車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

買取店でよく出る言葉 オークションって?

      2016/06/26

以前にまずは知識を身に付けようというお話をしましたが、何を知るにも基本を知っておかないと応用が利きません。

 

車に限らずの話ですね。

 

こと車に関しては基本中の基本として車の流通の流れは把握しておくべき知識です。

買取店に足を運んだことがある方なら一度は耳にしたことがあるんじゃないでしょうか?

 

 

 

オークションという言葉

 

 

 

厳密に言えばオークションというのはオートオークションのことを指し、一般的に浮かびやすいyahooオークションなどのユーザー間取引を指した言葉ではありません。

古物証の認可を得て、各オートオークション会社から申請許可が下りた、プロのみが出入りを許される車専門のオークションを指します(一部例外もありますが)

 

そしてこのオートオークションが現在の車の売り買いに対し、相場を形成していると言われる場所となります。

 

 

知っている方も多い部分になりますので大よその内容となりますが

 

ユーザー  ⇒  買取店、中古車店での下取り、ディーラー下取り  ⇒  オートオークション  ⇒  中古車店、ディーラー、買取店  ⇒  エンドユーザー

 

こういった流れとなります。

この辺は「車の流通の流れ」でググって画像検索でも掛ければ分かりやすい図解があるので見てみて下さい(笑)

 

知っておかなければならないのはあなたの車を購入したお店は必ずしもそのお店、または会社内の別のお店で売り出すわけではないということです。

 

 

 

分かりやすい例を挙げれば

日産車をトヨタディーラーに下取りに出す、こんなことも多々あると思います。

でもその日産車はトヨタディーラーで売りに出されていますか?

最近他社メーカーでも平気で売りに出すディーラーもあることはありますが、基本的には自社メーカーでかつ年式、走行などの基準をクリアした車両だけがそのまま中古車部門の店頭販売へという流れとなります。

当然あぶれてしまった車をいつまでも置いておくわけにもいきませんので、オートオークションを利用して現金化を行うわけです。

 

 

ここに損をしないためのヒントが隠されています。

 

 

「うちは販売店も兼ねてるんでぜひ在庫に!」

 

「うちにこの車欲しいお客さんがいるんですよ!」

 

 

買取店を実際利用された経験がある方なら、こんな言葉を聞いたことがあるかもしれません。

実際私も現役時代は言ってました。

 

 

オートオークションは手数料商売です。

1台いくらという価格設定の元、出品する側、落札する側から手数料を取ります。

 

オークションを通さないのが実際高いかどうかは次回の記事でお話しますが、まずこの流れをしっかり把握しましょう。

 

 

 

あ、いきなりですが、わたくしアイキャッチ画像を探すのが非常にへたくそです。

載せないのもあれかと思ってフリー素材眺めたりしますが

正直欲しい車ばっかり選ぼうとします(笑)

 

今回はどうせ教わるならこんな可愛らしい女性に教わりたいというおっさん願望を剥き出しにしてみました。

 

悪いですか!?いいでしょう!!!個人ブログなんだから!!!

 - 車売却前に知っておくべき知識 ,