リセールランク【アウディ】

【アウディA6アバント】リセールバリューをランク付け!

投稿日:2018年8月12日 更新日:

ワゴンならちょっとはリセール向上が望める・・・はず・・・

 

本日はアウディA6アバントです。

 

セダンよりはワゴンでしょう!(リセール的には)

という今までの流れがあるので期待はしたいところなんですけど、低排気量の方がリセールが悪いという鉄板を否定する現象が起きたため、A6系に対しての信用がありません(笑)

セダンよりもワゴンの方が流通少ないので、私自身過去にこの車を査定したことは無いしなぁ・・・

まぁ調べてみれば分かるので、早速調査していきます!

 

現在も販売中です。

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

※新車価格やグレード一覧はこちらを参考にして下さい・・・goonet様カタログ

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・C  45%

 

 

・海外輸出情報

平成24年~(現行型)・・・高輸出に該当

平成17年~24年(前型)・・・基本プチ輸出に該当。もしかしたらですが2.8リッターのSラインなどが条件で別ルートがあるかもしれません(不確定です)

 

 

・総評

排気量の鉄板はひっくり返されたけど、ワゴン有利という鉄板はしっかり当てはまってました。

A6(セダン)同様、分かりやすいように前期後期に分けて数値も残しておきます。

 

【平成27年7月MC以降】

1.8TFSI 不明

2.0TFSI クワトロ 45%

3.0TFSI クワトロ 不明

 

【平成27年7月MC以前】

2.0TFSI 35%

2.8FTSI クワトロ 37%

3.0FTSI クワトロ 不明

 

このようになりました。

A6(セダン)との共通点も多いですね。

・現行は2.0以外データがほとんど無い

・前期後期の差はリセール差は10%ほど

・A6(セダン)よりは数値差が減少しているけど、前期の数値を見るとやっぱり2.8の方が高い

 

共通しているということは、これがA6系の特徴なんだろうと思われます。

 

また、A6の方では気付けなかった特徴もありましたので合わせてどうぞ。

・白黒の差はここにきてはっきりと出ており、3年経過レベルだと約20~30万差で白の勝ち

・Sラインの付加価値は3年経過で約40万ほど

・逆に希少なサンルーフの付加価値はあって10万ほどと異常に少ない

 

こんなもんです。

最後のサンルーフは個人的には意味が分からないけど、たぶん車を「男の武器」としない人達が購入層なんでしょう。

良い意味でギラ付いてない人達が、新車もそうですし中古でも買っていると思われますので、自分がサンルーフを必要なのか必要じゃないのかだけで判断しているんだと思います(たぶんね!)

 

そしてA6アバントも、セダン同様これから新型が出てきます

セダンよりは数ヵ月遅れというのが定番になっているようなので、アバントの場合セダンが出てからでも間に合うかもしれません。

現在所有されている方は長く乗る予定なのか、損失が抑えられるうちに現金化に動くのかしっかり検討して下さい。

 

アバントはセダンよりも新車価格が高いため、MCの影響も100万ほどとかなり高い数値で差がでております。

 

ディーラーからの新型の案内(営業)をスルーし、新型が出てから試乗やらなんやらでモジモジ動いた後では後の祭りですよ。

売却時に「こんなはずじゃなかった」とならないことをお祈りしております。

 

 

おまけ

本日から管理人は実家に帰ります。

記事は帰省中も自動投稿にしているので毎日更新されますが、コメントの返信は戻ってからになりますので予めご了承下さい。

 

有料サービス類は全て帰省中でも対応しますのでご安心を!

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

中古車ならgoo-net(グーネット) 中古車情報 中古車検索

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

《ズバット車買取比較》最大8社無料一括査定

 

 

 

-リセールランク【アウディ】
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【アウディRS7スポーツバックパフォーマンス】リセールバリューをランク付け!

やっとRS系終わりぃいいいいい!!(TT系のRSはもっと後にやります)   本日はアウディRS7スポーツバックパフォーマンスです(長い   通常RS7の上位互換。 605馬力まで向 …

【アウディQ5ハイブリッド】リセールバリューをランク付け!

データがほとんど無くて困ります・・・   本日はアウディQ5ハイブリッドです。   上位セダンでいくつかあった、借り物ハイブリッドのアウディSUVバージョンですね。 通常Q5と比べ …

【アウディA7スポーツバック】リセールバリューをランク付け!

さすがに人気のスポーツバックと言えど、車格が上がるほど台数が減ってくる。   日はアウディA7スポーツバックです。   ここら辺まで来ると全長もほぼ5メートル。 セルシオとほぼ同じ …

【アウディA4】リセールバリューをランク付け!

アウディで真っ先に出てくるのがこれ(管理人的に)   本日はアウディA4(セダン)です。   ワゴンタイプのアバントとの合体技になりますけど、A4系はアウディの中で一番流通台数が多 …

【アウディRS5】リセールバリューをランク付け!

意外と古くからあることを今日知った。   本日はアウディRS5です。   初期は平成22年から。 そして29年6月にフルモデルチェンジが入っているようです。 いくら価値の残りやすい …

【アウディA6アバント】リセールバリューをランク付け!

by にー time to read: <1 min
0