リセールランク【アウディ】

【アウディA6オールロードクワトロ】リセールバリューをランク付け!

投稿日:2018年8月13日 更新日:

毎回思うけど、オフロードモデルのステーションワゴン系アウディ売れてないですよ?マジで。

 

本日はアウディA6オールロードクワトロです。

 

以前調査した「A4オールロードクワトロ」の上位互換、そしてステーションワゴン形状としては最上位になります(エントリーモデルのAの中では)

 

しかししかし・・・

冒頭でもお伝えしたように、とにかくこのオフロード系ステーションワゴンは売れてないんですよ。

この車は平成18年からの販売開始ですけど、12年間販売し続けても過去3ヵ月のオークション流通量は僅か16台。

 

現行販売車が1年に1台ペースしかデータが無いとかもう大事件でございます!

 

A4のオールロードクワトロもそうなんですけどね~ここまでくると日本で販売する意味あるのかな?ってかなり疑問に思います。

本国では売れてるのかもしれませんけど、日本人だと多くの人は座面位置の高いSUV系(アウディだとQシリーズ)買っちゃうでしょうし。

 

そんなわけで今回はほぼ比較データは取れないと思いますけど、分かる範囲での調査になることご了承下さいませ!

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

※新車価格やグレード一覧はこちらを参考にして下さい・・・goonet様カタログ

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・C  42%

 

 

・海外輸出情報

過走行データが無いため不明

12万キロ程度までなら

H24年以降~(現行型)・・・超高輸出枠

H24以前~(前型)・・・中輸出枠

ここまでは確認済(ただしチェックランプなど故障がある場合は枠外です)

 

 

・総評

ほうほうほう・・・

グレードはベースのみなので、そのまま上記42%がベースのリセール数値となります。

新車価格1000万近い車にしてはリセールが高い方じゃないですかね?

もっと悪いと思ってたのに予想外の結果です。

流通の少なさが、逆にリセール面で良い影響を及ぼしているのかもしれません。

 

あとそこら辺が影響しているのか面白い特徴として、距離が一定だった場合、現行型となる平成24年~26年では価値が変わっておりません

距離の増加分で価値が落ちるけど、年度落ちによる影響はまったくと言っていいレベルで発生してないわけです。

この特徴は・・・普段あまり乗らない人にとっては魅力的だろうなぁ・・・

ある意味輸出とは真逆ですね(笑)

 

距離数を気にしなくていいけど、条件が良いほど時期が(タイミングが)シビアになる輸出車。

 

距離さえ気を付けていれば、時期はMCやFCだけ確認しておけば良いA6オールロードクワトロ。

 

貰い事故でも食らったら共に爆死確定、みたいなみたいな。

 

まぁさすがにまったく乗らないんじゃ買う意味ありませんけど、年間3000キロ程度しか乗らないって方も中にはいらっしゃると思います。

そんな方には向いている車ですので、好みや予算が合致するならこんな車もあるんだと覚えておくと良いかもしれませんね。

他A6系同様、新型が出て前型(後期)の価値が下がってから動き、さらに次のMCが来る前あたりで売却すればかなり落ち方は緩いという予想です。

 

ちなみにこの車も平成27年7月のMC時に一度100万以上の下落は発生しています。

 

となると、次のFCでも100万以上の下落が発生するでしょうから・・・

オークションでの価値で300万切ったあたりが一つのポイントですな。

一度200万台後半で止まるはずですので、そのあたりで買って2年間くらい所有すると幸せになれる可能性が高いと思いますよ。

興味のある方は現在販売されている車に乗ることになるので、ご自身に合う車なのかどうか、今のA6オールロードクワトロをしっかり調べてみて下さい。

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

中古車ならgoo-net(グーネット) 中古車情報 中古車検索

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

《ズバット車買取比較》最大8社無料一括査定

 

 

 

-リセールランク【アウディ】
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【アウディQ5ハイブリッド】リセールバリューをランク付け!

データがほとんど無くて困ります・・・   本日はアウディQ5ハイブリッドです。   上位セダンでいくつかあった、借り物ハイブリッドのアウディSUVバージョンですね。 通常Q5と比べ …

【アウディTTSクーペ】リセールバリューをランク付け!

Sが付くのでRSとベースの中間ポジション。   本日はアウディTTSクーペです。   市場データを見るとTT系でもっとも多い「TTクーペ」の10分の1程の流通量ですが、それでも40 …

【アウディカブリオレ】リセールバリューをランク付け!

1台だけデータがあったので一応やります。   本日はアウディカブリオレです。   平成5年~8年までの3年間の販売期間、そして車自体が古いということもあってほとんど国内では生存の確 …

【アウディA7】リセールバリューをランク付け!

色々と調べているつもりでしたが、初アウディだったことに気がついた。   本日はアウディA7 スポーツパックです。   この車は神!   だってグレード1種類しかないんだも …

【アウディSQ5】リセールバリューをランク付け!

アウディSシリーズ唯一のSUV。   本日はアウディSQ5です。   RSシリーズはQ3だけ、SシリーズはQ5だけというなんとも分かり辛い展開になっていますね。 セダンのように「そ …

【アウディA6オールロードクワトロ】リセールバリューをランク付け!

by にー time to read: <1 min
0