買取価格ランク【トヨタ】

【カローラツーリング】買取・査定価格をランク付け!【ライバル車と比較しよう】

投稿日:2019年11月30日 更新日:

出典:goonet

TOYOTA(トヨタ)カローラツーリングの買取価格について、車の専門業者のみが見れる会員制オートオークションデータから調査、分析をしてみました。

カローラツーリングを中古車として高く売る場合、どのようなグレードを選んでおけばいいのか。

カローラツーリングの総合的な買取価格ランク、グレード別の価値の差や買取価格に直結する輸出動向などなど。

現在の市場相場を調査しながら解説していきます。

また、お得なカローラツーリングの中古車購入ポイントもこの記事を見れば分かるはずです。

カローラツーリングを高く売ろうと思っている方、これからお得に買おうとされている方はそれぞれ参考にして下さい。

 

 

車屋(買取店)から見えるトヨタ【カローラツーリング】の印象

新型カローラ系3種のうち、最も国内の人気が高そうなのがカローラツーリングですね。

先代のカローラフィールダーが幅広い年齢層に需要があり、デザインも大きく好みが偏るような内容ではありませんから、まず豪快に空振りすることはないかと思います。

基本カローラでもワゴンは国内需要が先行しますので、売る時は大事に乗られた低走行車の方が有利なタイプ。

その中で年数指定の輸出規制が今後が入ってくると思いますから、過走行予定の方は高年式のうちに売却することが推奨の車種になってくると思いますよ。

 

 

トヨタ【カローラツーリング】モデルチェンジ歴 

2019年10月 初代カローラツーリング販売開始

 

※周期は推定3年前後になると思われる。

 

トヨタ【カローラツーリング】の買取価格ランク(3年経過時)

 

ランク・・・Sにはなるはず・・・

 

 

※3年経過30000kmを基準にした、全グレードの平均値となります。

 

ランク早見表

総合ランク 買取価格/新車価格(3年経過) 各ランクについての解説
SSS 80%~ 全車種の1%にも満たない超高額の買取価格が期待出来ます。売る時は心ゆくまで交渉しましょう。
SS 70%~79% このランクに該当していれば相当ラッキーです。車の形状によってはこの枠に入ることすら許されません。
S 60%~69% 人気車種を買っている証拠です。お隣さんが悔しがります。
A 55%~59% 平均よりはやや上です。上には上がありますが、欲しかった車なら満足度とのバランスもそれなりに取れているはず。
B 50%~54% まさに平均です。可もなく不可もなく。この辺りから中古車を買うメリットも大きくなります。
C 40%~49% 売る時やや辛くなるランクです。特に高額輸入車はこのランクが多いので、中古車にもしっかり目を向けてみましょう。
D 30%~39% 新車で買えば泣きをみます。誰かが助けてくれるわけではありませんから後悔する前に検討を。
E 20%~29% 新車で買ってたら涙も出ません。買っちゃダメ。絶対。
Z 0% 既に最終モデルでも価値はありません。廃車が最有力となります。

 

トヨタ【カローラツーリング】の海外輸出情報

まだ不明

 

輸出価格早見表

輸出ランク 目安価格
超高輸出 距離数に関係無く、100万以上のかなり高い相場で輸出されている(水準が高い分、状態に左右されることも多い)
高輸出 距離数に関係無く、50~100万未満の高い相場で輸出されている(修復歴はNGなど条件が付く場合もある)
中輸出 距離数に関係無く、25~50万未満で相場されている(このあたりになると車両状態はあまり関係無くなる)
低輸出 距離数に関係無く、15~25万未満で相場されている(このあたりになると車両状態はほぼ関係無くなる)
プチ輸出 距離数に関係無く、10万前後で相場されている(このあたりになると車両状態はほぼ関係無くなる)
極プチ輸出 距離数に関係無く5万前後で相場されるが、排気量によっては廃車と変わらないレベル

※部品取りとして価値(底値)が存在する場合も含めているので、必ず海外輸出されるということではありません。

車の輸出を狙うなら知っておきたい〇年規制について

 

トヨタ【カローラツーリング】の調査結果

今回はチラホラとオークション市場にも出始めたのでそのリセール値調査と、どんな仕様を選べば高く売れるのか、損をしないのかについて解説していきます。

ただし、現在の市場データは私のイメージしていた動きとは異なります。

今までの傾向が当てはまっておりませんので、予想外ですが注意が必要な車種になるかもしれません(今のところはまだ様子見)

 

ではまず市場で確認出来る2台のリセール値調査の結果がこちらです。

どちらも登録しただけの未使用車となります。

ダブルバイビー(1800ccAT車) 85%

ハイブリッド ダブルバイビー 80%

 

このようになります。

 

思ったより・・・だいぶ低いです・・・

 

個人的には登録直後の未使用車なら90%台は堅いかなと思っていたので、これは正直新車を買うにはどうなの?という数値ですね。

ちなみにこの数値だから当たり前ですけど車検は残したままの出品で、国内需要でのリセール値が上記のようになっております。

 

出始めたばかりのカローラツーリングの値引きは平均20万程度。

となると、現状登録した瞬間に30万くらいは失う計算になりますから、カローラツーリングはよほどオプションに拘りたい方でも無ければ未使用車、新古車狙いがベストと言えます。

難点はまだ出始めということもあって業者オークションへの流通が少ないですけど、今後は間違いなく増加していきますから台数不足もすぐに解消されるはずです。

ここからさらに数値低下していく可能性もありますので(というか低下するのが普通です)、すぐ動くか、2~3ヵ月待って数値低下と台数増加を狙ってより好みの仕様が探しやすい状況を作るか。

ここら辺はそれぞれの状況と照らし合わせて悩んでみてください。

 

 

そして今後カローラツーリングのどんな仕様が高く売れるのか。

これは先代カローラフィールダーの傾向を把握しておけば予想も立てやすくなるんですが・・・

なぜか傾向が今のところ変わっておりますので、あくまでフィールダーはこうだったという見方でご覧ください。

まだ台数が2台だけのため、たまたま傾向がズレているだけかもしれません。

※輸出も絡むためちょっと複雑です。

 

・グレード

ガソリンとハイブリッドはハイブリッドの方がリセール値は有利。

ただしハイブリッドにすることによって40~50万新車価格が上がるため、数年後の実質損失額で見るとハイブリッドを選ぶメリットも薄くなる。

 

年10000kmペースで走る方は燃費差もあるためハイブリッドも有り。

年5000kmペース程度であれば燃費差でも回収も難しいためガソリンの方が良いくらい。

年15000kmペース以上の過走行予定の方は一見ハイブリッドに行きがちですけど、距離が伸びれば国内需要には嫌われますので価値低下が著しくなります。

結果的にはガソリンと同等レベルの輸出に引っかかって救われる可能性が高いので、初回車検の3年、もしくは2度目の5年程度で手放すつもりならハイブリッドも有り。

それ以上乗るならガソリンにされておくことをお勧めします。

 

3年や5年なら3年規制、5年規制などの比較的高水準な輸出に該当する可能性もあること。

5年なら日本人の平均距離数年10000kmからまだそこまでかけ離れないこと(15000kmペースなら3年後に平均と比較し15000km差だが、7年乗れば7万km平均のところ10万kmオーバーと悪目立ちするようになる)

 

以上の理由から、短~中期所有の過走行予定ならハイブリッドでもという結論になります。

どちらもダブルバイビーの需要が強いので、悩むくらいならダブルバイビーを選んでおきましょう。

他グレードだと上記数値よりさらに低下する可能性が高いです。

 

 

・駆動

基本は台数の少ない4WDの方がリセール値は向上します。

が、こちらもガソリンとハイブリッドの関係性と同じで、4WDを選ぶことによって20万ほど新車価格が高くなります。

ガソリンは4WD設定が今のところ無いので悩む必要も無いかと思いますが、ハイブリッドの場合は出来れば4WDが欲しい、悩むというくらいなら4WDでも。

そうでなければ結局実質損失額では大差ありませんので2WDでも問題ないでしょう。

4WDを選んでもあまり損には繋がらない程度に思って下さい。

 

ただし過走行予定で5年以内に手放す想定をされている方。

 

この場合は2WD推奨です。

 

4WDは輸出が弱く、最悪受け入れて貰えない可能性があるためかなりリスクが高いと思って下さい。

 

 

・カラー

パールか標準的な黒にしておきましょう。

他のカラーを選べば、価値あるうちはまず10~20万くらい売る時安くなります。

10年以上乗るという方は最終的に大差無くなりますので、好きな色を選んで満足度優先でもまったく問題ありません。

 

 

とりあえずカローラツーリングを狙っている方は、このポイントさえ押さえておけば損はし辛くなると思います。

なぜか初動のリセールは残念な感じになっていますが・・・

最終的には3年経過時のリセール平均値が60%超になるであろう車種ですので(たぶんね)、逆に未使用車が安く買えてラッキーくらいに思っておいた方が良いのかなと思います。

その分これからの3年5年という所有期間損失を抑えて乗れる可能性が高いので、カローラツーリングに興味のある方はぜひ参考にして頂き良いお買い物をして下さい。

 

 

 

トヨタ【カローラツーリング】のライバル車

【国産車】

・トヨタ カローラフィールダー

・スバル インプレッサスポーツ

・マツダ MAZDA3ファストバック

・ホンダ シャトル

・ホンダ ジェイド

・スバル レヴォーグ

・トヨタ プリウスα

 

【輸入車】

・フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント

・フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン

・プジョー 308(ワゴン)

・ボルボ V40

・ルノー メガーヌ 

・ベンツ Aクラス 

・ベンツ Bクラス 

・BMW 1シリーズ 

・BMW 2シリーズ

・アウディ A3 

 

SNSで共有して頂けると管理人の励みになります!宜しくお願いします!

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

中古車ならgoo-net(グーネット) 中古車情報 中古車検索

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

《ズバット車買取比較》最大8社無料一括査定

 

 

 

-買取価格ランク【トヨタ】
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【カローラセレス】リセールバリューをランク付け!

正直この車は私査定したことも無いと思います(古すぎて曖昧 兄弟車のスプリンターマリノは何回かあるんですけどね。   出典:goonet 本日はそんなカローラセレスです。   平成1 …

【カローラフィールダー】買取・査定価格をランク付け!【ライバル車と比較しよう】

  出典:goonet TOYOTA(トヨタ)カローラフィールダーの買取価格について、車の専門業者のみが見れる会員制オートオークションデータから調査、分析をしてみました。 カローラフィールダ …

【クラウンステーションワゴン】リセールバリューをランク付け!

型は古いですが一部マニアがいそうな車。   出典:goonet 本日はそんなクラウンステーションワゴンです   平成11年12月生産終了となります。     別 …

【ウィンダム】リセールバリューをランク付け!

平成18年3月で生産終了となっています。   出典:goonet 本日はウィンダムです。   そう・・・恐怖のウィンダムです・・・   うっ・・・昔の嫌な思い出が蘇る。 …

【ランドクルーザー60】リセールバリューをランク付け!

ふっるいねー! たまーに走ってるの見たりはするけど、乗っている人はあの古臭いワイルドな感じが良いんでしょう。   出典:goonet 本日はそんなランクル60です。   ランクル系 …

プロフィール


管理人 にー 

本業は買取業メインの車屋さん。

ブロガー&カーコンサルタントとして、いかに損をせずに車と向き合っていけるかを色々な視点から解説しています。

【カローラツーリング】買取・査定価格をランク付け!【ライバル車と比較しよう】

by にー time to read: <1 min
0