リセールランク【ランチア】

【ランチアデルタ】リセールバリューをランク付け!

投稿日:

ランチアでもこの車だけはかなり有名だと思う。

 

出典:goonet

本日はランチアデルタです。

 

なぜか現物を見たことも触ったことも無いんだけど、名前だけは(おっちゃんなら)知っている。

そんな車じゃないかなぁ。

私はラリーカーと言ったらこの車が出てくるので、そんな人も多いと思います(昔プラモデルで作ったからかもw)

 

良い意味でHENTAIが求めるこの車のリセール。

 

非常に楽しみです。

平成7年で生産終了となります。

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

※新車価格やグレード一覧はこちらを参考にして下さい・・・goonet様カタログ

 

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・SSS

 

 

・海外輸出情報

なんでも超高輸出枠確定(輸出かどうかは不明)

 

 

・総評

過去に1度だけ査定した時に、その査定額にウホッ!!ってなったので何となく予想は出来ていました。

が、数年振りに改めて相場を見ると何か違う・・・気がする・・・

 

ん~こんな高かったっけ??

 

まずディーラー車から見ていきますと、平成4年までのエボルツィオーネ(Ⅰ)とインテグラーレ16V。

こちらは大体リセールが35~55%くらいです。

エボルツィオーネ(Ⅰ)の方が明らかにリセールが上、人気があるように見えますので、インテグラーレ16Vだと数値が下になり易いと思って下さい。

ちなみに距離数10万kmくらい、修復歴があってもこのくらいの数値にはなっています。

輸出か国内かは何とも言えませんが、もっと距離数が少なければ・・・

さらに価値が、リセールが上昇する可能性もあると思います(5万km未満とかの超低走行データは無かったので未知数)

 

 

そして平成5~7年に販売されていたエボルツィオーネ(Ⅱ)←このⅡが大事

こちらはでらやべえです。でらべっぴんです。

 

そこそこ綺麗な状態という条件は付くかもしれませんけど、距離数7~10万kmくらい走った複数台の車がリセール90%くらいになっています。

 

2万kmとかの超低走行極乗車を、どHENNTAIマニアが展示用目的で買っているとかならまだ分かる。

でもそれなりに距離数の走っている車が、漏れなく90%前後になっているっていうのはこりゃヤバい。

輸出なのか国内なのかは謎ですけど、とりあえずプレミア化しているのは間違いありません(5年以上前から高かったけどここまで高い印象は無かった)

 

 

そしてそして、謎のグレード「コレッツィオーネ」

goonet様のカタログには載っていないのでよく分かりませんが、たまたま発見した250台限定のこのグレードはもう取引額の桁が変わりそうなくらいに突き抜けています。

まず当時の新車価格は大きく超えているよなぁ・・・

エンジンオイル漏れ、排気も漏れと、年式相応にガタが来ていて整備にお金掛かりそうな雰囲気はプンプンするし、10万km弱という距離数でもここまで伸びているんですから

 

流通は少ないのに超人気

 

という価値の上がる構図にガッツリハマっているんでしょうね。

すげぇ!すげぇって感想しか出てこない!(笑)

 

 

あーちなみに並行モノもかなり高いです。

ディーラーモノよりは価値は下がりますけど(100~200万くらいの減少)、それでも走行不明が300万を切っていないので、これだけでランクSSSに十分該当でしょう。

海外版の限定車だとこれまた価値が上昇するようなので(ジアッラというグレード)、もし現在所有されている方がいましたらぜひ大事に乗ってください。

今後さらに価値が上昇するかもしれませんし、極端な低走行極乗車のみに需要が集中しているわけでもありませんので、普通に楽しみながら大きな資産として運用して貰えればと思います。

 

というわけで、難があっても超高い、難がなければ成層圏まで突入するくらいに高い“古い丸目のランチアデルタ”でございました。

 

 

おまけ

 

数台確認出来る“新しいランチアデルタ”

 

おまえはダメだ(言い過ぎ)

 

ラリーとは無縁の、丸みを帯びたAT仕様で、近所のスーパー用に見えるハッチバック車が新しいランチアデルタです。

こちらは市場データだと平成22年あたり(ただしモデル年式は不明)から存在しているようですが、古い丸目とはまったく価格が異なっています

 

まぁ古い方が凄すぎるせいで激しく見劣りはしますけど、普通に考えたら良い方な気もしますけどね。

推定8~9年経過、年1万kmペースで走っていても、まだ市場価格50万前後くらいはありますので、他の欧州車と比べるとだいぶマシなようにも見えてきますし、過走行や軽い事故現状でも低輸出枠で取引価格が止まっておりますので、データ量が少なく不確定ですが底値もありそうです。

 

惜しい、惜しいね。

 

この型だけ取り上げれば(当時の価格によっては)良いね~ってなってたのに、この10倍くらいの取引価格にもなってしまう古いデルタが強過ぎて存在が埋まってしまっている。

新しい方に興味のある人はほとんどいないと思いますけど、一応足掻いた方が良いタイプの車にはなりますので、廃車にしたりディーラーに投げ捨てたりしないようご注意下さいね!

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

中古車ならgoo-net(グーネット) 中古車情報 中古車検索

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

《ズバット車買取比較》最大8社無料一括査定

 

 

 

-リセールランク【ランチア】
-,

執筆者:


  1. しゅに より:

    二十数年前、お金持っていそうな方々が乗っているのを見かけましたが今でも突き抜けてお高いんでビックリです
    なんかお金持ちが選ばれる車は、大抵どれも結構資産価値として優秀で
    私のような貧乏人が必死にローンを組んで購入する一般大衆車は数年で価値がなくなってしまうものが大半なのですね(汗)

    • にー より:

      そんな新車価格が高い車じゃないのに、20年以上前から目を付けられていた方とかは素晴らしいですね(笑)
      お金持ちはお金持ち同士の横の繋がり、情報共有があるっていうのもあるとは思いますけど、それ以上に自身が得になりそうな情報に対して満遍なく意欲的なんだと思いますよ。
      ブログというか、情報を提供する仕事をしている今だとそう思えます。
      ブログ見ている方の半分以上は年収1000万以上なんじゃないかって錯覚しそうになりますからね・・・
      アニメ見てほっこりしている場合じゃないっす(でも止めらんない

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

【ランチアデルタ】リセールバリューをランク付け!

by にー time to read: <1 min
2