車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

車検残に違和感が・・・レンタアップについて

      2016/12/14

コメントで記事にすべきかなーという質問がありましたので記事にします。

 

本日はレンタアップについて。

 

知っている方もいるとは思いますが、私は車の買取業界に入るまでまったく知りませんでした。

聞いたことはあるって方でも、レンタアップと車の価値との関連性までは知らない人がほとんどだと思います。

 

じゃあそもそもレンタアップとは何なの?

って話ですが、これは分かり易く言えばレンタカー歴がある車のことを言います。

 

そう、あなたの住んでる町にもありそうなニッポンレンタカーとか日産レンタカーとか・・・

色々なレンタカー屋さんがあると思いますし、観光地、特に沖縄なんかに行った人は借りたことある人も多いんじゃないでしょうか?

あの「わ」ナンバーが付いたレンタカーが中古車市場に入ってきて一般の方向けの中古車として売られる。

このような車のことをレンタアップ車両と言います。

 

そしてレンタアップ車両には大きな特徴があります。

それは車検の規定が一般車両と異なり、登録初期の車検が2年になるとういうこと(一般はもちろん3年)

コメントの質問者さんが不思議に感じた部分はこれが理由だったわけですね。

今で言えば平成28年なわけですから、26年式の中古車なのに「車検無し」「車検2年付き」となっていると違和感を感じるのも当然かと思います。

実際は2年間、車検分のお仕事を全うしてレンタカーから解放された車なので、特別怪しい車ではありません。

 

 

 

と、ここまで書いた内容だとレンタアップが良いのか悪いのか良く分からないと思いますので、私が知る限りでのメリットとデメリットが記載しておきます。

 

あえてこのレンタアップ車を狙う人もいる内容です。

 

興味のある方はよく読んで頂きたい!

 

 

【メリット】

・会社の信用背負って走っていたわけですからメンテはバッチリ!

・大きな傷は利用者が加入させられる保険で直しているので、あっても小傷くらいのボディー状態の車が多い

・毎日誰かしらに貸し出して距離が多く走ってそうだけど、実際は少ないことの方が多い

・値段が安い

 

メリットはこのような感じです。

 

想像も出来ると思いますが、商売として借し出しを行っているので走行中に故障などがあったら大変です。

旅行や出張先、特別なイベント事などで借りるのがレンタカーであって、近所のスーパーに買い物に・・・なんて人はまずいませんので、何かあればクレームの内容も相当なものになることが予想出来ます。

 

なので・・・そんな事態にならぬよう整備はバッチリ!

オイル交換に手を抜くなんてこともないでしょうし、小まめに点検を行うのが普通です。

 

そして借りたことがある人は経験があるでしょうが、レンタカー代とは別に保険に入らされると思います。

万が一事故にあった場合は免責いくらで云々かんぬんと・・・

何かあれば皆さんが加入される保険で修理を行うわけです。

これもお金を貰って貸し出す以上、ボコボコの車なんて貸せませんので基本それなりに綺麗な状態を維持しております。

 

距離はあれですね、もうそのお店の回転率次第ですね。

ただ経験上は少ないことの方が多い。

観光地だと移動距離も多そうですし、高速乗るなんてこともあるので多いのかもしれません。

 

 

では次にデメリットいきましょう

 

【デメリット】

・とにかく不特定多数の人間が乗っている

・綺麗でも板金や交換などの手直し率はそこそこ高い

・売る時辛い

 

こんなもんかな?

最初のはまぁそりゃそうですよねって感じです。

 

日本では”ワンオーナー車”となると喜ばれます。

 

以前どんな人が乗ってたのか分からないにも関わらず、それでもワンオーナーというブランドが存在し、車によってはツーオーナーなんて表記までされることもあります。

私なんかはもう中古車慣れし過ぎてしまっているんでどうでもいい部分ですが、それだけ皆さんは多くの人が乗ることを良しと思っていないのでしょう。

 

そしてメリットでも有りデメリットでもある部分。

キズや凹みを綺麗な状態を維持するために直す!

が、その直した痕跡は消せません。

 

表面上綺麗な継ぎ接ぎボディが出来上がるわけです。

 

ただ乗る分に支障で出るわけではありませんけどね。

先々、板金などによって純正塗装では無くなっているので、日焼けによる色ムラ、塗装のぼやけなどが起こりやすくなります。

 

そして最後。

これは買う時安いにも通じる部分ですが、売る時は結構悲惨な思いをします。

ニーズはワンオーナーバンザイ!!なんです。

真逆ですから・・・もうしょうがない!

 

まぁこういったメリットとデメリットを含めて検討余地がある方は狙ってみるといいと思いますよ。

 

 

 

あ、重要なこと忘れてた。

 

しかも色々と。

 

先ほどお伝えしたようにレンタアップ車両というのはそもそもの価値が通常車両より低くなります。

狙って買う方は”安いこと”をメリットに買いましょうね。

 

中古車屋さんの中には、修復歴と違ってこのレンタアップの認知度が低いことから

黙って(内緒で)販売していることもあります。

安く仕入れて通常価格で売れば利益増えますからね。

 

今まで買取業をしている中で、レンタカー歴を知らずに乗られている方はそこそこの数いました。

 

「えぇ|聞いてないよー!!」ってダチョウ倶楽部しながら、買った中古車屋さんに文句言いに行った人もいれば、泣く泣く安い金額で売却した人もいます。

 

 

 

そして勘違いし易い部分でもありますが・・・

 

レンタアップの定義とは

 

レンタカー ⇒ あなた

 

ではありません。

 

レンタカー ⇒ 一般ユーザー ⇒ あなた

 

でもレンタアップです。

 

あくまで”レンタカー歴”が過去に1度でもあれば、それは立派なレンタアップ車両なのです。

生産2年くらいまでの車であれば車検で判別が出来るので分かり易いでしょうが、それ以降の中古車になるとレンタカーだったかどうなのかなんて判別が非常に難しくなると思います。

抹消されて車検が無い期間が存在した車なんて山ほどありますし。

 

なのでそんな時は・・・

可能であれば狙っている中古車のメンテナンスノートを見せて貰いましょう。

 

大体のレンタカー屋は新車で車を用意します。

メンテナンスノートの保証書や記録簿のナンバーが「わ」、もしくはレアですが「れ」なら確定です。

買取店が行っている判別方法ですのでご参考までに。

 

 

あと、不特定多数が乗ることによるエンジンなどの必要以上の劣化を気にされる方もいます。

が、これは個人的には気にする必要無いんじゃないかな?と思います。

 

今は色々厳しくなって取引が無くなってしまいましたが、一時期とあるレンタカー会社の車を大量に買い取っていた時代がありました。

そこの所長さんとも良くしゃべっていましたが

 

普通の神経の持ち主なら、慣れない借り物の車で荒い運転はしません。

 

大体はぶつけないようにと慎重に運転します。

 

なので先ほどは継ぎ接ぎなんて言葉を使いましたが、実際はそのような車の率も一般の車よりちょっと多いかなーくらいですし、よくあるのは1か所2か所板金したとかそんなレベルでした。

 

お買い得な中古車を買って乗り潰す!!って人には・・・

凄く向いているかもしれませんね!

 - 車の購入豆知識, 車を高く売るためのコツ, 車売却前に知っておくべき知識 , ,