車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、情報は力、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

ガリバーフリマを大真面目に検証する

   

さてさて、一部の方にはお待たせしました。

 

本日はご要望があったガリバーフリマを検証してみましょう!

 

サイトを開くと「消費税0円のクルマ個人売買サイト」と、魅力的なワードがチラチラしておりますが・・・

 

実際売り買いをするとなったら得なのか損なのか

 

車屋目線で分析していこうと思います。

 

ちなみにこのガリバーフリマは個人間売買になるので、車屋として資料取り寄せたりという裏の部分はありません。

皆さんも見えるホームページの公開情報だけで判断していきますので宜しくお願いします。

 

 

ではまず検証していく上で、ガリバーフリマは個人売買の仲介サイトとなるわけですから、個人売買のメリットとデメリットを事前に把握しておきましょう。

そのメリットを活かしつつ、デメリットを上手く消せているのかがこのサービスの肝になるでしょうからね。

 

過去記事・・・個人売買ってどうなの?そのリスクとメリット

 

以前記事にしておりますの、で詳しくは直接リンク先をご覧になって下さい。

簡単にまとめますと

 

メリット

・金額が高くなり易い(安く買いやすい)

 

デメリット

・金銭やり取りのトラブル(主に売る側)

・売却後の故障トラブル(主に買う側)

・名義変更トラブル(主に売る側)

 

このようにメリットはもちろんあるものの、発生するとかなり厄介なデメリットも多く抱えるのが個人売買となります。

 

この内容を踏まえつつホームページに飛んでみると、トップページには売り買いそれぞれのメリットが載っています(当然デメリットは載っていない)

個人売買なので「買う」「売る」両方の側面がありますから、まずはガリバーフリマが押すそれぞれのメリットを確認していきましょうかね。

 

買う(BUY)

まず真っ先に来るのはこれですね~「消費税なし」

個人売買をあくまで仲介するサイトがガリバーフリマになるため、個人売買であれば消費税が発生しないというのはその通り。

そして高額になればなるほどその消費税負担も大きくなってくるため、この点がメリットになるということでしょう。

んーまぁ確かにメリットですよね。

 

車の情報開示がしっかり伴っていて、車屋で購入するよりも相応に安いのであればですが。

 

 

そして次にある「ガリバー査定済」

これはガリバー店舗で査定をした場合、この査定済認証のようなものが発行され、出品された車両に査定済みマークが付きます(逆にガリバー店舗で査定しないで出品するとマークが付かない)

要はこれが「安心マーク」ということです。

個人売買は自己申告頼みになるので情報の信ぴょう性が薄い。

だからこそプロが検査して車両の質を保証するというものだと思いますが・・・

 

これはどうなんでしょう。

 

試しにこの「査定済」マークが付いている出品車両をいくつか確認してみたのですが、本来ガリバー側で取っているはずの傷や凹みを表記した車両展開図や車両評価点、それに車両のマイナスポイントが載ってないんですよね(まったくマイナスポイントが無い車もありますが)

修復歴の有無やメーター交換などは有り無しの表記がされているものの、このレベルの情報開示だとなぁ・・・

正直私は「え?こんなもん?」って思ってしまいました。

どこかクリックすれば色々情報出てくるんでしょ?って無駄にポチポチしちゃったし(笑)

 

で、キツいなと思ったのが、載ってない情報は公開コメント(ヤフオクで言う質問回答)で確認出来るようなんですけど、その相手はガリバーじゃなく出品者

うーん・・・ここ出品者じゃ意味ないでしょう相手さんも悪い意味じゃなく素人さんなんだから。

せめて問い合わせるとガリバーに繋がって、査定済み情報で回答するから意味あるんじゃないの?って思ったけど、どうやらイメージとは違うシステムでした。

 

なのでこの部分は査定済マーク付いてる車両の方が目立つし、パッと見は安心にも繋がるんでしょうけど、あくまでおまけと思った方が良いですね。

くれぐれも「ガリバーが査定済で安心!」なんて先入観で動くとケースによっては痛い思いをすることでしょう。

修復歴には該当しないけど、損傷あって評価点は3.5です!(良い車だとこれでも30万50万価格が落ちる)って車も、修復歴「無し」という大雑把なままで終わるシステムですので・・・(所有者がこんな判別出来るわけないw)

 

あ、ただこの査定済システムの中で唯一「さすが!」って思ったのが、「走行メーター管理システム」でしっかり距離数チェックを行っているところ

これでほぼほぼメーター改ざんや巻き戻しなどのメーター距離数に対して怪しい車は弾かれるので、この点がヤフオクの個人売買よりも優れている点ですね。

 

まぁこんな文面も添えられてますけど・・・(2個目が重要)

あくまで個人売買の仲介で責任の所在がガリバー側に回らないためでしょうけど、こうなると「売却後の故障トラブル」が綺麗に解決するというシステムでは無さそうです。

何かあればガリバー側の運営事務局が間に入って「あーでもない」「こーでもない」というやり取りを挟むことになるんだと思われます(ここら辺は推測です)

 

 

そして次に来るのが「かんたん手続き」

要は書類関係や金銭面など、納車までの段取りを名義変更含めてガリバー側で一括してやってくれるので、個人売買に有りがちな金銭トラブル、名義変更トラブルはこれで完全解決です。

どデカいガリバー運営なんでお金払われないなんて心配もまずありません。

たぶん一般の方から見たら、ここが物凄いメリットに見える部分だと思います。

 

車屋の私はこの内容見て、別の意味で怪しいと思ってますが・・・(笑)

 

 

そして最後は「完全匿名制」

かんたん手続きにも通じる部分がありますけど、一手にガリバー側で手続きを引き受けてくれるので、相手側と対面することも無ければ個人情報が流れることもありません。

名義変更された上で次の買い手に渡されるので、自分の住所や名前が載った車検を見られるということも無いですね。

 

 

売る(SELL)

フンフンフンフン!「出品料無料」ですね。

ヤフオクは売れなくても目立たそうとするとちょっとお金かかったりしますけど、ガリバーフリマの場合は・・・どうなんだろ。

目立たすための特別オプションみたいのあるのかな?(笑)

まぁそこら辺はあっても任意設定だし気にしなくていいか。

 

ちなみにこれは出品料が無料であって、成約料が無料ではないですからね。

 

成約すれば手数料は発生するので、先日検証した「ユーカーパック」のように全部タダということではありませんので注意しましょう。

 

ちなみに出品時にはこの様な有料オプションもありますが、ここら辺はどうのこうの言うつもりもありません。

手間や時間をお金で解決してあげる付加サービスは企業なら普通にやることだと思いますし、自分でやる時間がもったいないと思う方はお願いすればいい。

逆に勿体ないと思う方は自分でやるか、そもそもやらなきゃいいだけだと思います。

内容は身近なガソリンスタンドと同等レベルでしょうから、お願いしようかなと考えてる方は金額を軽く比較するくらいした方が良さそうですけどね。

まぁ現車が見れない(見せない)中でのやり取りなので、“写真写りが良ければ”それで良いと思いますが(評価点が表に出てないし)

 

残り二つは購入側と同じなので割愛するとして、おおよそのガリバーフリマが押すメリットはこのようになります。

この段階でまとめると、個人売買の大きなデメリットにあたる2点は上手く消せている

ただ各車両の情報開示、質の部分では判断する材料が表に出なさ過ぎて判断に困ると言ったところですね。

 

 

では次に、一番重要とも言える手数料について触れていきましょう。

まずはちょっと探せばすぐ出てくる売り買いそれぞれの利用手数料です。

 

売る(SELL)

 

買う(BUY)

 

ご覧頂くとお分かりの通り、出品側、購入側、それぞれで成約すると手数料が発生します。

成約単価が安ければ手数料も安く、高ければ手数料も高いという仕組みですね。

 

なので仮に「繋ぎ用の足車が欲しい~!」と思って10万円の車をガリバーフリマ経由で購入した場合。

 

購入者手数料は10万円までが18000円となるため、この時点で総額118000円となります(この手数料に別途消費税が加算されるのかは載ってなくて判別出来ませんでした)

ちなみに出品側の手数料は10万円の成約なら20000円で80000円が残る計算(この時点でガリバーフリマの合計手数料38000円)

 

ただ・・・ここで終わらせないのがさすがガリバー系。

 

ここからかなり深くサイトをチェックしないと分からなかった「代行手数料」なるものが発生します。

これは購入側の負担となる部分で内訳は下記の通り。

 

 

なんと・・・合計9万円(代行手数料には実費費用も含まれているけど、ガリバーフリマの手数料合計はこれで128000円)

 

結局購入者は10万円で購入しても、総額では208000円掛かってしまうというわけです。

 

・・・これはどうなんよ(笑)

 

しかもこの代行手数料は回避する術がありません。

 

本来メリットとしてあった「かんたん手続き」の部分がどうも怪しいなと思ってはいましたが、この「かんたん手続き」を行い、「完全匿名制」を遂行するためには運営側が動かないといけませんので、購入者は必ず支払わなくてはなりません。

 

要は近かったら自分で車取りに行くから陸送費を浮かせたい。

 

自分で名義変更出来るから名義変更手数料を浮かせたい。

 

車庫証明はじぶ(ry

 

こういったご希望が通らないわけですね。

 

そして仮に10万円で買ったお車。

出品者が言葉悪いですがバカばっかりだったらいいんですが・・・

 

普通に考えたら本来の価値が10万円も無いことは容易に想像出来るかと思います。

 

個人売買で出品してるんですから。

普通より高く売りたいと思って出品してるんですから。

 

査定済マークがあればガリバーで査定をしているわけなので、本来の買取金額じゃ1万円、3万円と、希望に届かないから(人によっては)10万円にしてるわけです。

価格設定は出品者の任意設定のため、今回は実際の相場との照らし合わせは意味無いと思ってやりませんけど、パーッと10万円未満の車を見るとほとんどが廃車。

たまにもしかたら5万くらい付くかもねって車が混ざってるくらいです。

 

そして・・・

個人売買の宿命。

 

ノン整備。

 

傷も凹みも何も・・・そのままです!(しかも画像しかないからどれくらいあるのか判断付かないw)

おまけに以前別記事で解説しました「瑕疵担保責任」も個人売買では発生しませんので、納車1週間後に壊れたって何も文句は言えません。

ご愁傷様で終わります。

 

 

うーん・・・

正直ね、ガリバーの経営陣ってほんと手広くやるし、使える駒使って戦略立てるの上手いなーって内心尊敬してるんですよ。大手勤務時代からほんとこの会社は凄いなって。

 

ただ毎回思うけど・・・利益取り過ぎじゃない?

 

ポンコツクルマ欲しかったら薄利で頑張ってるプレハブ中古車屋が整備込み10万台で売ってるよ?(簡易整備だろうけど)

売る方も手数料2万差し引いたって一般買取店での売却より得する計算で狙ってくるわけだから、さすがにこれはちょっとキツいんじゃないかなーと個人的には思います。

 

ちなみに今のは足車用の格安車両で計算しましたけど、そこそこ本気購入の200万円で計算したところ

出品者・・・手数料12万円

購入者・・・手数料12万円

代行手数料・・・9万円

 

計33万円也(実際掛かる実費費用差し引くと陸送代次第だけど30万くらいかな)

 

うん、そこら辺の中古車屋の平均販売粗利・・・超えてますね。

※おまけでローンを組むと個人売買の形態が取れなくなり、売り主がガリバーになるため、メリットだった消費税がさらに加算されます(金利は4.8%)

 

マジでさすがと思うけど・・・やっぱりこれは無いなぁ・・・

宝探し気分で相場感のある人が狙う分にはまだ良い。

ユーザー側が価格設定の最終判断をするので、転売なんて出来るレベルじゃないけど掘り出しものを楽しみながら探したい人は止めはしません(私はやらんけどね)

ただ購入の本命に据えちゃダメですね。

 

ここはバッサリ切ります。

 

利用価値無し。

 

 

あ、ちなみにぶった切ったのはガリバーフリマを利用した購入の方です。

全部ぶった切ったわけじゃありません。

出品(売却)の方はね~どうも保険として活用出来そうな気がするんですよねぇ・・・

 

というのも現在出ている出品リスト眺めてると、低単価はそれなり、単価が上がるについて売却済車両は少なくなりますけどそれでもチラホラとは売れているんですよ。

 

購入されている方はガリバーというネームバリューがあるのであまり深く考えずに買ってるんだとは思いますけど・・・このネームバリューは活用出来ると思うんです。

売れた車はいくらで売っていたのか、クリックしてももう画面が開かなくなってしまっているので分かりませんが、全体的な傾向見てると中古車販売店の平均値-20万くらいを着地点に考えているケースが多いように感じます

 

ちょっとここはケースバイケースなのでどんな車にも当てはまるわけじゃありませんが、仮に市場価格相場100万円くらいで、店頭売値が140万の車があったとします。

買取店での売却最高値は以前どこかでも書いたけど、消費税など加味すれば110万前後がMAX期待値(よほど運が良くないと到達しないけどね)

 

そしてこの車をガリバーフリマに出品した場合。

店頭売値ー20万くらいを想定すると120万になるわけで(これが出品価格)、そこに100万以上の場合の手数料0.06%を掛けると7.2万円が手数料という計算になります。

 

要は売却側は120万で出品して112.8万円の金額を手にすることができ、一般買取店のMAX期待値を超えてくるわけです。

 

対してこの車の購入者は?というと、120万円に同様の手数料7.2万円+代行手数料9万円が加算されて136.2万円。

ノン整備ではあるものの僅かに店頭価格よりは安いですし、中古車屋の場合140万からさらに乗り出し価格までの諸経費が上積みされていきます(大体150万くらいでしょう)

 

以前個人売買の相場という記事を作りましたが、個人売買の相場の基本は売却価格と店で買う乗り出し価格の中間が適正です。

このパターンで言えば本来125万くらいで納めるのが個人売買の適正値ではありますが・・・

 

こんなこと誰もが計算してるわけでもありません。

 

こうなると絶対に結び付かないってほどでは無いと思うんですよね(実際ボチボチ売れてるわけだし)

 

もちろん運も絡みますしたまたまのラッキー成約を狙った方法です。

なのでガリバーフリマでの出品、売却が大本命!なんて考え方は止めた方が良い。

ただ、たまたまでも高く売れたら売っちゃいたいなんて方、たぶんこのブログ見てる人にもいらっしゃると思うんですよ。

そんな方は最初の方にも書きましたが、出品するだけならとりあえず無料なのでお金も掛からずチャンスは作れるわけです

 

悩んでる期間に出品だけしておいてたまたま売れたらラッキー。

本気で売りたくなったら一般買取店などよくある方法に切り替えれば・・・個人的には有りなんじゃないかなと思います。

「金銭やり取りのトラブル」「名義変更トラブル」購入者側の負担で完全に潰してくれるので、ヤフオクなどを利用した個人売買よりも低リスクですしね。

 

あ、ちなみに売れやすそうな低単価(10万未満)の車の出品はー・・・

 

こちらはユーカーパックの方が優秀だと私は思います。

 

この単価で手数料2万がかなり重いんですよねぇ(笑)

そこ差し引いても十分元取れるくらいに、例えば本来廃車の軽自動車を8万くらいとかに設定して、出品してること忘れるくらいに待つとかなら有りだと思いますけど(そんな車がいっぱいあるw)

やるなら日数に余裕があるうちに出品して、売却タイミングが差し迫った時には別の売却方法に切り替える準備はしておきましょう。

 

クルマのフリマアプリ「ガリバーフリマ」

 

というわけで凄い長くなっちゃった気がするけど・・・

これまた内容によっては使いどころがある。

ただし罠も多いなという印象が強いガリバーフリマでございました!

 

※ガリバーさん9万円の代行手数料は奥底に隠し過ぎですよ(気付かないまま購入ボタンポチッと押している人いっぱいいそうで怖い・・・)

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

 

 

 

 - 管理人のつぶやき, 車を高く売るためのコツ ,

ガリバーフリマを大真面目に検証する

by にー time to read: <1 min
4