買取価格ランク【ホンダ】

【ライフ】リセールバリューをランク付け!

投稿日:2017年5月18日 更新日:

Nシリーズが出るまではホンダの代表的な軽自動車だった車。

 

出典:goonet

本日はライフです。

 

今まで何台買い取ったんだろ・・・

たぶん個人でも50台は超えていると思います。

 

一時は売れ筋だったんですけどね~需要の大半がNシリーズに流れて平成26年に生産終了しました。

ライフではダイハツやスズキの軽自動車勢には勝ててなかったししょうがないか。

 

これはホンダの戦略大成功!

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

※新車価格やグレード一覧はこちらを参考にして下さい・・・goonet様カタログ

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・A  55%

 

 

・海外輸出情報

 

該当無し

 

 

・総評

調べるタイミングがライフの末期ということもあって嫌な予感はしていました。

そして市場データを確認。

 

ですよね~・・・

 

過去の栄光はどこへやら。

 

26年式なんて片手でも収まるくらいしかございません(ライフ全体で見ると2000台弱)

しょうがないので24年式あたりまで枠を広げて無理やり出しています。

 

ではグレード別です。

C(2WD) ランクB

C(4WD) ランクS

G(2WD) ランクC

G(4WD) ランクA

ディーバ(2WD) ランクA

ディーバ(4WD) 不明

ディーバターボ(2WD) 不明

ディーバターボ(4WD) 不明

 

こうなりました。

上下差は分かる範囲で出した結果16%。

そこそこ大きい数値ですね。

 

つーか末期のディーバ系の少なさがヒドい。

 

年配の人はなんとなくライフ乗ってたのでまたライフ買いましたはありそうだけど、若い人はN-BOXとか新しい方に行っちゃったんだろうなー。

 

まともに調べらんねーYO!!

 

 

ではでは次にこの車の特徴を。

・グレード「C」「G」と「ディーバ」「ディーバターボ」で二極化しています。

・それぞれに相場の違いはほとんど無いような印象です(つまり安い方が得だった)

・ホンダの4WD強い説がここでも・・・ただし強いのはベースに「C」や「G」だけの模様。

・色の差は基本5~10万程度と少ない。ただしディーバ系になると少し広がる。

・修復歴はマイナス20万ほど。

・修復歴じゃないけどボッコボコ車両は修復歴以上のマイナスを背負います。

 

こんなもんです。

この車も独特な特徴があって面白いですね~普通タイプの「C」と「G」、スポーツタイプの「ディーバ系」。

ここで車が違うんじゃないかってくらいにバッサリ分かれます。

まぁエアロ形状のカスタム系と普通のタイプが分かれるのは良くある話。

 

ただその括りの中であればリセール差が見当たらないんですよね。

 

CとGは新車価格差が約10万円。

ディーバとディーバターボに至っては約20万円の差。

 

相応に差があるのに3年くらい経つと違いが無い。

 

安い方を買った人が大勝利となります。

 

もちろんこれから中古で買おうとしている人は、括りの中で高い方のグレード買うとお得だねってお話です。

 

 

 

あとは特徴に書いてある通りですが、最後のやつは相場見ていて結構厳しいなと思いました。

一般的には表面の傷は軽く、修復歴は重いという印象があると思います。

基本はその通りです。

ただ、軽自動車とかファミリー向けでちょいちょいあるボコボコ車両。

一体誰がどういう乗り方したらこうなるんだっていうボコボコ車両。

 

こういうのはダメだよねぇ・・・

1面だけなら全然良いけど、全体だと直す方も大変だしお金もかなりかかる。

横を見れば綺麗な車がいっぱい。

 

それじゃ綺麗な車仕入れましょ!ってなっちゃうもんねぇ・・・

 

修復歴あるけど綺麗な車とどっちか選ばなきゃいけないなら、ちょっと売り辛いけど手間掛からないし修復歴ある方選んじゃいます。

 

 

運転に自信が無い人は輸出該当車両乗ればいいのにってほんとよく思う。

 

外人さんなら寛大な心で受け止めてくれる可能性だってあるのに。

まぁボコボコにする人って車に興味無い人が大半だと思うので、そんなこと知る機会もないだろうけどさ!

 

このブログ見ている人は、車のことを結構気にされる方が多いと思うので大丈夫だと思います。

ただ奥さんの運転が不安だ、ご両親の運転が不安だ・・・

 

というかしょっちゅうやらかしてる!!

 

という人は色々と勉強して教えて上げてる、合った車を勧めてあげると好みは別にして損失は減らせると思いますよ。

 

小さい車にすればぶつけ辛くなるわけじゃないですしね。

ぶつけちゃう人は小さい車だろうが容赦無くぶつける(というか小さい車の方がなぜか比率が高い)

 

車の七不思議の一つです。

 

 

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両が見つかったら見積もり依頼をすると、販売店からメールで総額費用を教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で比較検討していきましょう。

 

goo-net(グーネット) 中古車情報検索サイト

※一括査定ではありません

 

 

ホンダ【ライフ】の売り先アドバイス

車はなんでも買い取り専門店を利用すれば高くなるわけではありません。

国内外の需要先や車種それぞれの傾向、流通量によって異なりますので、この車種に合わせたお勧めの売り先をお伝えしていきます。

「◎」や「〇」の売り先を積極的に検討していきましょう。

 

車買取専門店  ◎

現在価値が500万以上の高額車や特別な輸出に該当しているような車、流通量の少ない車(もしくはグレード)はあまり向いておりません。

相場データを最重視した買取をしながら即現金化、差額の利益を出す商売ですので、相場データ量が少ない車や今後の価値変動リスクが高い車は往々にして安い買取額になり易く、別の売却手段を取った方が期待値も上がります。

しかし500万未満の国内需要車や特別な輸出該当車でも無ければ全般的に利用価値は強いので、よほど慣れている、ご自身の営業力に自身のある方以外は一括査定を利用しておきましょう。

単独交渉は上手くいけば一括査定よりも期待値が上がるものの、プロ相手ではあなたが負かさせる可能性の方が圧倒的に高いです。

お住まいの地域にもよりますが、最低5社以上を目標に同時査定依頼(日時を合わせて一斉に査定をすること)されると、労力と到達する金額が両立し易いのでお勧めです。

 

一括査定依頼のコツ

・査定依頼日時は申し込んでから1週間くらいと多少余裕を持つようにしましょう(今日来てくれ、明日来てくれと急な話になると、既に予定に入っているお店は辞退する可能性が高くなります)

平日の火、水、木曜日は定休日にしているお店が多いので極力回避しましょう(定休日は当然来てくれませんので業者数が減ります)

 

数日後に査定予約をして、待っている間に別の売却手段を試していくのが効率的です(要は最後の保険として活用します)

 

【カーセンサー】

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選ぶのが高値売却のコツです。

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いです。

 

《ズバット車買取比較》最大8社無料一括査定

 

 

【かんたん車査定ガイド】

最大10社の査定が取れる一括査定です。

ただし最高額が分かるわけではありませんので、あくまで査定確保ツールとお考え下さい。

査定数が増えれば高額売却になりやすい在庫採用などのチャンスは広がります。

 

かんたん車査定ガイド

 

※お車の価値が30万以上くらいであればまだいいのですが、明らかに金額が厳しそうなら複数の一括査定依頼は止めておきましょう。

買取店の買取意欲減少に繋がる恐れがあります。

 

車の系統を合わせた専門店 〇

ここで言う専門店とは「輸入車専門店」「輸出専門業者」「SUV専門店」など、何かに特化した車種や形状の車を販売、買取しているお店を指します。

専門店の内容とあなたの車が合致していれば、そのまま在庫にして貰える率は大きく上がりますので率先して交渉すべき売り先です。

難点は全国展開しているような会社は稀で、ご自身のお住まいの地域に合わせて合致しそうなお店を探す必要がありますので、普段から売り先候補を見つけておくと売却時には多少楽になりますね。

国産コンパクトカーなど、そもそも専門店がほぼ存在しない車も多いので、その場合は中古車販売店を相手に動きましょう。

 

中古車販売店 

中古車販売店とは、中古車販売がメインの混在した車種を並べているお店を指します。

国内需要向け車種であれば大半は該当しますので、特に傷や凹みのあまり無い平均的な距離数の車には向いている売り先です。

車種系統は揃っていなくても車の販売単価を合わせているお店が多いので、可能な限りあなたのお車の推定販売価格と近い車を並べているお店に交渉していきましょう。

販売価格平均30万ほどのお店に300万の車を売りに行っても得られるものは何もありません。

難点は価格帯を合わせたとしても在庫にする気持ちがそのお店に無ければ買取店よりも全体的に安い金額しか言われませんので、候補を見つけてからの動く件数が重要になってきます。

 

goonetの中古車店検索はコチラ

 

オークション代行出品 ×

業者間の車専用オークションに自ら出品する方法で、買取店が買い取り後に現金化する場で同じように車の現金化を行います(ヤフーオークションやメルカリのような個人間ではありません)

流通量が少なく相場不確定な車や特別な輸出該当車。

あとは相場が下落傾向にあり、買う側の警戒度が強い車などには効果的な売却方法です。

逆に流通量がそれなりにある車は買取店でもしっかり動けば高くなりますので、代行出品手数料が余計な損失になることもあります。

知識がモノを言う世界ですので、不慣れなら軽はずみに行うのではなく、色々と試してダメだった時の最後の手段くらいに思っておきましょう。

一見流通がそれなりにある車種でも、その中で流通の少ないグレードを買われるとオークション代行がお勧めになる場合もあるので、意外とお勧めするケースは多いです。

 

手数料の安い代行業者がコチラ

中古車情報館(一律2.5万円と知る限りは最安値)

Carbiz(300万未満は一律3万円、300万以上は落札代金に対しての1%なので高額車は注意)

 

買取店並みの知識で高値成約を目指したい方は、オークション代行ノウハウ資料を販売しておりますのでご検討下さい。長くご利用頂けると思います。

 

廃車業者 〇

廃車の場合は買取店に行かれても中間マージンだけを取られて廃車業者へ売却されてしまいますので、それであればご自身で直接動かれた方が楽ですし金銭メリットも強いです。

過走行や傷凹みが多い車は特に廃車業者が最高値になる可能性が高いので、詳しくは上記にある海外輸出情報をご覧になりながら判別してください。

廃車業者も交渉することによって価格は変動することが多いので、見積もり後のもう一押しを忘れないようにしていきましょう

 

【廃車本舗】

全国規模の廃車専門業者です。

自社でリサイクル工場を持っており、部品の輸出も含めた価格を割り出して貰えますので期待値は高いです。

レッカーや廃車に関する費用は全て無料なので、余計なことを考えずに高値売却を目指せます。

 

廃車買取査定の詳細はコチラ

 

 

車種に合わせた大枠での売り先評価一覧は参考になりましたでしょうか?

厳密に言えば同じ車種でもグレードや距離数、選ばれたオプションなどによっても選ぶべき売却先が変わるケースもありますので、所有されている車の内容に合わせてより詳しく知りたい場合は、当ブログ内で提供している「有料査定サービス」をご利用ください。

ベーシック版で5000円と有料ではありますが、個別に現在価値や相場状況などを調査させて頂き、より高く売却出来るように買取店側の人間が具体的な数値でアドバイスをさせて頂きます(当方が買い取ることは絶対にありません)

実際の売れる金額を把握出来れば精神的にかなり楽に動けると思いますで、少しでも高く売りたい方、効率的に動きたい方はぜひ検討してみて下さいね。

有料査定サービスのお申し込みはコチラから

 

-買取価格ランク【ホンダ】
-,

執筆者:


  1. ゴリ より:

    木場 勇治のセリフ懐かしい!
    なぜだかライフJA4型(1997-1998年)がJB1/2/3/4型(1998年 – 2003年)より高値だった時期ありませんでしたっけ?

    • にー より:

      えぇ!
      そんな時期があったんですか!
      その光景を見たことはありませんね・・・
      まだ私が車業界入ってすぐで全然勝手が分かってないころの話かもしれません。
      軽自動車で前型の方が高くなるっていうのは超が付くほどのレアだと思います(笑)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ヴェゼルハイブリッド】買取・査定価格をランク付け!【ライバル車と比較しよう】

  出典:goonet HONDA(ホンダ)ヴェゼルハイブリッドの買取価格について、車の専門業者のみが見れる会員制オートオークションデータから調査、分析をしてみました。 ヴェゼルハイブリッド …

【ロゴ】リセールバリューをランク付け!

ある意味有名だった凄い車。   出典:goonet 本日はロゴです。   この車は平成13年で生産終了しておりますが、10年近く前にはすでに「ロゴ」というだけでほぼ廃車になっていた …

【ゼスト】リセールバリューをランク付け!

ホンダのそれなりに売れていたけど見切り付けられたシリーズ!   出典:goonet 本日はゼストです。   販売期間は平成18年~24年まで。   この車結構査定したんだ …

【クロスロード】リセールバリューをランク付け!

色々恵まれなかったマイナー車。   出典:goonet 本日はクロスロードです。   こないだ買取はしたけど、私車屋じゃなかったら存在知らなかったと思います。   あとg …

【フリードスパイク】リセールバリューをランク付け!

フリード+の先代のような車。   出典:goonet 本日はフリードスパイクです。   フリードと違って2列シートの5人乗り。   なのでフリード系のリセール記事をご覧に …

プロフィール


管理人 にー 

本業は買取業メインの車屋さん。

ブロガー&カーコンサルタントとして、いかに損をせずに車と向き合っていけるかを色々な視点から解説しています。

【ライフ】リセールバリューをランク付け!

by にー time to read: <1 min
2