車を高く売るためのコツ 車売却前に知っておくべき知識

車の輸出を狙うなら必ず知っておこう 〇年規制について【にわか知識は大損する】

投稿日:2016年9月23日 更新日:

今までこのブログの、特にリセール記事を重点的にご覧になっている方なら何度か輸出項目で見ていると思います。

 

1年規制、5年規制、7年規制・・・

 

リセール記事をやり始めたころに、この〇年規制については「アリオン」の記事で触れてはいますが、この記事見てない人はよく意味が分からない。

または内容を勘違いしている方もいらっしゃるようなので、改めて詳しく解説しようと思います。

 

 

まずこの〇年規制についてですが、これは輸出される車に対して影響が出る規制になります。

 

日本車は様々な国に輸出され、”壊れにくい車”だったり”価格の割に性能の良い車”として重宝されているわけです。

ただ無制限に日本車を受けて入れてくれるというわけでは無く、経過年数だったり関税だったり車種指定だったりと国ごとに制限を設けています。

これは排ガスの問題だったり、自国車が売れなくなるのを防ぐためだったり色々あるようですが・・・(それぞれの国の事情が絡むので詳しくありません)

これが〇年規制と呼ばれるものになります。

 

要はその国が設けている規制内なら受け入れOKですよ。

 

逆に規制から外れたら受け入れません、または関税クソ高くしますよってことです。

 

この内容を把握することによって、車と乗る人の状況によっては損得がはっきり分かるわけですが、どの車にどんな規制があるとかをここで一覧にしようものなら私の頭はベジータ並みに禿げ上がってしまうので、詳しくは各リセール記事をご覧になって下さい。

 

〇年規制と書いてあれば、調べた時には規制があったということになります(月日を追うごとに規制の内容が変わることももちろんあります)

 

スポンサーリンク

 

ではこの記事ではよくある規制内容について解説します。

主にトヨタ車がメインとなる内容ですが、興味がある方は間違えた認識を持たないように注意して下さいね!

 

【1年規制】

生産から1年以内は関税をクソ高くしている国に輸出該当している特定車種、特定グレードが該当。

特需にもなり得るが該当車種は少なく、また相場は超高水準ではあるけど不安定。

年数が経過した方が価値が上がるという摩訶不思議な現象を引き起こすのはこの規制のせい。

 

条件は厳しいが、だいたい国内相場よりも高くなる。

 

ただし失敗すると(規制が1年経つ前に終わっちゃうと)急な落差を生むため、狙って買うのはギャンブルです。

 

 

【5年規制】

トヨタ車に多く見られる規制。

生産5年以内の車なら受け入れますというパターン。

1年規制と組み合わさっていることも多い。

それなりの高水準で輸出されることが大半だが、条件は割と緩く車種が該当していれば装備はあまり条件に入らないことが多い。

 

2WDor4WDの指定だけは入り易いので注意が必要。

 

規制の内容も安定して長く続くので、5年規制目的で車を買うというのも有り。

ただあくまで5年規制は”それなりの高水準”であるため、基本は国内需要による相場の方が高い。

あくまで過走行、修復歴、色悪など・・・国内需要が厳しい内容の車に対しての救済リミットと思うが吉(一部、この時点で5年規制内の輸出相場の方が国内より高い車もある)

 

一例

3万キロなら180万。 

10万キロでも160万。

規制外になると10万キロは100万に急落(3万キロは国内なので変わらず)

 

ここが最後の砦になる車も多い。

 

 

 

【7年or8年規制】

これもトヨタ車に多い。

国によってはここで規制を設けている国もある。

5年規制と内容は大きく変わらないが、イメージとしてはより発展途上の国(アフリカとか・・・)が多かったはずなので価格は5年規制よりも下がる。

 

とは言っても救済してくれることには変わらないので利用出来るなら利用すべき。

 

人気が無い車だと国内<7or8年規制の輸出価格もあるため、ここを通過したら二束三文になる車もある。

あまり距離を走らないという人も、車によってはチェックしておくべき項目。

 

 

【15年、18年、25年規制】

これはブログ内でまだ記事にしてないかな?

こんな規制もあるにはあります。

このパターンは逆に年数が経過しないと指定国へ運べないというやつですね。

現在この規制に該当して超絶ぶっ飛んでいる車がありますが・・・

それはまぁその車が来た時のお楽しみということで(笑)

 

以上、主にある年数規制についてでした。

 

 

これ意外にもMC、FC以降ならとかハンドル規制とか色々ありますが、そこら辺は車によって全然違うので相場を見比べながらでないと私もよく分かりません。

あ、あと「アリオン」の記事にも書いてあることですが、〇年規制には罠がありますのでほんとおおおおおおおおーーーーーに注意して下さいね。

 

あくまで該当国に入るまでの規制です。

 

あなたが手放せばいいリミットのタイミングではありません。

 

手放した翌日には該当国に運ばれるなんてこと有り得ないですからね。

 

正確には車検証に書いてある初年度登録では無く、車台番号から輸出屋さんは製造タイミングを確認しています。

 

※中には12月に車が納車出来るのに、年度落ちを防ぐため初年度登録を来年1月にしようとわざと登録を遅らす人もいます。トラブルによる登録遅延などもあるため、登録月では無く製造タイミングで判断しているわけです。

 

のんびり船で運ばれていきますので、該当している車種に乗っている方、またはこの規制を狙っている方は余裕を持って動きましょう(手放しましょう)

 

目安は遅くても3ヵ月前です。

 

重要なので忘れないように!

 

 

  

-車を高く売るためのコツ, 車売却前に知っておくべき知識
-,

執筆者:


  1. ぴろ より:

    こんばんは、面白いですね。
    噂の25年規制の該当車?とか楽しみです!

    年式の話が少しありましたが、実際どの程度影響があるのでしょう?
    「正月休みは新車で楽しみたい」と「できるだけ高年式にしたい」の狭間で結構悩むこともあるかと思います。
    加えて、売却時の距離も、例えばぎりぎり1万キロ以下とかのキリの良い距離に抑える必要があるかも気になります。

    実際は大した違いはなくとも、最近は検索に引っかかるかどうかも重要かと思います。
    車種やカテゴリーによって違うとは思いますが、このあたりのお話しもできればお聞きしたいです。

    • にー より:

      トヨタ車すらもうゴールが見えなくなってきているのでいつになるか分かりませんが楽しみにしていて下さい(笑)
      年式を繰り上げる方法は車によって価値が変わるのが一概には言えませんが、普通に売るなら非常に有効な方法です。
      買取店は真っ先に該当車種の年式で検索を掛けます。
      そこから型式だったりグレードだったりで絞り込んでいきますので、単純に1年新しい年式の枠で相場を調べて貰えます。
      その時、登録月はMCなどが無い限りそこまで重要視されません。
      ユーザーにとっては損になることが無い小技ですね(逆に12月登録にしちゃうと勿体ないことになります)

      あと距離に関してですが、これは私が好きなセールストークですね(笑)
      おっしゃる通り、ネットなどで検索を掛ける際に距離指定を入れるとそこから少しでもはみ出た際には検索枠から外れるわけですが、実際のところは特定距離以外は気にしなくて大丈夫です。
      仮に29990キロの車が30010キロになったからと言って相場は変わりません。
      ただ営業マンはこの内容を利用して、「早く手放さないと大台超えちゃいますよ!」と急かします。
      もっともらしい内容で騙される人続出ですが、距離が500km伸びる心配より、その間乗る時期の経過の方が心配事としては遥かに大きいので、結局早く手放せるなら手放した方が良いです(笑)
      詳しく解説するとえらい長い内容になってしまうので省略しますが、10万キロだけは超えずに済むなら調整してでもその手前で売却した方がいいかなってとこですね。

      • ぴろ より:

        早速のご回答ありがとうございます。
        年式はやっぱり影響があるのですね。
        いざそういう場面になると、正月を新車で過ごす気分良さと、どちらをとるか悩みそうです(笑)

        一方で距離の方は、セールストークの範囲なのですね!(笑)
        少々の距離の違いは販売時の営業力でカバーできる範囲ってことでしょうね。

        う~ん、とっても勉強になります、ここのところ疑問だったことが氷解しました。
        ありがとうございましたm(_ _)m

        • にー より:

          悩むお気持ちも分かります。
          新しく買った車なら普通は早く乗りたいものですし(笑)
          なので輸出が強い車はあまり関係無し、国内需要のみで相場が形成されている車は繰り上げれそうなら繰り上げるでいいと思いますよ。

          中古を考えられている方は当てはまる方も多いと思いますが、大体の方は中古車を探す際に年式はしっかり見ますが、登録月まではあまり意識しておりません。
          あくまで「〇年落ち」「〇年経過」という見方で車を探されていますし、そこからグレードなどを絞り込んで高い安いの判断をされます。
          それがそのまま相場に直結しているわけですね。

          距離はぶっちゃけ1000キロ増えたところで、未使用車じゃない限りどうでもいいと思ってます。
          それくらい1000キロ程度は相場から割り出すと誤差というか違いがありません。
          塵も積もって1万キロ差になると「あーちょっと相場変わるね」って感じです。

  2. ケイ より:

    いつも楽しく拝見させて頂いています!
    アルファードやヴェルファイアなどで新車から1年以上5年以内の車でも◯月〜◯月登録の車限定で輸出相場が高くなってるという話を聞くのですが、◯年規制の範囲内でも登録月も影響したりするのですか?特に1〜3月登録など年初めの登録が多いような気がするのですが、年初めの登録の方が有利なんでしょうか?教えて下さい!

    • にー より:

      楽しんで頂けているようであれば何よりです!

      んんん!?
      以前別の方からも同じようなニュアンスのご質問を頂いたことがありますが・・・
      てっきり1月販売の後期アルヴェルは、1~3月登録だと1年規制が入った時にすぐ対応出来るからだと思っておりました。

      私自身は例えば5年規制内の車で、同年1月の車と10月の車に価格差を感じたという経験はありません。
      車屋の中でそのような話題が出たこともないので気にしたことがなかったんですけど、もしかしたら気付いてなかっただけかもしれませんね。
      何か具体的に、この車種の何年式にその特徴が見れるとか情報があれば個人的にも確認してみたいんですけどね。
      誰かそのような情報持っている方がいましたら教えて下さい(笑)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トヨタ【ヤリス】買って後悔しない車なのかをリセール面から考察する

出典:goonet 久々のニューモデル考察ということで、今回はトヨタ「ヤリス」を取り上げていきます。   売る時高く売れそうな車なのか   どんなグレードを選ぶとより損をしなさそう …

【車の売却】査定金額、見積もり金額、買取金額、入金金額 それぞれの違い

今までも何回かありましたが、今回の記事は結構重要です。 しっかり内容を確認し、理解して頂きたい!   では唐突な質問になりますが、この記事を呼んでいる皆さんは買取店で金額を無事聞けました。 …

【2019年最新版】有名セダン車の3年後の価値を比較する【新車価格300~1000万未満】

今回はセダン特集。   中~大型セダンが欲しい方用に、現行販売されているいくつかのセダン車の現状を調査、比較してきます。   今回調査した車種がこちらです。 ・IS(レクサス) ・ …

正規ディーラー以外からの新車購入について

今まで何度かご質問があった内容ですので記事にしようと思います。   本日は正規ディーラー以外からの新車購入について!   よく街中でも中古車屋さんなんかが中古車販売と一緒に「新車販 …

増税予定の影響は?今年の第一弾繁忙期が終わってみての印象

ぶひー全部片付いたわけでも無いけど疲れたー!!   とりあえず自動車税絡みのラッシュはこれで一区切り。 ブログの有料サービスも落ち着いてくるだろうと思われますので、またマイペースにもうちょい …

プロフィール


管理人 にー 

本業は買取業メインの車屋さん。

ブロガー&カーコンサルタントとして、いかに損をせずに車と向き合っていけるかを色々な視点から解説しています。

車の輸出を狙うなら必ず知っておこう 〇年規制について【にわか知識は大損する】

by にー time to read: <1 min
6