車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

車を売りたい でも廃車かも?その目安と判断基準

      2017/04/02

今までの記事で何回か「廃車」について触れましたので

今回はこの廃車の目安と判断基準について説明していきます。

 

まず頭の中で円を思い浮かべて下さい。

 

お金じゃないですよ?

 

いやらしい!!

 

丸です丸!!

 

その上のところ、東西南北で言えば北の部分を新車だと思って下さい。

スタート地点ですね。

そこから年数が経過する毎に時計回りに進んでいくようなイメージです。

図

なんだこの汚い図はと文句を言わないで下さい。

私に出来る最高傑作です(車以外の知識はありません!!)

 

スポンサーリンク

 

経過すればする程・・・スタート地点とは真逆に進んでいき、真逆に到達した地点で廃車です。

そこからさらに年数が経過すると「旧車」という枠に入っていき価値が付きます。

さらに経過すればする程価値が付いていき、「希少旧車」の枠に入っていきます。

 

車によってはこの円で言えば新車を通過し、新車より高値で取引されている車もありますね。

昭和40年代ハコスカGT-Rとか!

 

ほっしー!!

 

 

 

すいません個人的な願望が出てしまいました。

 

とりあえずこの旧車、希少旧車は置いときます。

今現在としてはそういった相場が成り立っていますが、今ある車が30年後50年後に価値が生まれるのかは正直私も分かりません。

もしかしたらガソリン無くなって走れないかもしれないですしね・・・ハハハ

 

それに30年、50年と大事に維持、保管をすることは恐ろしく大変なことです。

余程の車好きでないと無理でしょうからね。

 

 

 

ではこの新車とは真逆に到達した時になる廃車はどのように判断すればいいんでしょう?

 

人によっては自分が判断することじゃない。

買取店などに複数声を掛け、それぞれから値段が付かないと言われたら廃車と思えばいい。

こんな考え方を持つ方もいらっしゃると思います。

 

もちろんそんな方法もあります。

 

ただその判断をするのにあれやこれやと労力を使うわけです。

そしてその見返りは・・・?

 

あわよくば値段が大きく付けば・・・そんな思いで動くのだと思いますが

やっぱり廃車かと判断が出た時に「この労力は一体・・・」と思いませんか?

 

年中無休で自由人な方ならいいかもしれませんが、普通は仕事をし、休日に動く。

その休日・・・まるまる無駄にするわけですよね。

 

さすがに無駄だと個人的には思います。

 

自分の足でいろいろ買取店をハシゴするにしても一括査定で電話ラッシュに耐えるにしても2~3分で済むものではありません。

 

でもそんなことしなくても判別が出来るんだったら楽ですよね?

 

ということでこんな記事を書きました。

 

 

といっても車の価値も新車価格が様々ですから

一概に10年、15年経ったら廃車だということにはなりません。

 

距離も同じです。

10万キロ20万キロ走ったから廃車かと言われれば、海外輸出が絡めばそんなことも無くなります。

 

ではどのようにユーザー側が簡単に判別出来るか。

 

 

 

 

 

答えは簡単。

 

あなたの車に近い車種をgooもしくはカーセンサーなどで調べてみて下さい。

 

売値を調べるのです。

 

この売値が平均的に見て20万以下で売られているようであればもう廃車です。

 

 

 

 

え?

 

 

 

 

売ってるじゃん。

 

 

 

 

廃車じゃないじゃん。

 

 

 

 

と思っているでしょう。

 

そうです一応売ってはいます。

 

 

でも廃車です。

 

 

ズバッとお伝えしますが、売値が20万以下で売っている車両は基本的に買取金額は0からよくて1万2万程度です。

基本は0円と思ってください。

そこから販売店利益や整備費用などが入って20万以下で売られています。

15万以下なんかになったらノンクレームノンリターンのほぼ現状販売じゃないですかね。

 

 

20万円で売られているから5万、10万円で買い取って貰えるかも。

なーんてことはありません。

車1台を販売するのに、個人売買ならまだしも会社の看板を使ってやるとなれば、合わせて信

用も売っているわけです。

 

1台3万5万の利益で販売してすぐユーザーから何か言われたら・・・

その程度の利益軽く飛びますよね?

飛ぶというか飛び越して赤字の可能性まであります(笑)

 

廃車の選択がある車は決まって相応の年数経過なり距離が走っている状態です。

新しい車よりも壊れるリスクが高いわけです。

そんな車がなぜ売っているかは色々な理由があるのでまた後日解説しようと思いますが

 

何が言いたいかというと

あなたの車に近い車が店頭市場で20万以下で軒並み売っている

普通に売りに行っても0からよくて1万2万円

だったら廃車の方が高い

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

廃車の方が高いんです!!

 

 

 

 

値段が安くても誰かに乗ってほしいということであれば別ですが、無理に商品化するより廃車の方が高いなら基本的にはそれでいいですよね。

 

廃車ですとお伝えしているのはそういうことです。

まぁ「廃車が高いよとか意味分からん!」と疑問を持つ方もいると思うので、次回、廃車の相場について解説致します。

 

読めば絶対損にはなりません。絶対です。

 

 

ちなみに自分の車はだいぶ古い。古過ぎる。

ただ「廃車」かと思って売値調べてみたら50万100万付いてる!!

こうなったらチャンスです。

旧車の枠にあるかもしれませんし、海外輸出が絡んでいる可能性もあります。

存分に動きましょう!

その価値がありますので!(ダミーの可能性もあります)

 

あ、同じ廃車でも事故による全損などで廃車はまた別です。

このパターンはいくらgooなど見ても仕組みが分からないと参考にならないですからね(笑)

 

次回 廃車=お金にならない? 実際の廃車相場

 

 

 

 - 車売却前に知っておくべき知識