタンがあります(笑)

 

打ち込む内容は下記の通り

・メーカー

・モデル(車種)

・初年度登録(年式)

・グレード

・次の車検(車検満了日)

・所在地(なぜ必要なんだろう?)

 

以上となります。

 

住所などの個人情報を登録する必要が無いというのは良いですね。

気軽に試すことが出来ます。

 

では検証車両のデータを打ち込んで見ます。

 

 

すると出ました価格!

 

まず出てくるのは

「お客様のおクルマの一般的な査定価格(中古車買取店の想定買取価格)」

 

 

980.000~1.153.000円!!!

 

 

 

 

うそーん!!

 

 

 

これは安い!安過ぎる!(笑)

 

 

 

こんな値段で買えたら買取店飛び跳ねて喜びますわ!

 

そしてこのクルマはより高額なご売却が狙えるますとのこと。

 

な、なるほど(そりゃそうだろ・・・)

 

 

 

次にこんな数字が載っています。

 

ヤフオク予想価格!

およそ1.550.000~最大1.710.000円

 

業者向けオークション予想価格

およそ1.310.000~最大1.560.000円

 

 

 

ん?

 

 

 

業者向けオークションは先ほどお伝えしたように160万円前後が相場です。

 

最大でも達してないやん・・・

 

しかも今回の打ち込みデータには走行距離がありません。

今回の検証データはよく有り勝ちな車で、しかもかなり平均的な装備状態、距離の物を選びました。

 

ってことは・・・

 

距離が1万キロとか非常に少なく、装備もさらに充実していて、状態もキズ一つないレベルの車両で156万円って意味なのでしょう。

 

平均的な感じであれば145万くらいで見ろよってことをユーザーに伝えたいがための数字なんでしょうかね。

 

正直もうここら辺で検証止めようかと思いましたが、一応何も知らない人が犠牲にならないようにともうちょっとだけ検証を継続。

 

ヤフオク価格は当たり前と言えば当たり前ですが、業者オークションより高く設定されてます。

これはその通りだと思いますので(無事に売れれば)一応ヤフオクで検証車両がどれくらいなのか調べてみました。

 

が、中古車屋が出品しているだけで予想付かず(笑)

 

まぁ業者が出している値段から考えると実際に売れるのは、個人的には170万~180万あたりなのかなと予想。

ちょっとカーオクの出しているヤフオク予想金額は低めかな?

 

一応Gooで検証車両の現在の店頭売値も確認してみましたが、大よそ総乗り出し金額は190~200万ってところです。

個人売買の相場を考えてもやはりこんなところかなと思います。

もしかしたら落札側が負担する陸送費用がマイナスになっているのかもしれません。

5~10万くらいはかかるでしょうからね。

 

 

 

そんなわけで次の段階に進みます。

表示された金額に納得が出来れば次のステップ。

さらに詳細な金額が分かるらしいマイページの作成に入ります。

ここから走行距離や簡単な装備(ナビやサンルーフ)など。

輸入車の場合はハンドルや並行物なのかどうかの選択が入ります。

 

ただ相変わらず車の状態に関する部分は何もありませんね。

 

車のセールスポイントを書くフリーの項目がありますが、素人がわざわざ自分の車のマイナスポイントなんて、好んで書かないような気がしますけどね。

 

そんなわけで両側パワースライドドア!とだけ書いて、キズなどの状態はこちらから書かずに登録!

登録にはメールアドレスが必要なので、適当にフリーメールのアドレスを登録しました。

 

 

 

 

そして登録したメールを確認。

自動メールが届いてました。

 

そこからログインすると登録した車両情報と

①ヤフオク予想価格

②業者向けオークション予想価格

③カーオクサポート買取価格

この3つが出てきます。

 

しかし詳細?情報からカーオクサポートスタッフさんが、今度は自動ではなく手作業で調べてくれるみたいなのですぐには反映されていません。

 

「調査中」となっております。

 

メールを見ると24時間以内に反映されてるみたいですね。

まぁ本当に相場を調べるなら多少は時間がかかりますからね。

しょうがないです待ちましょう。

 

 

ただ自動送信されたメールを見ると非常に気になる内容が・・・

ここからは届いた自動送信メールをそのまま貼り付けてます。

 

カーオクサポートは、これまでの下取りや買取りと違い、「ヤフオク!」
と買取会社が買取った車両を売却する「業者向けオークション」に、
お客様のおクルマを代行して直接出品し、お客様のおクルマを
より高額で売却するサービスを提供しております。
業者向けオークションは、全国の買取業者やディーラーなどが年間700万台
以上の取引を行なっております。輸出業者や小売業者は、このオークション
で仕入れた車両を販売しているのです。

ですからカーオクサポートは、お客様ご自身がディーラーと下取り交渉
をなさるより、また、一括査定などで複数の業者と売却交渉なさるよりも
全国数万社の車専門業者がいっせいに参加して、価格を競り合う
オークションでのご売却が、お客様のおクルマを最も高く売る方法で
あると考えております。

お客様のおクルマが売却されたときは、自動車税の未経過分や、
リサイクル料相当額をご精算することはもちろんですが、
業者向けオークションの成約額に加算される消費税8%もお客様に
お支払いいたします。また、他の出品代行と違い、成約されるまで、
おクルマをお預かりすることはございません!。第三者機関による
車両検査は、お客様のご指定場所で行わせていただいております。
カーオクサポートの出品代行サービスへのご用命をお待ちしております。

 

 

 

んおおおおお?

 

ヤフオクだけかと思ったら業者オークション?

 

どういうこと??

 

 

そんなわけでさらに細かく確認してみたところ

カーオクのフローチャートはこのような流れになるようです。

 

 

 

まずヤフーオークションの出品(第三者機関が指定の場所で車両検査)

      ⇓

売れなかったら次に業者オークションの出品

      ⇓

それでもダメだったら事前に伝えてある買取金額で買取

 

 

 

 

このような3段構えということが判明。

オートオークション出品代行挟んでるかい(笑)

 

ちなみにオートオークション出品代行になると、手数料は成功報酬になるみたいです・・・

35000円じゃないのね・・・怖い。

 

いくらで売るか(売り切り設定をするか)は利用するユーザーとの相談みたいですが・・・

最初に表示されている金額を見る限り、売れるように全体的に安く誘導されるのかなと予想しています。

なんか色々突っ込みどころが多過ぎてめっちゃ長い記事になってますが、ここは私も我慢です。

 

やると決めたからにはやる!

それが男!!

 

 

というわけで分析しましたが、まず自動メールの内容にある

 

「成約するまで車が乗れる」というところ

 

ユーザーにとってはメリットのように感じるでしょうが

まずこの時点で日本最大のオートオークションUSSは利用出来ません(一般オークションでいえばヤフオクのような存在)

 

USSは車を搬入し、その場でオークション側が検査を行い、当日に業者なら車も直接見た上で参加出来ます。

だからこそ最大規模であり、値段も一番高くなりやすいオークション会社です。

 

一体どこのオークション会社に出すのか知りませんが・・・

長年やっている私でも、一部のオートオークション会社が行っている「ワンプライス」という手法しか車を預けずに売る方法を知りません。

 

しかも「ワンプライス=固定金額」なので「オークション=競り」じゃない。

 

謎が大過ぎます。

 

競りは毎週月曜日固定みたいなので、実際どこかにあるのでしょうが・・・

少なくとも自動メールにある年間700万台以上の取引がある場をフル活用は曜日が固定の時点で出来ません。

 

まともな車が高額になる可能性が一番高いオートオークションの開催日は木曜か次いで金曜です。

 

車買取業界の人間なら皆知っています。

 

 

そして前回記事にしたAA代行出品を見て貰えば分かると思いますが、高くするためのノウハウ、技術無しに早々高い売却にはなりません。

出品票は誰が書くのか知りませんが、ユーザーが書くにしてもカーオク側が書くにしてもリスクを分かった上での書き方なんてしないでしょう。

 

結果安い金額での売却をせざるを得なくなるか、高い売り切り設定にしたものの売れず、カーオクの買取になるかどちらかじゃないかなと思います。

 

ではここまで書いてあとはカーオクの値段提示を待ちましょう。

 

 

特に③のカーオク買取価格は非常に興味深いですね。

ここが安定してオークション相場より高いなら、今までのよく分からない内容も大した問題ではありません。

敢えてヤフオク、業者オークションでは売らず、ノーリスクでカーオクに買い取って貰えばいいわけですから。

 

 

 

 

 

 

(そして数時間後・・・)

 

 

 

 

 

 

出ました。金額。

 

①ヤフオク予想価格(手元に残る金額)  1.780.000~1.850.000円

 

②業者向けオークション予想価格(手元に残る金額) 1.700.000~1.780.000円!

 

③カーオクサポート買取価格 検査後に案内致しますとのこと

 

 

うおおおーなんだかよく分からないけど金額が上がっている!!

さっきの10秒カンタン査定はなんだったんだ(笑)

 

私が確認していた160万前後の相場とほぼ同じですね。

160万×消費税1.08%+リサイクル預託金分=約174万です。

実際相場を見ているんだと思います。

 

スポンサーリンク

 

あと一番気になるカーオクサポート買取価格が分からない!!

ここで私、本当に高かったら売ってもいいかなと思ってたんで、思わずフリーダイヤルに電話。

 

そして分かったこと(長らくお待たせしましたがここからが重要です)

 

 

 

そもそもカーオクにはカーオクRとカーオクサポートの2種類があるということ。

【カーオクR】

廃車前提レベルの車両 Rはリユースの意味?

こっちだと手数料は35000円+税(先に車を預けるなら40000円+税)

一度ヤフオクに出してみてダメだったら強制廃車

廃車分の費用は先に払われ、ヤフオクで売れれば追加で支払われる。

 

ヤフオクでダメだった時の拒否権は無い模様です(ここ重要)

 

 

 

【カーオクサポート】

しっかり値段が付く車用の方法

ヤフオク、業者オークションそれぞれに出してダメだったら買取も可能。

手数料に関して
業者向けオークション
 車両状態確認費用     17,280円(税込)
 出品代行費用固定分    33,480円(税込)
 落札代行費用     成約代金の2.5%税別

ヤフオク!
 車両状態確認費用     17,280円(税込)
 出品代行費用固定分    27,540円(税込)
 落札代行費用     成約代金の2.0%税別

 

今回の検証車両は値段がしっかり付くので、カーオクサポートの方に自動振り分けされた様子。

 

くそっ!!

 

成約代金のパーセンテージかよっ!!

 

 

 

その他色々聞いたわけですが、カーオクサポートはタイミングを合わせればヤフオク⇒業者オークションと順番に行うことも可能。

 

しかしタイミングがよろしくないと業者オークションが先に結果が出てしまう可能性もあるとのこと(え

 

 

これじゃ単なる委託出品です。

 

 

そしてこれがビックリ発言。

 

ヤフオクの成約率は数%

 

らしく、あまり期待出来ないとのこと(ええ

 

 

あくまでメインは業者オークション(ほんとにこれじゃ単なる委託出品です)

ただ成約代金に対しての消費税はしっかり戻してくれるとのこと。

 

しかし出品には第三者機関の検査が必須(有料・・・上記参照)

今回の金額は登録情報を基にしたあくまで暫定的な金額であり、検査の内容によっては当然変動する。

あくまで無傷、すぐに商品化が出来ること前提の金額とのこと(セールスポイントにキズなどを書かなかったため・・・)

話した感じは該当データとオークション相場を照らし合わせて、いくつかある中の一番高い金額を言っているイメージ。

たぶん検査することによって多少なりは下がりますね。

 

そして業者オークションに出品する際は、基本カーオクが検査後に推奨する金額で売りに出さないといけない(超重要)

 

どうしても売りたい金額を高くしたい場合は最初に出品諸費用を払えとのこと。

 

そして・・・

カーオク買取価格は、提携しているどっかの買取店が検査内容を基に値段を弾き出すらしいです。

 

カーオクが出すわけじゃないのね。

 

 

 

敢えて突っ込みませんでしたが

冒頭の買取店一般査定価格

980.000~1.153.000円

この内容に沿った金額が出てくるのかな・・・

 

ただヤフオク、業者オークションでダメだからと言って絶対に売らなければいけないわけではないらしい。

そうなった場合は検査料の出費があった上で特に何も無し。

てっきり最終的には安い金額で強制車両売却を狙っているのかと思っていたのでここは意外でしたね。

 

 

 

結論。

まともな車は、ヤフオク出品の段階から依頼をするためには事前に有料検査を受けなければならない。

手数料が成約額に対してのパーセンテージのため、高額になればなるほど手数料が高い。

 

ヤフオクへの代理出品という物珍しさはあったものの、カーオク自体がヤフオクでの成約を期待しておらず(数%しか成約しないため)基本はオートオークションへの出品を代行する商売となっている。

 

オートオークションへの出品代行業者なら、探せばすぐに5万前後の一定手数料の会社は見つかりますが、カーオクの場合は検査費用と出品代行費用ですでに5万に到達してしまうため、いくらで売れても落札代金に応じたパーセンテージ分損します。

せめてヤフオク成約率50%あたりまで持っていけるようなカーオク独自のシステムがあれば、多少代行料が高くても利用メリットはあったかもしれませんけどね。

 

また、カーオクRに関しては廃車寸前のためか、有料検査無しでヤフオク出品です。

結局は個人売買の延長ですし、カーオクRはヤフオクで不成立だった場合、事前に払われる買取保証金額(廃車としての代金)で強制的に車を持ってかれます。

そもそも廃車寸前=いくらヤフオクでも二束三文なので、そのうちの35000円+税というのは中々重い金額のように思えます。

 

 

個人的な見解としては

年式は古いけど車検残が非常に残っている軽自動車ならいいのかな?

解体にしても軽自動車では排気量の問題から安いですしね。

 

こんな検証結果となりましたが、利用価値があるかどうか、あなたご自身でご判断下さいませ。

 - 車売却前に知っておくべき知識