車を高く売るためのコツ 車売却前に知っておくべき知識

【新しい売却方法】カープライスを本気で検証する

投稿日:2018年9月21日 更新日:

 

さてさて、今回はご要望がありました売却システム「カープライス」を車屋視点から検証してみたいと思います。

 

私は読者さんからご希望があって初めて名前を知りましたが、CMもやっているようですし結構巷では有名なのですかね?

まず元SMAPの森さんが懐かし過ぎます!

サラッとホームページを確認する限りは、以前調査した「ユーカーパック」とかなり似たようなシステムではありますが・・・

それぞれに細かい違いもあると思いますので、ユーカーパックとはどう違うのかも含めて確認していきます。

 

※この記事をご覧になられる方は、出来れば見た後でも見る前でも・・・ユーカーパックの検証記事も合わせてご覧になられることをお勧めします。

 

 

【システム】

最近多い中間マージンカットを強く推すタイプですね。

利用者はカープライスに加入している中古車販売店1000社以上を相手に、独自のオークションで競りにかけて貰い直接買い取って貰うというシステムになります。

 

個人売買が最終エンドユーザーを相手にした最もマージンカットの強い売却方法(ただしその分リスクも増大)

そしてこの手の販売店に直接繋ぐという方法が、理屈的にも次にマージンカットの強い売却方法であることは間違いありませんので、手数料が良心的なら期待を持てるシステムだと思います。

 

おおよその売却の流れとしては

 

ネットや電話からカープライスに申し込み

 

 

最寄りの提携店、もしくは管轄エリア内なら自宅に出張査定に来て貰う

 

 

査定時に「ウリキリ金額」の設定(これ以上ならもう売りますというボーダーとなる価格)

 

 

最短翌日にはオークション出品開始

 

 

実際のオートオークションに近い形で競りにかけ(ヤフオクのシステムとは違う)、ウリキリ金額を上回れば一番高いところに売却をする

 

 

買い取った販売業者と接点を持つことも無く、書類や金銭のやり取りなどは全てカープライスが間に入って貰い売却終了

 

このようになります。

 

うん、やっぱりユーカーパックとかなり近いシステムですね。

・多数の業者相手に公開入札

・対応はカープライスの1社だけで手間いらず、かつ安心

 

ここら辺は規模に多少の違いはあれどそっくりです。

ただ表面上見える大きな違いとして、ユーカーパックはユーザー手数料が0円だったのに対し、カープライスは10000円+税が売却側の手数料として発生します(競りにかけても買い手が見つからなかった場合は無料)

 

名義変更や査定代などもひっくるめた込み込みの料金となるので、車屋視点から見ればこれでもかなり安い手数料ですけど・・・

同じようなシステムを持つライバル社が0円となれば、この手数料に利用をためらう方もいらっしゃるんでしょうね。

 

どうせ同じようなものならタダの方がいいやと。

 

 

まぁ私はもっと奥深くに潜り込んでいきますので、表面上の材料だけでご判断されぬよう、しっかり中身をチェックしてから判断していきましょう。

 

 

【売却価格について考察】

次にホームページ上で公開されている売却実績車両の価格について調査してみます。

直近の成約データを検索する項目が無いため、比較的新しい2018年6月取引の2台について、実際の相場と照らし合わせながら確認してみました。

 

①H24年式 スイフト

距離数:68350キロ

グレード:RS

カラー:パール

評価:3.5/C

この車両の参加業者数:7社

オーディオレス

 

カープライスのオークション最終価格:53.1万円

 

車両は4WDみたいなので、それを考えると少し安いかな・・・?

画像から下回りの錆びの進行が結構進んでいそうな感じはするので、そこを警戒された可能性がありますね。

 

オークション相場は現在の相場で推定60~65万ほど。

 

仮に私が直接持ち主と商談をして、53万円で車を買い取れるとなれば迷わず買い取るような価格です(そしてオークション転売する)

 

 

②H25年式 ベンツCクラスステーションワゴン

距離数:16353キロ

グレード:C180 アバンギャルド

カラー:白

評価:4.5/B

この車両の参加業者数:11社

目立つ装備は純正ナビくらい

 

カープライスのオークション最終価格:155.1万円

 

1台目がちょっと低めの数値だったので、こちらも安いか?と思ったらそんなことはありませんでした。

 

オークション相場は現在の相場で推定150~155万円。

 

オークション落札予想の上限ギリギリといったところですね。

この金額じゃー・・・オークション転売は結構キツい。

6月にどのくらいの相場だったんだろうか・・・?

 

 

ふーむ。

参考データが2台だけ、しかも3ヵ月前の情報となるのでなんとも言えない結果になってしまいましたね。

 

ただ分かったことは、提携業者は1000社以上あってもやっぱり1台当たりの参加業者は10社前後ということ。

 

なので転売目的で軽はずみに参加しているような様子は無く、それなりに本気で欲しいと思った業者だけが参加するというシステムではありそうです。

 

となると・・・

 

気になるのは業者側が払っている手数料です。

 

いくら目先のユーザー側手数料が安くても(無料でも)、落札する業者側の手数料が高額であれば仕入れ総額は大きく上がりますから、結果的に競り合いの金額は弱くなります。

それが理由で一括査定や一般買取店での売却よりも安いなんてことになり兼ねないので・・・

 

次に一般の方はまず気にしないけど、実は一番重要なこの部分を確認していきましょう。

 

 

【業者視点から見る裏の利用手数料と車の情報】

ほうほうほう。

 

カープライスは非常に良心的ですね。

 

てっきり車屋として資料請求しないとダメかなと思っていたら、ホームページ最上段の事業者向けページにその情報が公開されておりました。

ユーカーパックとは全然違う・・・(笑)

一応一覧画像は貼り付けますが、PDFファイルのため文字がかなり小さいです。

この記事をご覧になられている方も見れる内容ですので、より詳しくご覧になりたい方はこちらから直接ご確認下さい。

 

もう一回言いますが、ここが一番重要です。

 

そしてこの一覧の数値を参考にしながら、販売業者はオークションとカープライス。

どちらから仕入れた方が金銭メリットが強いかを分析していきます。

 

①落札価格10万円の場合

【カープライス】

落札価格10万円の手数料は35100円(消費税、リサイクル預託金含む)=135,100円

 

【オートオークション】

10万円×消費税8000円+落札手数料(平均10000円)+リサイクル預託金(平均10000円)=約128,000円

 

 

②落札価格100万円の場合

【カープライス】

落札価格100万円の手数料は81000円(消費税、リサイクル預託金含む)=1,081,000円

 

【オートオークション】

100万円×消費税80000円+落札手数料(平均10000円)+リサイクル預託金(平均10000円)=約1,100,000円

 

 

③落札価格300万円の場合

落札価格300万円の手数料は135000円(消費税、リサイクル預託金含む)=3,135,000円

【オートオークション】

300万円×消費税240000円+落札手数料(平均10000円)+リサイクル預託金(平均10000円)=約3,260,000円

 

 

参考として3パターンで比較出来るようにしてみましたが・・・

当ブログをがっつり読み込まれている方はこれで答えも出ると思います。

 

①のような単価が低い場合はほとんどオートオークションと変わらず。

しかし単価が上がれば上がるほど、業者仕入れ時の価格差が広がっていきます。

これは「カープライスの手数料上昇値がかなり低い」のが理由ですね。

 

重要なので先にお伝えしておくと、ユーカーパックやカープライスのような売り主が一般ユーザーの場合。

 

売却額には消費税が含まれ、内税扱いとして処理されます。

 

なのでオートオークションと違い、落札金額からさらに消費税計算が入ることはありません。

一般買取店で売却する際も同様なので、100万で売却したからといってさらに8万円分の消費税が加算されて手に入ることもありません。

そしてこの部分を利用し、あたかも採算がまったく取れないレベルの安い手数料、もしくは無料と謳ってお得感で集客をしつつ、裏でこの消費税分相当の手数料を仕入れ業者側から頂く。

業者は最終的な総額が信頼度で勝るオートオクションから落ちるぐらいの価格で、このようなサブの仕入れ媒体を利用し車の仕入れを行う。

 

これがユーザーと業者を結び付けた“新しい売却システム”と呼ばれるタイプのカラクリです。

 

うん、凄く分かり辛いね!!

でもちょっと複雑な部分だからこれ以上分かりやすく説明が出来くてごめん!!(笑)

 

まぁ上の①~③の計算を見て貰えればなんとなくは分かると思います。

要は競り落とす販売業者の仕入れ額をオークション仕入れと近いくらいに合わせてるんです。

そうやって業者側手数料を決めています。

 

カープライスもユーカーパックも。

 

ただ・・・消費税の額がどんどん高額になる100万以上あたりから、カープライスは急に手数料の上がり幅が安くなっていくので、③のように300万くらいまでいけばその差は10万以上と開きが出ます。

そしてこの10万以上の開きが、そのままカープライス利用時の落札金額に反映されていくわけです。

仕入れる販売業者が見ているのは落札金額では無く“仕入れ総額”ですから、オートオークションよりも高く買い取ることはほぼないでしょうけど、それよりも安く仕入れられるなら参加することでしょう。

 

ちなみに業者視点から見た車両情報はこの画像の通り。

 

しっかり展開図にもオークション基準に合わせた瑕疵記号が記載されており、情報の精度はどこぞの海賊さんのサービスよりも遥かに上です。

ここまで情報公開されていれば買う業者側もそれなりに安心出来ます(落札後に見落としなどがあった際のクレーム制度もある)

 

おまけに対業者向けだからか、同じように公開されている陸送費用もまったく高くはありません。

1台の運搬ということを考えればかなりの適正金額となります(このデータは記事をご覧の方も確保しておくと、遠方中古車購入などの陸送費基準になるため保存なりしておくと相当便利なはずです)

 

なのでー・・・

 

結論を言えばユーカーパックとは真逆っ!!

 

非公開ではありますけど、車両単価と比例してどんどん裏の手数料が上昇していくユーカーパックは低単価有利。

 

価値が上昇するほど裏の手数料が抑えられるカープライスは、高単価ほど利用価値があります。

 

目安車両価値100万くらいですと、オートオークションからの仕入れ値との差は2万程度。

これだと期待は出来ないでしょうけど、300万までいけば極端な話オークション仕入れより10万以上多くの予算を使えることになりますので、そのまま売却金額が上乗せされる可能性もあります。

 

個人的な目安で言えば150~200万くらいからかな・・・

売却予定のお車がこれ以下の価値であれば別の売却方法を。

以上であればがっつり利用されてチャンスを広げた方が得策だと思いますので、ご自身の車の価値に照らし合わせて上手く活用してみて下さい。

 

 

ただし・・・

まだ参加企業は1000社以上。

一見多いように見えますが、ユーカーパックは2500社くらいですしまだまだ規模としては大きくありません(オートオークションは数万社)

メインの売却方法としてこれ一本というのはさすがに危険ですから、あくまでサブとしてのご利用をお勧めします

 

理想的なのはー・・・

 

カープライスに登録、査定、自社オークションへ出品(ただし車は持っていかれないので自由に動ける)

 

任意で決められる「ウリキリ金額」の値段を高めに設定し、上手くいけばラッキーを狙う(取引成立しなければ無料のため)

 

高めの希望で取引が成立しなかった場合、通常の一括査定や専門店売却など高額売却を狙っていく。

 

これならカープライスの利点を生かしつつ、色々と選択を持った状態で動けると思います。

 

売り切り金額はいくらが適正なんだって問題もまぁありますけどね・・・(笑)

 

そこら辺は悩むようならご相談頂ければ私の方で調査することも可能ですので、車の価値が比較的高いお車をご所有の方は参考にしてみて下さい。

私がカープライスの人間なら、売り切り金額の設定は安くして貰うよう誘導しますのでご注意を(成約して貰わないとカープライスは旨味が無いので)

 

 

※オークションに通して成約すれば車の引き渡しを求められますので、1ヵ月以内に手放せる状況になってから利用しましょう。

※輸出車両に関してはホームページを細かく見るだけでは判断が付きませんでした。

-車を高く売るためのコツ, 車売却前に知っておくべき知識
-,

執筆者:


  1. ヨッシー より:

    にー、さま

    お世話になります。
    ご検証ありがとうございます。
    当該カープライスや、ユーカーパックを利用して落札されなかった場合、オークション出品時同様履歴が残り、悲惨なことになるのでしょうか?
    他にもオートバックスも大々的に宣伝をしていたりと、気になっておりました。

    • にー より:

      いえいえ!
      実際に検証したり経験があるわけでは無いので100%ととは言えませんがまず影響は無いはずです。
      影響も2パターンあって、過去の取引履歴や流札データから価値がそれ以上になりにくくなるのがまず一つ目ですけど、これは流札データがその日限りしか見れないよう仕様変更されたのでほぼ解消されています(成約してれば別ですが)
      ユーカーパックにしろカープライスにしろ、会員にならないとその内部の取引データが見れませんので、大半の業者はその結果がどうなったのかも分かりませんしね。
      そして二つ目に、成約、流札に限らず半年以内にオートオークション出品歴がある場合、特定のコーナーに出品出来ないというルールがあります。
      これは同一会社に限らずオートオークションという括りで適応されるんですけど、この中にカープライスやユーカーパックのような独自のオークションが含まれることはまず無いと思いますよ。
      規模が小さすぎるので、オークション会社の人間も判別なんてしてないと思います。
      少なくとも私なら、査定前に「カープライスでオークション出品して成約しなかった」と言われても何も気にしません。
      「あーそうなんだ」くらいで終わらせますし、言う必要すら無いと思います。
      規模が小さ過ぎますので。

      • ヨッシー より:

        にー、様。
        お世話になっております。
        色々と詳細にご教示いただきありがとうございます。金額が高いほど妙味があるとの事で、今回も大変参考になりました。
        今後ともご指導宜しくお願い致します。

        • にー より:

          いえいえ!
          今まで何個か調査しても、価格帯によっては有能ということで「万能」なシステムは中々ありませんねぇ。
          新しいシステムだと規模がどうしても小さいですし、当面は一括査定を最後の保険にする流れが続きそうな気がします。

  2. がたろう より:

    にー様
    本気で検証ありがとうございます。
    カープライスはAA業界に進出といったところなんでしょうかね
    せりに参加する社が10社程度言うことで、素人の私には大手のAAはどれくらいかは知りませんがw
    輸出屋さんが参加してくれればそれなりの価格での成立もありそうですが、
    国内の回し屋さんしか参加してないと大手のAAよりも下で成立するんでしょうね
    いずれにしても売却適正価格が分からないと売り切り設定も難しいので、有料サービスの出番というわけですね!

    • にー より:

      いえいえ!
      公式HPに乗って無かったので不確定で書きませんでしたけど、別サイトでは2015年からサービス開始となってましたね。
      資本は三井物産グループとバカデカいので、現在拡大中ということでしょう。

      あと大手のオートオークションは競った会員の数は公開されていません。
      リアルタイムで点滅するランプの光り具合でなんとなく判断するくらいしかないです(笑)
      ただ不人気車だと1社や参加無しなんてこともありますし、国産人気車種なら100社くらい軽く超えると思います。
      最後は2~3社が競り合うのが常なので、安く買えたらいいな程度の参加が最初の方に大量にあっての参加会社が多いという印象です。

      カープライスは回し屋が昔いたかもしれませんが、今はまず無理だと思いますよ。
      今回の記事で言えば、スイフトのようにオークションとの落差があっても、カープライス側に払う裏の手数料がそれなりにあるため結局転売は厳しくなります。
      あくまで内税として、53万の振込金額で直接買い取らせて貰えれば転売可能だなと思ったので、裏の手数料見て一人で納得していましたが100万未満の車両単価では向いていません。
      逆に500万800万とかになれば、相当オークション仕入れとの差が生まれるので、欲しい業者さえ言れば激熱にもなりそうです。

  3. こぐま より:

    ふぉぉ、参考になる記事ありがとうございます。
    最近、ターゲッティング広告でやたら車売りましょう系が出てくるんですが(笑
    こちらの、DMMオートと言うアプリが最近気になっております。
    ナンバーと車検証のデータをブッコ抜かれるのが少々気になりますが、お暇がありましたら、検証いただければ幸いです~\(^o^)/
    https://auto.dmm.com/

    • にー より:

      いえいえ!
      たぶんそれは車を売るための検索を色々されているからじゃないでしょうか(笑)
      私はなぜかゲームの広告がやたら出てきます・・・ほんと不思議なことに。

      DMMオートですか。
      これまた聞いたことの無いサービスですね。
      分かりました~検証系はかなりまとまった時間が必要なので時間かかると思いますけど、隙を見て調査してみたいと思います。
      お時間下さいませ!

  4. おきらく より:

    いつも楽しく拝読させて頂いております。カープライス何度か利用しました。友人の車両売却を依頼された時の流れをレポートします。オートバックス(AB)で見積書作成(必ず書面でもらえる)→カープライスで査定→AB見積額+αを最低落札価格に設定→カープライスのオークション開始→AB額以上になればカープライスで売却、伸びなければABで売却という形でした。結果としては1勝1敗でしたね。相場がはっきりしている車種よりも、なんとなく幾ら位という車種の方が他の査定よりも高くなる可能性があると思います。利用した感想としては査定金額がはっきりするため(知人の車の場合は特にオーナーから)納得感が得られやすい。ノーリスクでゲーム感覚で楽しめる。(目の前で金額が上がるドキドキ感は結構楽しいし、ダメでもAB金額は確定しているので諦めもつく)利用時のコツとしては、①単に車両を持っていくのではなく、内外装の洗車をキッチリ(にー様の洗車のコツを参考に♪)として晴れた日(または屋内)に写真を撮ってもらうこと②オークションの曜日とタイミングは中古車屋さんが見ているであろう時間帯にセットしてもらうこと、でしょうか。
    ちなみに私が聞いた時には再出品は1か月間以上開けてくださいということでした。ご参考になさって下さい。

    • にー より:

      楽しんで頂けているようであれば何よりです。
      そして情報提供ありがとうございます!
      記事内ではあまり触れませんでしたが、カープライスのオークションはかなり本物のオートオークションに近い形態を取ってるので、価値が上がっていく臨場感は楽しめるでしょうね。
      数日間ほったらかすでは無く短期勝負なので、おっしゃる通りオークションの開始時間なども本物と同様価格に影響が出てくると思います。
      個人的には木金土で指定するよりは日月火水あたりに曜日した方が良いんじゃないですかね?
      大規模会場で開催された後だと業者も欲しい車はオートオークションで手に入れてると思いますし、車屋の商談は土日が多いので、月曜日のまだ目ぼしいオートオークションが開催されてないタイミングに合わせて競りにかけるみたいなみたいな。

      ただ1点だけ気になる部分として、オートバックスの価格はムラがあることが有料査定サービスから判明しています。
      人なのか車なのか場所なのか。
      理由はオートバックス側の人間じゃないと分かりませんけど高い時安い時がありますので、その数値のみを前提に売り切り金額の設定をしていくのは少々危険かなと感じますね。
      上手くポイントを押さえて活用出来れば利用価値の高いサービスだと思いまっす!

  5. CREA より:

    にー様、こんにちは
    今さら気づいたのですが、落札10万円のときのオートオークションの合計金額が合わない(128000円に思えます)ようですが、何か見えない手数料が存在するのでしょうか?

    あと、記事とは全然関係ないんですが、CMキャラクターの森くんは自分がカラオケボックスでバイトしてたとき(20年近く前)に、オートレース帰りによく遊びに来てくれました。
    サインとかも気軽に貰えて気さくでいい方でしたよ。

    • にー より:

      さすが鋭い・・・
      もちろん隠れた手数料なんて存在しません。

      私の計算ミスでございますっ!!!!!!!!

      ただちに直して参りますうううううう!!!

      森さんはSMAPやめても女性ファンめっちゃ多かったんでしょうねぇ・・・
      うらやま・・・うらやまうらやま・・・
      このブログも女性が見たくなるようなとびっきりの記事でも作った方がいいんでしょうかね。
      脱毛体験談とか。

      • CREA より:

        女性ファン多かったと思いますよ。
        カラオケにはいつもオートレーサー数人と女の子数人で10人前後連れて来てくれましたから。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人が亡くなった車の行き先は?

いつも通りリセールの記事にしようかと思ったんですが カレンダーを見たら本日は4月4日。   中には好んで「4444」なんて希望ナンバーを付けるチャレンジャーな人もいますが 私が小学生なら13 …

【フィアット500(チンクエチェント)】リセールバリューをランク付け!

チンクエチェントってこれでいいんだよね?   本日はフィアット500です。   まさか古い方のチンクエチェントじゃないですよね・・・?(台数ほとんど無いぞ!)   当ブロ …

大手車買取店Ver 対応する人間の役職と売却金額の関係性 

今回はこんなお話をしてみようと思います。   対応する人間の役職と売却金額に関係性はあるのかどうか!   役職というと一般的にパッと思いつくのは スタッフ 副店長(副支店長) 店長 …

車屋が実践するセルフカーコーティング

前回の続きと言えば続き。   今回はセルフカーコーティングについていくよー!   それぞれの施工タイミングや、工程、どんなものを使うか、そして普通の人よりはやる機会が多い私がそれぞ …

車の売却 あまり言えないキャンセル違約金の実情

なんだかんだでマメに書いている管理人ですこんにちは!   それでは前記事「車売却後の契約キャンセル そのやり方を公開」の続き、契約キャンセル後のキャンセル料、違約金についてです。 &nbsp …

【新しい売却方法】カープライスを本気で検証する

by にー time to read: <1 min
13