リセールランク【ダッジ】

【ダッジ・チャージャー】リセールバリューをランク付け!

投稿日:

これまた有名な部類のアメリカンマッスルカー。

 

本日はダッジ・チャージャーです。

 

日本で正規販売されていた、平成19~22年の間のラインナップは5700ccと6100ccの2種のみで、痩せマッチョも殺していくスタイルの超ムキムキ仕様。

税金考えたら普通の人はまず手を出さないので、市場データを見てもディーラー車はかなり少なく、2700ccとか3500cc程度のお手軽平行車が人気があるっぽいです。

 

今まで調査したマッスル系よりは流通がかなり少ないのは・・・

やっぱりメーカーがちょっとマイナーなダッジだからだろうか?

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

※新車価格やグレード一覧はこちらを参考にして下さい・・・goonet様カタログ

 

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・S

 

 

・海外輸出情報

平行車でも中輸出枠はキープ中(部品取りか?)

 

 

・総評

平行車比率が高いので、市場データを見て思ったことをそのままに。

 

まず10年経過、10万キロのリセール数値がこちら。

SRT8 17%

 

ディーラー車で下位グレードのR/Tは確認出来なかったので、6100ccのSTR8でこのくらいになります。

 

まぁ予想はしていたけど全然悪くは無いですね。

何かに突き抜けている分(この車で言えば排気量)、細くても一定の需要はある車なので今後も廃車路線に傾くことはまず無いでしょう。

市場価値100万を切るのは分かっているけど、50万は切るかなーどうかなー?(このくらいで止まりそう)

 

そして同じ年式の平行輸入車と比較すると、SRT8の場合で平均価格差は20万ほど。

 

これがディーラー物と平行物の差になります。

20万高い程度ならディーラー物の方が良いような気が個人的にはしますが・・・

既に専門の正規ディーラーが無いからこそ、この程度の価格差で収まっているのかもしれません(修理云々の意味ではディーラー車のメリットが薄い)

 

あとはそうだなぁ。

平行物は日本から撤退した2010年以降から市場価格100万以上の取引が目立つようになってきます。

参考として2016年(3年経過)の6リッターオーバー車で400~500万くらいで取引されているのでー・・・

平行車だからリセールの割り出しは出来ないけど、新しい型を探している方なんかがいましたら多少の参考にして貰えればと思います。

 

 

今回はちょっと重要なおまけ。

 

アメ車を調査するようになってからちょくちょくと思ってたんですけど、平行車がちょっとヤババです。

 

2年以上前に書いたこんな記事を覚えていますでしょうか?

 

▷オークションルールの一部変更

 

このルール変更によって個人情報の保護がより重視され、取引成立後の車台番号やナンバーは当日限りしか確認出来ず、翌日以降は隠されるようになってしまいました。

該当車両の相場を調べてみよう~と過去の該当車に近い取引金額を検索していくと、その車の出所が以前より不鮮明になったということですね(以前は岩手ナンバーだから錆びでこんな安いのかーとかもう少し得られる情報があった)

 

ただまぁ国産車だったらそこまでの弊害は無し。

車台番号から細かい生産時期が判別出来なくなったと嘆く輸出業者が一部いるくらいで、基本的には価格の割り出しに困ることはありません。

 

ただこれが平行輸入車となれば話は別。

車台番号とセットでVINコードと呼ばれるシリアルナンバー(本国の車台番号のようなもの)も個人情報として一緒に消されてしまうので・・・

 

その車のモデル年式も分からなくなってしまうわけです。

 

もちろん本来はその項目とは別にモデル年式という記載項目が出品票にはあるんですけど、出品時に記載の義務化はされておらず、オークション出品時の駆け引きの材料にも使われてしまうのでわざと書かない出品業者も多い(シリアルナンバーからモデル年式を確定させられない業者や一般人に誤認させるため)

結果的には市場の過去取引データの中に「何年モデルか不明の車両」のデータがかなりあるのが現状です。

 

輸入車に疎い方用に分かりやすい言い方をすれば、「クラウン」の相場を調べようと過去データを検索した時に「何年式か分からないクラウン」のデータが大量にあるっていうこと。

見た目の形状で判別するにしたって、3年5年くらいは見た目なんて基本同じようなもんですからねぇ・・・

 

年式の分からない車の取引額なんてなんも参考になりません(笑)

 

こりゃやべーよ。

ルール改正当初は私も気にしてなかったけどやべべだよ。

 

ちなみに今回調査したダッジチャージャーであれば、約3分の1が年式不明状態になっており、流通台数の少ない車種ほど参考データ不足がさらに加速して査定額低下。

売る人テンパるという流れに繋がります。確実に。

 

オークション側が義務化すればこの問題は解決するんだけどな~問題点に気付いてないのかなんなのか。

ルールの部分改正に伴う欠点を露出したままもう2年以上経過していますので・・・

 

アメ車だけの問題でも無いけど得にアメ車好きのお方。

 

平行車の売却難易度がさらに上がっていると認識しておきましょう。

 

これは買取店に限ったお話では無く、専門店でも買い取るとなればデータベースから相場を確認しますので、全国共通で起きている問題になります。

ディーラー車であれば国産同様「初年度登録」を見れば一発解決ですから(こちらは記載が義務)、データの多い少ないは車種によって差があるにしても、本来よりデータ量がさらに減るということはありません。

より安くという思いで平行車に手を出すのは結構ですけど、売る時のことまで考えたらリスクは結構高い状況なので、その点も分かった上でディーラー車でいくか平行車でいくかをしっかり検討して下さいね。

※ちょっと何言ってるか分からないんだけどという方は、平行車は“その車の適正価値を判別するのが2年前より難しくなっている”と思って貰えれば結構です。

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

中古車ならgoo-net(グーネット) 中古車情報 中古車検索

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

《ズバット車買取比較》最大8社無料一括査定

 

 

 

-リセールランク【ダッジ】
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ダッジ・キャリバー】リセールバリューをランク付け!

忘れられていたメーカーに手を付ける。   本日はダッジ・キャリバーです。   ラムとかチャージャーなど結構有名車種があるにも拘わらず、なぜこいつからって感じですが・・・ オークショ …

【ダッジ・ナイトロ】リセールバリューをランク付け!

見た目が結構個性的なSUV。   本日はダッジナイトロです。   正規販売されていたこともあってたまに見かけるしたまに査定もする。 アメ車なのに中型の3.7リッターでそこまで車体も …

【ダッジ・チャージャー】リセールバリューをランク付け!

by にー time to read: <1 min
0